menu

「世界10大ユニコーン」に中国企業が4社、ランク入り

企業価値が10億ドルを超える非上場のベンチャー企業「ユニコーン」の数において、中国は米国に迫っている。CB Insightsが先日発表したレポートでは、米中の2国が世界の10大ユニコーンランキングを独占している。

下記にその10社の企業名、国籍、企業価値を掲載する。

1位: ウーバー/米国/680億ドル(約7.7兆円)
2位: 滴滴出行/中国/500億ドル
3位: シャオミ/中国/460億ドル
4位: エアビーアンドビー/米国/293億ドル
5位: スペースX/米国/212億ドル
6位: パランティアテクノロジー/米国/200億ドル
7位: WeWork/米国/200億ドル
8位: Lu.Com/中国/185億ドル
9位: 美団大衆点評/中国/180億ドル
10位: ピンタレスト/米国/123億ドル

※8位のLu.Comは平安グループのP2P金融企業(漢字表記は「陸金所」)

中国のユニコーンの大半はインターネット関連かスマートフォン事業を運営する企業で、中国最大のO2Oプラットフォームの美団大衆点評やスマホメーカーのシャオミ(小米)が代表例だ。

中国のユニコーン企業には、大手ベンチャーキャピタルの資金が流れ込んでいる。例えば美団にはDST GlobalやTrustbridge Partners(摯信資本)、Capital Todayらが出資。シャオミはQiming Venture Partners(啓明創投)、クアルコム・ベンチャーズ、Digital Sky Technologiesらの出資を受けている。

中国スタートアップの躍進ぶりは、今年のMITテクノロジーレビューのランキングにも現れており、テンセントが8位、アリババが41位となっている。

中国のテクノロジー分野は国際的な競争力を急激に高めている。世界経済フォーラムが今年発表した国際競争力ランキングでは、中国は27位だった。(Fobes Japan)

家事と育児を両立しながら自分の“やりたい”が実現できたママたちの秘密

中国の「シェアエコ」は日本より先進的か

関連記事

  1. 露店に拡大、無人コンビニも 中国で急伸、スマホ決済

    中国でスマートフォン(スマホ)決済が爆発的に伸びている。コンビニや飲食店で代金を支払う際、スマホを取…

  2. アリババの使命 -スモールビジネスを助けていくこと-

    中国のアリババ創業者のジャック・マーは先日、約30名の部下たちを引き連れてイスラエルを初訪問した。彼…

  3. 人材マッチングYello創業者が語る「シカゴで起業するのが最高な…

    人材マッチング企業、Yelloの創業者のジェイソン・ヴァインガルテン(Jason Weingarte…

  4. 女性たちが「1人出版社」を起業した理由

    出版業界の縮小に悲鳴を上げる業界関係者が多い中、一部で話題なのが「独立系版元」。10万部、100万部…

  5. パッケージ印刷企業のベトナム進出を支援

    日本政府が出資する政策金融機関であるJBIC(株式会社国際協力銀行)は、ベトナムに進出しパッケージ関…

  6. GO-JEK

    オートバイ版配車アプリの「Go-Jek」、東南アジア各国への国際…

    設立以来、ローカル市場にフォーカスしてきたインドネシアの配車サービス大手 Go-Jek。同社はかなり…

  7. IoT実現の鍵を握るインド活用

    IoTというと、ドイツやアメリカなど先進国の動向が取り上げられることが多い。しかし、近年のIoTブー…

  8. AIと英会話ができるアプリ

    人工知能と英語の勉強

    そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP