menu

救急箱セットの販売から始めるスモールビジネス

アメリカの医療向けビジネスアイデアでFirst Aid kit(救急箱)販売のビジネスは在宅、少ない資金、フランチャイズ加盟なし、また市場規模の増大から$100,000/年の売上も期待できる記事が紹介されています。

First-Aid Kits

 

日本は地震や台風など自然災害が多いので、救急セットとは別に災害時の緊急セットも多く販売されているのですが、災害用セットはいざという時には役立ちますが、結局使わずそのままというケースも多く見受けられます。 緊急箱も頻繁に使う訳ではないので、災害時と緊急箱を一つにして最低限のものを詰めて販売するなど多商品と差別化することで需要は見込め、ブログやSNSなどで定期的に発信することで既存のオンラインショップ登録以外に認知度を広げることも。

実際今の世の中SNSをうまく使わないとなかなか集客にすぐ結びつきません。コミュニケーション力が優れている女性向けともいえるでしょう。

また在庫を持つ必要もなく、注文受けてから緊急箱を用意し、中身を整え発送することでリスクを抑えて始めることも。箱は100円 ショップでも様々なケースが売られています。

市場で売られている商品そのままの品揃えに加え、自分ならではの工夫は必要になりますが、もし災害や緊急非難した経験あれば、その体験を逆に利用し役立てる事も。被災地の体験を踏まえこれがあったので助かった等の情報発信すれば、ただ商品を売るに比べて説得力は増すはず。たとえばサランラップは緊急時の水が使えないとき、皿にかけることでそのまま汚れたラップ毎捨てることで清潔な状態を確保できるなどの使い方もあります。

世界最大のローカルビジネス口コミサイト Yelp

ローテクから始めるスモールビジネス

関連記事

  1. Small-Company

    「小さな大企業」に選ばれた日本の3社 無名ゆえの戦略とは

    プロダクトだけが優れていても世界へは羽ばたけない。鍵となるのは「関係性の転換」だ。今回のスモール・…

  2. ukiyoe1m3

    -日本人女性起業家- 「平成の浮世絵」を世界へ

    三井悠加が浮世絵と出合ったのは9年前。アーティストのコンサートグッズの企画をしていた三井は、ある版元…

  3. 世界のギグ・エコノミー

    アメリカでは公式に4人に1人がギグ・エコノミーの独立したフリーランサーとして働いていますが、最近の統…

  4. 目指すはホームクリーニング界のウーバー、「ニーツォ」の仕組みと課…

    ローテクから始めるスモールビジネスでも清掃ビジネスを紹介しましたが、清掃を専門にしていない人でも、登…

  5. イギリスが注目する日本とドイツの介護保険制度 「個人と国の責任を…

    世界一の高齢化社会といわれる日本の一挙手一投足は、あとに続く先進諸国の注目を集めやすい。先日はニュー…

  6. Airbnb新シェアリングエコノミー

    シェアリングエコノミー自体旬が過ぎた、という説もありますが、日本ではまだまだ活用できるシーンが多いよ…

  7. スマホを探す最も簡単な方法

    誰でも一度はあれ、スマホどこだっけ。。という失敗が一度はあるかもしれません。大抵近くにあったりするも…

  8. startup

    2018年を彩るスタートアップ50社

    2018年がスタートした。今年、テック業界に波乱を起こすスタートアップを予想してみよう。では…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. apple
  2. rebuild
  3. investmenttrust
  4. facetoface
  5. DispatchHealth

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP