menu

米国で過去10年に最も雇用が増えた職種

2007年12月から2009年6月にかけて起きた世界金融危機から10年近くがたった今も、米国の労働市場にはその影響が残っているようだ。雇用の回復には、州によって大きなばらつきがあったためだ。

求人サイト、キャリアビルダーの調査結果によると米国では2017年、雇用が2007年と比べ、約670万件増えていた。だが、アラバマ、ウェストバージニア、ミシシッピ、ニューメキシコ、コネチカット、ワイオミング、イリノイの7州では減少していた。

調査ではさらに、景気が回復し始めて以降、最も雇用が増えた職種も明らかになった。在宅医療・介護者は10年間で46%増加(約30万人増)した。また、ウェブ開発者は需要が大幅に高まったことを受け、同じ期間に38%増を記録。次いで大幅に増加したのは動物医療関連の技術者で、32%増となっていた。

以下、2007年からの10年間に雇用が大幅に増加した職種を紹介する(左から、職種、増加数、増加率)

・在宅医療・介護者/29万6952人/46%
・ウェブ開発者/47万073人/38%
・動物医療関連の技術者/2万5033人/32%
・遺伝カウンセラー/709人/31%
・医療技術者/3万583人/30%
・補聴器技能者/1582人/28%
・オペレーション・リサーチアナリスト/2万4742人/27%
・メンタルヘルス・カウンセラー/3万4996人/27%
・アスレティックトレーナー/5438人/26%
・医療ソーシャルワーカー/5980人/26%(Fobes)

 

ほぼ医療系の仕事が増えているのが分かります。この点世界でも高齢化が進んでいる日本の統計も気になりますが、アメリカ人のようにカウンセラーをあまり利用しない日本人はまた異なった統計情報になるかもしれません。

Bankruptcyベンチャー失敗物語

驚きの「中国ユニコーン企業」は164社、62社が“新顔”

関連記事

  1. IoT・AI活用

    中小企業のためのAI活用チャレンジ

    ニュースでは拡大するAIやIoTサービスといったキーワードを見ない日がないほどで…

  2. ポーランド1週間の周遊にかかった費用の総額は、日本円に換算してお…

    旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。ポーランド…

  3. 2016年のアプリ市場

    2016年版の要点2016年、iOS App StoreとGoogle Play合計の年間ダウン…

  4. IoTと3Dプリンタの行方

    IoTという言葉が浸透して久しく、CESなどの家電ショーでも各家電メーカーだけではなく自動車メーカー…

  5. 日本の介護 ベトナムに

    日本の介護技術を学んで母国の医療現場で役立てようと、ベトナムの看護師たちが高松市の特別養護老人ホーム…

  6. 福岡市が「成長可能性都市」で1位に

    野村総合研究所は7月5日、国内100都市を対象とした「成長可能性都市ランキング」を発表した。同調査で…

  7. 農山村の暮らし学ぶ「塾」開講へ 24日と4月7日、真庭で説明会

    真庭市などは6月、同市中和地域で農山村の暮らしや里山資源を活用した起業などを学ぶ「真庭なりわい塾」を…

  8. 日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス

    日立システムズは、IoT機器を対象としたサイバー攻撃を組込ソフトで検知し、管理者へ通知するサービスを…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP