menu

救急箱セットの販売から始めるスモールビジネス

アメリカの医療向けビジネスアイデアでFirst Aid kit(救急箱)販売のビジネスは在宅、少ない資金、フランチャイズ加盟なし、また市場規模の増大から$100,000/年の売上も期待できる記事が紹介されています。

First-Aid Kits

 

日本は地震や台風など自然災害が多いので、救急セットとは別に災害時の緊急セットも多く販売されているのですが、災害用セットはいざという時には役立ちますが、結局使わずそのままというケースも多く見受けられます。 緊急箱も頻繁に使う訳ではないので、災害時と緊急箱を一つにして最低限のものを詰めて販売するなど多商品と差別化することで需要は見込め、ブログやSNSなどで定期的に発信することで既存のオンラインショップ登録以外に認知度を広げることも。

実際今の世の中SNSをうまく使わないとなかなか集客にすぐ結びつきません。コミュニケーション力が優れている女性向けともいえるでしょう。

また在庫を持つ必要もなく、注文受けてから緊急箱を用意し、中身を整え発送することでリスクを抑えて始めることも。箱は100円 ショップでも様々なケースが売られています。

市場で売られている商品そのままの品揃えに加え、自分ならではの工夫は必要になりますが、もし災害や緊急非難した経験あれば、その体験を逆に利用し役立てる事も。被災地の体験を踏まえこれがあったので助かった等の情報発信すれば、ただ商品を売るに比べて説得力は増すはず。たとえばサランラップは緊急時の水が使えないとき、皿にかけることでそのまま汚れたラップ毎捨てることで清潔な状態を確保できるなどの使い方もあります。

世界最大のローカルビジネス口コミサイト Yelp

ローテクから始めるスモールビジネス

関連記事

  1. 年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡

    写真拡大約1100店のスーパーにある「農家の直売所」をご存じだろ…

  2. ハンドメイド制作から始めるスモールビジネス

    最近ハンドメイド市場が活況を呈しています。本職の職人でなくとも、趣味…

  3. unicorn

    (後)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアッ…

    2010年ごろからIT業界にはリスクマネーが供給されるようになり、自己資金や…

  4. 東南アジアで勢いのある3つのスタートアップ企業

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の10ヵ国の総人口は6億人を超えており、巨大…

  5. ベンチャーキャピタル代表が語る「スタートアップが…

    ベンチャー企業をコンサルタントして資金を集められるように育て上げるという異色…

  6. イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タク…

    F1の技術がふんだんに使われています。たとえば配車サービスUber(…

  7. イスラエルの砂漠から独立を決意 ~長谷川雅彬氏イ…

    最近親族の甥の小学生が通う学校アンケートで将来なりたい職業にサラリーマンが一…

  8. 日本を舞台に選んだイスラエル起業家の決意

    地中海に面する、中東の小国・イスラエル。人口は約860万人、ユダヤ教、キリス…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP