menu

米国で過去10年に最も雇用が増えた職種

2007年12月から2009年6月にかけて起きた世界金融危機から10年近くがたった今も、米国の労働市場にはその影響が残っているようだ。雇用の回復には、州によって大きなばらつきがあったためだ。

求人サイト、キャリアビルダーの調査結果によると米国では2017年、雇用が2007年と比べ、約670万件増えていた。だが、アラバマ、ウェストバージニア、ミシシッピ、ニューメキシコ、コネチカット、ワイオミング、イリノイの7州では減少していた。

調査ではさらに、景気が回復し始めて以降、最も雇用が増えた職種も明らかになった。在宅医療・介護者は10年間で46%増加(約30万人増)した。また、ウェブ開発者は需要が大幅に高まったことを受け、同じ期間に38%増を記録。次いで大幅に増加したのは動物医療関連の技術者で、32%増となっていた。

以下、2007年からの10年間に雇用が大幅に増加した職種を紹介する(左から、職種、増加数、増加率)

・在宅医療・介護者/29万6952人/46%
・ウェブ開発者/47万073人/38%
・動物医療関連の技術者/2万5033人/32%
・遺伝カウンセラー/709人/31%
・医療技術者/3万583人/30%
・補聴器技能者/1582人/28%
・オペレーション・リサーチアナリスト/2万4742人/27%
・メンタルヘルス・カウンセラー/3万4996人/27%
・アスレティックトレーナー/5438人/26%
・医療ソーシャルワーカー/5980人/26%(Fobes)

 

ほぼ医療系の仕事が増えているのが分かります。この点世界でも高齢化が進んでいる日本の統計も気になりますが、アメリカ人のようにカウンセラーをあまり利用しない日本人はまた異なった統計情報になるかもしれません。

Bankruptcyベンチャー失敗物語

驚きの「中国ユニコーン企業」は164社、62社が“新顔”

関連記事

  1. 日本が全体の21.9%占める、ベトナム最大のエビ輸出国となる

    ベトナムの水産輸出加工協会(VASEP)によると、同国の最大のエビ輸出国は日本であり、2017年の第…

  2. トルコ空港

    トルコ・イスタンブールに新国際空港、世界最大規模

    10月30日 AFP】トルコの最大都市イスタンブールで29日、新しい国際…

  3. 新興企業アクセラレーター集う深圳-製造業

    ピンポン練習用のロボット開発で支援を求めたアレックス・チャンさんが向かったのは米西海岸のシリコンバレ…

  4. 日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス

    日立システムズは、IoT機器を対象としたサイバー攻撃を組込ソフトで検知し、管理者へ通知するサービスを…

  5. AIで人事も自動に、オンデマンド配置が新潮流

    米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズなどいわゆる「ギグエコノミー」のパイオニアは、アプリやアル…

  6. smartphoneparts

    電子部品受注 また最高

    電子部品大手6社の2017年10~12月期の受注額は前年同期比15%増の約1兆5800億円となり、全…

  7. イスラエルがブロックチェーン領域で先端を行く3つの理由と、201…

    グローバルで存在感を放つイスラエルイスラエルスタートアップエコシステムの日本での認知度は年々高ま…

  8. サッカーW杯 ポーランド戦に見る日本組織の危うさ

    本日サッカーW杯日本代表が決勝Tに進出しました。喜ぶべきことですが、海外メディア…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP