menu

【米国ベンチャーM&A】シリコンバレーのラーメン事情と最近の外食関連M&Aまとめ

先日バークレーの街をクルマで走っていたら、黒地に白抜きでIppudoと書かれた看板をみかけました。あの一風堂がここに!?と思い、よく見たら出店準備中でした。

天気のよい日曜日の午後でしたが、おそらく近日中の開店を知らせる張り紙や、まだ工事中の店舗内をのぞき込む人たちがいて、今にも行列ができそうな雰囲気がありました。大人気のニューヨーク店の噂が伝わってきているので、グルメで知られるバークレーの人たちも心待ちにしているようです。

シリコンバレーのラーメン事情 1杯1,400円くらい

ここ数年シリコンバレーで一番ホットだったのは「ラーメン」といわれるくらいお店が増えました。一時期は製麺機の輸入が急増したと商社の人に聞いたことがあります。

アメリカにいながら本格的なラーメンが食べられるだけで有難いことなのでしょうが、日本と比べると値段が高いです。

例えば、Orenchi Ramen 10.30ドル~、Ramen Shalala 10ドル~、MyZen Ramen 9.95ドル~、Santa Ramen 9.25ドル~といった具合です。1ドル110円として、1,100円前後ですが、これに9%の売上税とチップが上乗せされますので、1杯1,400円くらいになってしまいます。

一風堂NY店は価格設定が日本の2倍

一風堂のニューヨーク店では白丸元味/赤丸新味が15ドル(1,650円;トッピングなし、売上税・チップ別)で、煮卵のトッピングが2ドルだそうです(日本では白丸元味790円、赤丸新味850円、玉子のトッピングは100円)。

お店の位置づけや内装、全体のメニュー、サービスなどが違うので一概には言えませんが、1杯のラーメンを比較すると2倍の値段です。デフレ傾向が続く日本の外食業界に対して、アメリカでは高級イメージがある日本食、マンハッタンという立地とお洒落な内装、材料調達コストや人件費の高さ、などが価格設定の差に反映されていると考えられます。

写真は一風堂NY店
Photo by kennejima

インド系ファーストフードのCurry Up Nowが同業のTava Indian Kitchenを買収

先月は、外食関連のM&Aとして、インド料理店チェーンのCurry Up Nowが同業のTava Indian Kitchenの買収を発表しました。Curry Up Nowは、インドのストリートフードをテーマにしたファーストフード店です。サンフランシスコベイエリアで5店舗を展開していて、フードトラックによる巡回営業もしています。

今年に入って地中海料理店チェーンのCava Grillが30百万ドルを調達するなど、エスニック系やグルメバーガーといった既存のレストランとファーストフードの隙間をねらった外食ビジネスの動きが活発です。

レストラン宅配サービスのDelivery Heroが中東市場進出
ドイツの株式市場に上場か

外食関連のユニコーン企業の動きとしては、レストラン宅配サービス(出前注文アプリ)のDelivery Heroが中東市場の同業者であるCarriageの買収を発表しました。

Delivery Heroは、2010年にドイツのベルリンで設立され(最近の4億ドルを含めて)累計18億ドルの資金を調達しています。GrubHubやDoorDashなど競合がひしめく北米市場は避け、欧州を中心にアジアや中南米でグローバル展開を進めています。

昨年はライバル企業のFoodpandaを5億ドルで買収したDelivery Heroですが、今週は株式公開(フランクフルト証券取引所)の計画が報道されています。実現すれば、欧州のインターネット企業としては最大規模のIPOとなるそうです。

ちなみにシカゴに本社があるGrubHubは2014年に株式公開していて、時価総額は当初の22億ドルから39億ドルに成長しています。2016年の売上高は5億ドル、当期利益は5千万ドルでした。レストラン宅配サービスにはUberやAmazonも参入しています。

こちらのラーメン屋さんで驚いたのは、テイクアウトや残り物を持ち帰る人がいること。麺とスープを耐熱プラスチックの容器に入れて運びます。昔シンガポールの屋台でジュースやスープなどをビニール袋で持ち帰るのをみて驚いたことを思い出しました。GrubHubやDelivery Heroでラーメンの出前を頼む人も案外いるのかもしれません。

 

食関連のM&A案件(2017年YTD)

・AnovaをElectroluxが買収(真空調理器具;$115M) →関連記事はこちら
・NowaitをYelpが買収(レストラン予約アプリ;$40M)
・Spoon UniversityをScripps Networksが買収(料理レシピ共有サイト)

食関連のベンチャー資金調達(2017年YTD)

☆レストラン宅配のDelivery Heroが$421M
・クラフトビールのBrewDogが$124M
・代替食品のSoylentが$50M(完全栄養ドリンクなど)
・レストラン注文アプリのEatStreetが$40M(宅配とテイクアウト)
・ケータリング予約アプリのEzCaterが$35M
・外食チェーンのFour Foods Groupが$32M
☆地中海料理店チェーンのCava Grillが$30M
・ピザ注文アプリのSliceが$15M(地元ピザ店)
・昼食宅配サービスのMealPalが$15M
・オーガニック食材宅配サービスのSun Basketが$15M
・レストラン予約アプリのResyが$13M
・食材宅配マーケットプレースのChef’dが$10M
・天然果実炭酸飲料のSpindriftが$10M
・子供向け健康冷凍食品のKidfreshが$10M
・レストラン注文アプリのWaitrが$10M(宅配とテイクアウト)
・食品通販サイトのGoldbelyが$10M(小規模な有名店に特化;Intelも出資)
・レストラン予約アプリのReserveが$10M
・オーガニック食材宅配のSun Basketが$9M
・健康スナックのHungryrootが$8M
・食事宅配のTerritoryが$7M
・健康スナックのRhythm Superfoodsが$6M(ケールチップなど;General Millsも出資)

最近のテクノロジー関連M&A

最近2~3週間で話題になったテクノロジー関連のM&Aは下記の通りです。
・HexaditeをMicrosoftが買収(セキュリティアラート解析;$100M)
☆CarriageをDelivery Heroが買収(食事宅配;中東市場)
・HelloWalletをKeyCorpが買収(個人財務アプリ)
・Constant TherapyをDigital Healthが買収(脳機能改善アプリ)
☆Tava Indian KitchenをCurry Up Nowが買収(インド料理店チェーン)
・Other MachineをMakerBotが買収(デスクトップPCB試作機)(M&A Online)

IoTで「がんばらない介護」を支援、Z-WorksがシリーズAで4億円を資金調達

執筆から配信までわずか2分 脅威のスピードを誇るAI記者

関連記事

  1. 長野の製造業、ベトナム人活用広がる 現地事業に生かす

    長野県内の製造業でベトナム人を活用する動きが広がっている。プラスチック加工のアイカム(小諸市)は日本…

  2. ニッポンの大問題 ギグエコノミーの吉凶

    聞き慣れませんが、ギグエコノミーが世界を席巻しそうです。個人が雇われずに仕事を請け負う。自由…

  3. 医療機関で発揮される「音声AI」の真価ーー声で病院の事務作業時間…

    日本でもGoogle HomeやAmazon Echoの販売が解禁され、AIスピーカーや音声AIアシ…

  4. ベトナムの路地裏ビジネス

    ホーチミンは地方都市でありながら、経済的には首都ハノイより大きく発展している。日本外務省の統計では、…

  5. エヌビディアの次を狙う新興企業「AI特化型チップ」で激戦開始

    近年、人工知能(AI)分野ではディープラーニングが最もホットなトピックとなった。グーグルフォトに導入…

  6. dellsmallbusiness

    無料で相談できるITコンサルタントが 課題を整理し、解決策を提案…

    人手不足の中で業績アップを図るにはIT活用が欠かせない。それは分かっていても、どこから手をつけてい…

  7. shopping arcade_smallstart

    NYから広がる復活する街の小さな本屋さん

    米ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが2015年11月、本社のあるワシントン州シアトルに、同社…

  8. vr_smallstart

    VR空間でAIアシスタントが患者に寄り添う!医療向けアプリ「Lu…

    VRは医療でも活用が進んでおり、患者の痛み軽減や医学生のトレーニングなど、用途は様々です。…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP