menu

「世界10大ユニコーン」に中国企業が4社、ランク入り

企業価値が10億ドルを超える非上場のベンチャー企業「ユニコーン」の数において、中国は米国に迫っている。CB Insightsが先日発表したレポートでは、米中の2国が世界の10大ユニコーンランキングを独占している。

下記にその10社の企業名、国籍、企業価値を掲載する。

1位: ウーバー/米国/680億ドル(約7.7兆円)
2位: 滴滴出行/中国/500億ドル
3位: シャオミ/中国/460億ドル
4位: エアビーアンドビー/米国/293億ドル
5位: スペースX/米国/212億ドル
6位: パランティアテクノロジー/米国/200億ドル
7位: WeWork/米国/200億ドル
8位: Lu.Com/中国/185億ドル
9位: 美団大衆点評/中国/180億ドル
10位: ピンタレスト/米国/123億ドル

※8位のLu.Comは平安グループのP2P金融企業(漢字表記は「陸金所」)

中国のユニコーンの大半はインターネット関連かスマートフォン事業を運営する企業で、中国最大のO2Oプラットフォームの美団大衆点評やスマホメーカーのシャオミ(小米)が代表例だ。

中国のユニコーン企業には、大手ベンチャーキャピタルの資金が流れ込んでいる。例えば美団にはDST GlobalやTrustbridge Partners(摯信資本)、Capital Todayらが出資。シャオミはQiming Venture Partners(啓明創投)、クアルコム・ベンチャーズ、Digital Sky Technologiesらの出資を受けている。

中国スタートアップの躍進ぶりは、今年のMITテクノロジーレビューのランキングにも現れており、テンセントが8位、アリババが41位となっている。

中国のテクノロジー分野は国際的な競争力を急激に高めている。世界経済フォーラムが今年発表した国際競争力ランキングでは、中国は27位だった。(Fobes Japan)

家事と育児を両立しながら自分の“やりたい”が実現できたママたちの秘密

中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

関連記事

  1. IoT・AI活用

    中小企業のためのAI活用チャレンジ

    ニュースでは拡大するAIやIoTサービスといったキーワードを見ない日がないほどで…

  2. 人材マッチングYello創業者が語る「シカゴで起業するのが最高な…

    人材マッチング企業、Yelloの創業者のジェイソン・ヴァインガルテン(Jason Weingarte…

  3. AI・ロボット活用し先端医療機器大国となりつつあるイスラエル

    日本から遠く離れたイスラエルは、人口860万人、国土は日本の四国ほどしかない小さな国だが…

  4. 日欧EPA ワイン、チーズ…値下げの恩恵 生産減で日本の農林水産…

    EUとのEPAが発効すれば、世界の国内総生産(GDP)の約28%、世界の貿易額の約37%を占める世界…

  5. 資金繰りが劇的に変わる!? 中小企業の新しい資金調達法とは

    フィンテックという金融業界の大きな潮流が、さまざまな変化を引き起こしています。今回は、スモールビジネ…

  6. global

    中国進出企業は知らないとマズい独特な「経営パートナー制度」

    中国で頻繁に耳にする中国版経営パートナー制度しばらく前、中国に進出した日系企業に就職し、その…

  7. 傾向に合わせた販売方法

    昨今失明の原因1位とされる緑内障にかかる人が増えているようです。緑内障は、眼球の奥にある視神経に…

  8. alibaba

    中国アリババ、日本企業に「いらっしゃい」 中小にも

    中国のネット通販最大手「阿里巴巴(アリババ)グループ」が、日本企業のてがける食品や化粧品などを中国市…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. BuyLocal
  2. nursing_smallstart
  3. blockchain
  4. venture_smallstart
  5. AWS Managed Blockchain_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP