menu

米国で過去10年に最も雇用が増えた職種

2007年12月から2009年6月にかけて起きた世界金融危機から10年近くがたった今も、米国の労働市場にはその影響が残っているようだ。雇用の回復には、州によって大きなばらつきがあったためだ。

求人サイト、キャリアビルダーの調査結果によると米国では2017年、雇用が2007年と比べ、約670万件増えていた。だが、アラバマ、ウェストバージニア、ミシシッピ、ニューメキシコ、コネチカット、ワイオミング、イリノイの7州では減少していた。

調査ではさらに、景気が回復し始めて以降、最も雇用が増えた職種も明らかになった。在宅医療・介護者は10年間で46%増加(約30万人増)した。また、ウェブ開発者は需要が大幅に高まったことを受け、同じ期間に38%増を記録。次いで大幅に増加したのは動物医療関連の技術者で、32%増となっていた。

以下、2007年からの10年間に雇用が大幅に増加した職種を紹介する(左から、職種、増加数、増加率)

・在宅医療・介護者/29万6952人/46%
・ウェブ開発者/47万073人/38%
・動物医療関連の技術者/2万5033人/32%
・遺伝カウンセラー/709人/31%
・医療技術者/3万583人/30%
・補聴器技能者/1582人/28%
・オペレーション・リサーチアナリスト/2万4742人/27%
・メンタルヘルス・カウンセラー/3万4996人/27%
・アスレティックトレーナー/5438人/26%
・医療ソーシャルワーカー/5980人/26%(Fobes)

 

ほぼ医療系の仕事が増えているのが分かります。この点世界でも高齢化が進んでいる日本の統計も気になりますが、アメリカ人のようにカウンセラーをあまり利用しない日本人はまた異なった統計情報になるかもしれません。

Bankruptcyベンチャー失敗物語

驚きの「中国ユニコーン企業」は164社、62社が“新顔”

関連記事

  1. 経済の体温”世界の物価上がらぬ「謎」 背景に新型経済の台頭

    “経済の体温”と呼ばれる物価が世界的に上がらない。国際決済銀行(BIS)の調べでは、6月時点で物価上…

  2. 今知っておくべきイスラエルのスタートアップ11社

    AppsFlyerAppsFlyerは、同社のSaaS(サービスとしてのソフトウェア)技術につい…

  3. フランスの給与サービスPayFitが1590万ドルを調達

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(1400万ユーロ)を調達…

  4. streetperformance

    クレジットカードで投げ銭ができる「世界初のストリートパフォーマー…

    Suica・ICOCAなどの交通系電子マネーやETC・Apple Payなど、現金を持ち歩かなくても…

  5. small start-in-n-out

    米国の新たな富豪、36歳の「ハンバーガー姫」は資産3300億円

    フォーブスが10月に発表した、米国人長者リスト「フォーブス400」の2018年版には、今年初めてラン…

  6. nature energy

    「おだやかな革命」に見る、「幸せな経済」のつくり方~

    景気拡大が続いているにもかかわらず、賃金が上がらない。相変わらずなくならないブラック労働、その末の過…

  7. kimono

    「はれのひ」事件は起こるべくして起きた、着物ビジネスの闇

    成人式当日に音信不通「はれのひ」は計画倒産か昔と違って成人式や結婚式などでしか着なくなった着…

  8. blockchain

    ブロックチェーン技術の仕組みが大きな影響を与える15の業界

    日本でも注目を集めている「仮想通貨」は、代表的なものに「ビットコイン」がある。これらは「ブロックチェ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP