menu

米国で過去10年に最も雇用が増えた職種

2007年12月から2009年6月にかけて起きた世界金融危機から10年近くがたった今も、米国の労働市場にはその影響が残っているようだ。雇用の回復には、州によって大きなばらつきがあったためだ。

求人サイト、キャリアビルダーの調査結果によると米国では2017年、雇用が2007年と比べ、約670万件増えていた。だが、アラバマ、ウェストバージニア、ミシシッピ、ニューメキシコ、コネチカット、ワイオミング、イリノイの7州では減少していた。

調査ではさらに、景気が回復し始めて以降、最も雇用が増えた職種も明らかになった。在宅医療・介護者は10年間で46%増加(約30万人増)した。また、ウェブ開発者は需要が大幅に高まったことを受け、同じ期間に38%増を記録。次いで大幅に増加したのは動物医療関連の技術者で、32%増となっていた。

以下、2007年からの10年間に雇用が大幅に増加した職種を紹介する(左から、職種、増加数、増加率)

・在宅医療・介護者/29万6952人/46%
・ウェブ開発者/47万073人/38%
・動物医療関連の技術者/2万5033人/32%
・遺伝カウンセラー/709人/31%
・医療技術者/3万583人/30%
・補聴器技能者/1582人/28%
・オペレーション・リサーチアナリスト/2万4742人/27%
・メンタルヘルス・カウンセラー/3万4996人/27%
・アスレティックトレーナー/5438人/26%
・医療ソーシャルワーカー/5980人/26%(Fobes)

 

ほぼ医療系の仕事が増えているのが分かります。この点世界でも高齢化が進んでいる日本の統計も気になりますが、アメリカ人のようにカウンセラーをあまり利用しない日本人はまた異なった統計情報になるかもしれません。

Bankruptcyベンチャー失敗物語

驚きの「中国ユニコーン企業」は164社、62社が“新顔”

関連記事

  1. スタートアップに適した国 エストニア

    「IT先進国」「ブロックチェーン大国」エストニアの噂は、シリコンバレーから日…

  2. 中国の起業年齢は平均24.67歳。「所得を増やす…

    中国人青年の初起業年齢は平均24.67歳人的資源・社会保障部(省)労…

  3. ベトナム産蜂蜜の輸出、量多くも価格は世界最低

    ベトナム養蜂協会や養蜂研究所などは17日、蜂蜜の品質向上と輸出促進をテーマと…

  4. エストニア、電子居住者向けの「国境なきデジタルバ…

    電子居住プログラムを進めるエストニアが、「国境なきデジタルバンキング」を導入…

  5. フリーランス美容師が利用する個室シェアサロン「G…

    株式会社GO TODAY SHAiRE SALON(東京都渋谷区、代表取締役…

  6. fail

    情報商材セミナーで「低コスト起業」も借金1000…

    ひとくちに「起業」といっても、その実態は様々。人生をかけた大博打となるケ…

  7. 九州電力と『AIによるコールセンターの自動化・お…

    ィープラーニングを活用し音声から価値を提供する、国立研究開発法人産業技術総合…

  8. AI大国中国

    「AI大国」を目指す中国 2030年に関連産業を…

    この先、急成長が期待されている産業として、AI(人工知能)が挙げられよう。モ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP