menu

在宅医療の米スタートアップDispatchHealthが36億円調達、事業拡大へ

派遣型の医療サービスを提供するスタートアップ「DispatchHealth」が、3300万ドル(約36億円)のシリーズB資金調達を実施した。今回の調達は既存出資元のQuesta CapitalとAlta Partnersらが主導し、新規で参加したEcho Health Venturesが取締役会に加わった。

DispatchHealthは在宅で受けられる医療サービスを提供し、高齢者が救急病院に支払うコストを削減する。同社のサービスはモバイルテクノロジーを活用したものだが、家庭の電話から依頼できる点が特徴といえる。

利用者から依頼があれば、先進的な医療デバイスを搭載した車両で、医師や看護師が自宅に急行する。DispatchHealthの装備は、一般的な救急医療センターの70%程度の機材や医薬品を揃えている。

「かつてER(救急病院)に勤務していた頃、もっと手頃な価格で同等のサービスを提供する方法があるはずだと思った」と同社の創業者のMark Prather医師は述べた。

「DispatchHealthが提供するのは決して新しいサービスではない。電話をかければ一般の病院よりも専門的な装備とともに医師がやってくるというものだ」

Pratherは救急病院で20年間勤務した後、2013年にDispatchHealthを起業した。派遣型の救急医療サービスがあれば、高齢者やその家族らの負担を減らせると考えた。

米国疾病管理予防センター(CDC)のデータでは、65歳以上の米国人の4人に3人が複数の慢性疾患を抱えている。DispatchHealthは米国の医療保険制度のメディケアの受給対象者向けのサービスで、医療機関へのアクセス手段に乏しい高齢者を主なターゲットとしている。

1回の在宅診療にかかる費用は平均200〜300ドル程度で、平均的な救急病院の費用である約1200ドルに比べると大幅に出費を抑えられる。

同社は今回の調達資金で事業規模を拡大する。DispatchHealthのサービスは現在、米国の8州の11都市で利用可能だが、今後の数年で25都市にまで広げる計画だ。同社はさらに、1回の診療だけでなく数日間の医療ケアが自宅で受けられるサービスも検討している。

「高齢者向けの医療サービスはここ数年で、パーソナル化が進み、今後はより多様なサービスが自宅で受けられるようになる」とPratherは指摘する。「社会の高齢化が進む中で、医療機関へのアクセスに苦しむ人々は増えている。効率的な医療ケアが自宅で受けられるサービスを拡大していきたい」と彼は続けた

https://twitter.com/U1awod7q35NHhzc/status/1132868505999532033

家族が在宅医療をしていた際に急な容態の変化で予め渡されておいた緊急連絡先にかけても繋がらず、結局病院まで車で乗せていった、という苦い経験があるので、このようなサービスが日本でも浸透してもらいたいと切に願います。

wdisplayiPadをMacのセカンドディスプレイにできる「Luna Display」の標準配送が無料に

facetoface自分のバイアスを他力本願で突破する「マイ賢者」発想法

関連記事

  1. ひとめでわかる、浜松のベンチャー支援制度がすごい!

    「快適な暮らし」と「健康」、この両方で高い満足度を実現している浜松市。「20政令指定都市『幸福度』…

  2. テルアビブでもっとも注目すべきスタートアップ10選

    Wired英国版がテルアビブ発の注目すべきスタートアップ10社をピックアップ。自宅やオフィスに美容関…

  3. upq_smallstart

    ほぼ1人で家電ブランドを立ち上げた若き経営者・中澤優子に迫る

    2015年の8月、“ほぼ1人家電メーカー”株式会社「UPQ(アップ・キュー)」がたった2カ月でスマ…

  4. 中国で「爆買い」新サービス、ネットライブ中継で買い物

    中国は春節の大型連休に入り、旅行客が日本に押し寄せています。「爆買い」に陰りも見え始める一方で、中国…

  5. iPhone Xを支えるイスラエル技術

    2011年、アップルはイスラエルの半導体スタートアップ、Anobitを買収した。この買収でアップルは…

  6. AI_chat_smallstart

    利用者の半数が受診をやめた AIチャット・ドクターは 医療費抑制…

    日本と同様に高齢化が進む英国では、医療費の抑制が課題だ。そこで現在、ロンドンでは約4万人が、医師に代…

  7. 日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

    ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日本であり、2017年の第…

  8. 中小企業にIoT普及 日商、来月にも専門組織発足へ

    日本商工会議所が、2月にも中小企業へのモノのインターネット(IoT)普及に向けた専門組織を発足させる…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP