menu

心肺蘇生ができる人を派遣するアプリがドイツでテスト中!欧州全体での展開も視野に

近くにいる人が突然倒れ、心停止したとする。場所が病院でなければ、居合わせたほとんどの人が、救急車を呼ぶだろう。

しかし、心停止した人が助かるためには、すぐさま心肺蘇生処置をしなければならない。時間が経過するほど助かる率は下がり、一命は取り留めても脳へのダメージが避けられない。

そこで、ヨーロッパ心臓リズム協会(EHRA)が開発したのが、心肺蘇生処置ができる人を派遣するアプリ「First Responder」。救急車が到着する前に周辺にいる登録ボランティアが蘇生処置を行うというもので、現在ドイツで試験展開されている。

fullsizeoutput_2bf7・SOSアラートが端末に

心停止となると1分でも早く蘇生措置をすることで救命率が上がることから、EHRAが目をつけたのが心肺機能蘇生のトレーニングを受けた専門職・一般の人だ。

トレーニングを受けた人にアプリに登録してもらい、救急車の手配をしたオペレーターがアプリで現場の近くにいるボランティアを探し、現場に駆けつけられるようにするというもの。

SOSのアラートが端末に届いたボランティアは、そのジョブを受けるかどうか判断し、受けると答えれば現在地から現場までの道順が案内される。

fullsizeoutput_2bf9・救急車より早く到着

このアプリ、実際にドイツ・リューベックでテスト展開されていて、約600人がボランティア登録している。

ドイツでは、要請があってから救急車が現場に到着するまでにかかる時間は平均9分。これまで、心停止でボランティアがかけつけたケースの36%は救急車が到着する3分ほど前に現場に着いて処置を行ったという。

現在、ドイツでは救急車オペレーションセンターにこのアプリの活用を勧めているとのこと。また、このアプリ、欧州全体での導入も視野に入っているという。(Techabel)

ポーランド1週間の周遊にかかった費用の総額は、日本円に換算しておよそ11万7800円。

起業活発、日本は最低水準

関連記事

  1. 医療輸送ドローン

    日々新聞などやメディアで放送されるアフリカ医療問題が、ドローンを使った配送ビ…

  2. 中国「新生児ラッシュ」 出生増で儲かるビジネスは…

    育児関連銘柄に中国発の好材料が台頭している。夫婦がもうける子供の数を原則1人…

  3. 「私は1日8時間しか働きません」 スウェーデン女…

    キッズ向け衣料の「イスビョン」の創業者でCEOのマリア・フライクマン・フォー…

  4. uber創業前夜

    ウーバー誕生前夜 

    2017年の年の暮、ソフトバンクグループがシェアリングエコノミー…

  5. 中国発ベンチャーが「技術力」で世界に進出し始めた…

    前回は、中国ベンチャー市場では、「革新的な領域」以外に、先進国では既に成熟期…

  6. シズル感ある音が脳を直撃! 既存のA看板に付ける…

    ミューシグナル(宮城・仙台、本田裕二社長)は、店頭で肉の焼ける音や天ぷらを…

  7. ec

    スモールスタートからMAを成功路線に 地に足のつ…

    自社アパレルブランドのECサイトMIX.Tokyoを運営するTSI …

  8. 技術系ベンチャーは中国が一番

    世界各国のスタートアップ企業が1億円の出資を目指して競うイベント「Start…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP