menu

たとえ敵対するグループ同士でもオンラインで交流することが偏見をなくし社会的結束を強める

インターネットによって遠く離れた人同士がつながり合いを持てるようになりましたが、オンラインでの対話によって、激しく対立するグループ同士の問題を解決できるという研究結果が出ています。

PsycNET Record Display – PsycNET
http://psycnet.apa.org/record/2015-22397-001

How research is helping to reduce prejudice between people online
https://theconversation.com/how-research-is-helping-to-reduce-prejudice-between-people-online-106175

Pew Research Center の研究では、アメリカに住む成人の69%が少なくとも1つのソーシャルメディアサイトを利用していることがわかっており、2008年の21%から大幅に増加しているのが確認されています。また、オーストラリアでは人口の80%が何かしらのソーシャルメディアアカウントを取得しており、多くの人が1日に複数回アクセスしていることも判明しています。さらに、10代の若者の57%がオンライン上で新しい友達を作ったことがあるとの報告もあり、インターネットによって知らない人と出会うことは、ごく普通のことになっています。

自分と同じ考えや共通の趣味を持つ人との交流がインターネットで深まることは想像に難くありませんが、まったく主義主張や思想が違う人との交流が盛んになっていることも明らかになっています。Facebookは「Friends of World」と呼ばれるプロジェクトによって、イスラエルとパレスチナ、ロシアとウクライナ、インドとパキスタンという深く対立した国同士の人をオンライン上でつなぐ試みを行っており、Facebookによると24時間でイスラエル-パレスチナ間で20万以上の「友情」が誕生したとのこと。


対立するグループ間での接触が、相手グループへの態度を軟化させ感情を改善させられるとする「接触仮説」が心理学者のゴードン・オルポート氏によって出されています。相反する立場のグループも、互いに交流を深めることが関係を改善するのに有効だというのは、現実世界の直接的な交流だけでなく「インターネット上での交流でも成り立つ」という研究成果が出てきています。

オーストラリアのラ・ドローブ大学のアブレイヤ・ヒシャム博士の研究チームは、「オンラインでのやり取りが多様なグループ間の関係を改善できるか?」というテーマを掲げて、異なるグループに所属する2人が個人間でチャットできるオンラインプログラム「E-contact」を使って、対立グループ間での交流について調査しました。E-contactでは、ホスト役が利害関係の事実を交換してくれ、知り合うことを手助けしてくれます。その後、オンラインで知り合った2人は、共通のタスクを行い目標達成することが求められました。なお、ホスト役は2人が協調して仕事をするようにアドバイスするなどのサポート役として関与したそうです。


10年近く続けられたE-contact実験では、北アイルランドのカトリックとプロテスタント、同性愛者と異性愛者、ムスリムとカトリックなど、対立しがちなグループに所属するメンバー同士の交流が試みられた結果、いずれのケースでもオンラインでの交流が相手グループに対する偏見をなくし、社会的な結びつきを強めることがわかったとのこと。オンラインでも接触効果は発揮されるというわけです。


互いに相いれない主張を持つ対立グループのメンバーとインターネットを通じて出会うことで、相手との敵対的な関係を改善できることがわかりましたが、見知らぬ人とのオンラインでの交流は「出会い系サイト」に代表される通りネガティブな印象を持たれがちなため、今後は、多様なグループ間で安全な形でオンラインで交流できるツールの開発が望まれているとのこと。仮想現実(VR)や各超現実(AR)などの新しい技術はその解決策になる可能性も指摘されています。(Gigazine)

各国の人と話した経験からすると歴史ある隣国同士はほぼ相手に良い感情は持ってません。無論認めている箇所もあるのですが、時に非人道的な振る舞いをするIS国のような組織より憎しみが深くなるようです。隣国同士で仲が良いのはカナダ・アメリカ、オーストラリア・ニュージーランドくらいしか思い浮かびません。。上記以外にもトルコとギリシャ、イギリスとアイルランド、ルーマニアとウクライナの人々も相手の国に悪感情を持っている人がいました。友人のドイツ人も本心ではフランスが大っ嫌いだそうです。日本も他人事ではないのですが、お互い交流できれば、また相手の立場に立って考えさせられる環境であればもう少し冷静で建設的な関係が築けるかもしれません。

spartan_smallstartまさかのノーリスクハイリターン!? 起業家を始めてみるということ

shopping arcade_smallstartNYから広がる復活する街の小さな本屋さん

関連記事

  1. テック系、アクセラレーター、女性進出…トルコのスタートアップ事情…

    ナイジェリアのラゴス、パレスチナ自治区のガザ、インドネシアのジャカルタ。あるスタートアップイベントで…

  2. unicorn

    (前)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市

    マクロン大統領就任も追い風、起業家が生活しやすいパリのスタートアップシーン池田 将(THE BR…

  3. 中国の3大「AIテクノロジー」企業、1400億円市場を狙う各社の…

    中国はコピー大国の汚名を返上すべく、テクノロジー分野で最もホットなAIの開発に国を挙げて取り組んでい…

  4. ひとめでわかる、浜松のベンチャー支援制度がすごい!

    「快適な暮らし」と「健康」、この両方で高い満足度を実現している浜松市。「20政令指定都市『幸福度』…

  5. ベトナムの路地裏ビジネス

    ホーチミンは地方都市でありながら、経済的には首都ハノイより大きく発展している。日本外務省の統計では、…

  6. 救急箱セットの販売から始めるスモールビジネス

    アメリカの医療向けビジネスアイデアでFirst Aid kit(救急箱)販売のビジネスは在宅、少ない…

  7. 世界が注目! 期待のスタートアップ日本の50社

    世界は「スマートフォンからテクノロジー」へと潮流が変化している。この流れは日本の“強み”が生きる機会…

  8. spacex

    スペースXの最新ロケット、ここがスゴイ

    打ち上げの瞬間は21:30頃。  必見のブースター帰還場面は…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP