menu

米国で急成長を遂げる介護ビジネス

スコベルは現在、他の人々がより落ち着いた形で家族の死や施設への入居に対処できるよう手助けする仕事に、誇りを持って取り組んでいる。ケアリング・トランジションズの目標は「エキスパートになることで差別化を図ることだ」とスコベルは語る。「私たちは、家族の負担を取り除きたいと思っている」

米国では、ジュリストロスナーやスコベルのような経験をする人がこれまでになく増えている。毎年約4000万人の成人が、愛する家族をできるだけ長く自宅に住まわせるため、食事、入浴、買い物など身の回りの世話や医療面での介護をしている。米国で家族の介護に携わる4人に1人はミレニアル世代だ。

介護の代償は家庭内に留まらない。ギャラップの調査によると、フルタイム勤務者が介護のため欠勤することによる生産性損失は、年間250億ドル(約2兆8000億円)を超える。介護の負担は依然として女性の方が大きいものの、男女間の差は狭まってきており、米国の労働者で介護に携わっている人の割合は女性で20%、男性で16%だという。

ジュリストロスナーは、多くの企業が福利厚生にウェルシーを利用するようになってきている背景にはこうした厳しい現実があると語る。

「これは大きなウィンウィンの関係」とジュリストロスナーは言う。「企業は価値の高い従業員を支援し、従業員の定着率や生産性を改善できる。一方で従業員は、自分の生活の中でも非常に私的で重要であるこの分野について、支援や安心感、そして専門家の意見を得ることができるのです」

州レベルの対応も進んでいる。連邦政府による「家族医療休暇法」では介護者に12週間の無給休暇を与えるよう定められているが、ニューヨーク、カリフォルニア、ニュージャージー、ロードアイランドの各州では有給の家族休暇や医療休暇を認めている。また、さらに少なくとも30の州が介護に関する法律を導入している。

「介護と介護が従業員に与える影響に関しては、議論は始まったばかりです」とジュリストロスナーは言う。「これが今後5年、10年と続く膨大なトレンドとなることを私は期待しています」

スコベルは現在、他の人々がより落ち着いた形で家族の死や施設への入居に対処できるよう手助けする仕事に、誇りを持って取り組んでいる。ケアリング・トランジションズの目標は「エキスパートになることで差別化を図ることだ」とスコベルは語る。「私たちは、家族の負担を取り除きたいと思っている」

米国では、ジュリストロスナーやスコベルのような経験をする人がこれまでになく増えている。毎年約4000万人の成人が、愛する家族をできるだけ長く自宅に住まわせるため、食事、入浴、買い物など身の回りの世話や医療面での介護をしている。米国で家族の介護に携わる4人に1人はミレニアル世代だ。

介護の代償は家庭内に留まらない。ギャラップの調査によると、フルタイム勤務者が介護のため欠勤することによる生産性損失は、年間250億ドル(約2兆8000億円)を超える。介護の負担は依然として女性の方が大きいものの、男女間の差は狭まってきており、米国の労働者で介護に携わっている人の割合は女性で20%、男性で16%だという。

ジュリストロスナーは、多くの企業が福利厚生にウェルシーを利用するようになってきている背景にはこうした厳しい現実があると語る。

「これは大きなウィンウィンの関係」とジュリストロスナーは言う。「企業は価値の高い従業員を支援し、従業員の定着率や生産性を改善できる。一方で従業員は、自分の生活の中でも非常に私的で重要であるこの分野について、支援や安心感、そして専門家の意見を得ることができるのです」

州レベルの対応も進んでいる。連邦政府による「家族医療休暇法」では介護者に12週間の無給休暇を与えるよう定められているが、ニューヨーク、カリフォルニア、ニュージャージー、ロードアイランドの各州では有給の家族休暇や医療休暇を認めている。また、さらに少なくとも30の州が介護に関する法律を導入している。

「介護と介護が従業員に与える影響に関しては、議論は始まったばかりです」とジュリストロスナーは言う。「これが今後5年、10年と続く膨大なトレンドとなることを私は期待しています」

世界で最も高齢化が進む日本でも介護では米国以上に深刻な問題がすでにおきています。基本的に病院勤務のソーシャルワーカーと話し合って介護サービスを受けるのことが多いのですが、ソーシャルワーカーも対応しきれていないのが現状です。しかもアル・スコベル氏の言う通り一人一人の家庭にストーリーがあり、状況が異なるため、日本でこそこのようなサービスが世界に先駆けて生まれても良いかと思います。

blockchain医療に変革もたらすブロックチェーン 5つの理由

BuyLocal日本の地方活性化にも役立つ?米国でBuy Local運動を成功させた事例が人気TV番組に

関連記事

  1. ai-speaker

    AIスピーカー なぜ注目?

    AIスピーカーが日本でも相次いで発売されているみたい。どんなことができるの? 注目されているわけは?…

  2. 異彩を放つ世界のアントレプレナー8人

    ミハエル・ワイズ / IBL Software Engineering / スロバキアIBL…

  3. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2億人で、インターネットユ…

  4. 世界「急成長企業」ランキング、上位5社を中国企業が独占

    中国企業はここ数年、米国企業を上回る成長スピードを達成しようとしてきたが、なかなか難しかったのも現実…

  5. global

    中国進出企業は知らないとマズい独特な「経営パートナー制度」

    中国で頻繁に耳にする中国版経営パートナー制度しばらく前、中国に進出した日系企業に就職し、その…

  6. 米国20代女性起業家たち

    フォーブスが今年はじめに発表した2017年版「30アンダー30」の小売・Eコマース部門には、自身の問…

  7. 医療輸送ドローン

    日々新聞などやメディアで放送されるアフリカ医療問題が、ドローンを使った配送ビジネスで劇的に変わるかも…

  8. kimono

    「はれのひ」事件は起こるべくして起きた、着物ビジネスの闇

    成人式当日に音信不通「はれのひ」は計画倒産か昔と違って成人式や結婚式などでしか着なくなった着…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP