menu

アフリカ大陸でeコマースを展開する「ジュミア・ テクノロジーズ」がNYにIPO! 「アフリカ大陸の アリババ」と呼ばれるIT企業の新規上場に注目せよ

ジュミア・テクノロジーズは、eコマースから少額決済まで
アフリカ大陸14カ国で幅広いビジネスを展開!

アフリカ大陸でeコマースならびにマイクロペイメント(少額決済)・サービスを展開しているジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JIMA)が、近々、ニューヨーク証券取引所にIPO(新規上場)します。値決め日は流動的ですが、おそらく今週中かと思われます。

 ジュミア・テクノロジーズは、ナイジェリア、モロッコ、エジプト、南アフリカなど、アフリカ大陸の14カ国で事業展開しています。

 ジュミア・テクノロジーズのビジネス・モデルは、中国のアリババにそっくりです

 アリババがやっているように、eコマースのマーケットプレースを運営していますし、独自のロジスティックス網を構築しています。アリババのアリペイに相当する「ジュミア・ペイ」という決済システムも展開しています。マスターカードは、ジュミア・ペイの将来性に目をつけ、戦略的投資家としてジュミアへの投資を決めています。

 ジュミア・テクノロジーズの場合、それらに加えて、モバイルのエアタイム(通話時間)を追加購入する際のマイクロペイメント、フード・デリバリー(Uber Eatsと同じ)、旅行代理店も展開しています。

アフリカ大陸の潜在力は高く、
1人当たりGDPはすでにインドを凌駕!

 アフリカ大陸は、ほぼインドと同じ規模だと考えれば良いでしょう。人口は12億人で、インターネット・ユーザーは4.3億人います。1700万のスモール・ビジネスが存在し、4兆ドルの消費市場があります。

 アフリカ大陸におけるネット通販の普及率は、僅か0.6%です。これは、中国の20.4%より大幅に遅れています。しかし、アフリカ大陸にもスマホが普及し始めており、状況は急速に改善しています。

 アフリカ大陸の年齢の中央値は19.4歳であり、たいへん若いです。したがって、時間が経つにつれてインドを凌駕する人口になると予想されます。1人当たりGDPと1人当たり消費額では、すでにインドより少し大きいです

 ジュミア・テクノロジーズは、54カ国あるアフリカ大陸の国のうち、人口が大きい順から14か国で事業展開しています。それで、アフリカ大陸の総人口の72%、ネットユーザーの77%をカバーすることになります

 下は、ジュミア・テクノロジーズが事業展開している国の中で比較的人口の大きい国のGDPの推移です。

アフリカ主要国のGDP成長率

拡大画像表示

 アフリカ大陸全体では、5%前後のGDP成長を記録しています。

 次に、インフレ率は下のチャートのようになっています。

アフリカ主要国のインフレ率チャート

拡大画像表示

 エジプトは、「アラブの春」以降、経済の立て直しに苦しんでいます。最近は、ハイパー・インフレに悩まされています。

 ジュミア・テクノロジーズのような決済サービスをやっている企業にとって、インフレは決してマイナスなことばかりではありません。マーチャントは、決済のサイクルをなるべく早くしようと考えるため、ジュミア・ペイのような決済システムはたいへん重宝します。

 アフリカは、一般的に失業率が高いです。

アフリカ主要国の失業率チャート

拡大画像表示

 これも、消費市場の力強さを考える上で重要なポイントです。高失業率は、消費にとってマイナスです。

 このように、アフリカ大陸の経済状況は良い事ばかりではありません。したがって、eコマース企業もそういう現地の事情をよくわきまえ、上手く立ち回ることが要求されます。

2018年のGMV(取扱高)は前年比+63%!
運転資金が極めて少なくて済むビジネスモデルもメリット

 ジュミア・テクノロジーズは、マッキンゼー、アクセンチュアなど戦略コンサルタント出身者が設立しました。その関係で、トップダウンかつ理詰めでよく練られたビジネス・モデルを持っています。

 もうひとつの特色は、国際色豊かだということです。ジュミア・テクノロジーズ幹部の国籍は、カナダ、ドイツ、ナイジェリア、エジプト、その他アフリカ各国です。その関係で、社内では現地語に加え、英語、フランス語などが飛び交っています。

 ジュミア・テクノロジーズの本社は、ドイツのベルリンにあります。株式の上場は、ニューヨーク証券取引所になります。

 ジュミア・テクノロジーズは、いわゆるアセット・ライト・モデル、すなわち「持たない経営」をしています。現地の倉庫業者を戦略パートナーとし、彼らにITシステムを提供することで効率良いフルフィルメント(商品の受注から決済、配送までの業務全般)を指導します。

 決済に関しては、ジュミア・テクノロジーズは独自のジュミア・ペイを展開しています。これは、アリババのアリペイに相当します。ちょうどペイパルのように、消費者の銀行口座に連動しており、ウォレットのように使う事が出来ます。現在のところ、ジュミア・ペイはナイジェリアとエジプトのみで導入されていますが、すでに同国の顧客の54%がジュミア・ペイで決済しています

 今後は、アリババのアントファイナンシャル(アリペイの運営会社)に相当するフィナンシャル・サービスも開始する計画です。

 ジュミア・テクノロジーズの業績を考える場合、アリババのケースとおなじように、まず取扱高、すなわちGMVが指標となります。そして売上自体は、セラー向け付加価値サービス、コミッション、フルフィルメント・フィーなどになります。

 ジュミア・テクノロジーズは、在庫を取らないため、ワーキング・キャピタル(運転資金)は極めて少なくて済みます。

 2018年のGMVは、前年比+63%の8.28億ユーロでした。これは、ユーザー1人当たり210ユーロに相当しますが、中国の5分の1程度です

 売上の内容は、ホーム用品14%、男性アパレル14%、携帯電話14%、サービス14%、化粧品香水13%、女性アパレル11%、電化製品10%などとなっています。

 顧客数は400万人です。マーチャント数は8.1万社です。

【今週のまとめ】
「アフリカ大陸のアリババ」と呼ばれる企業が
世界の投資家にどう評価されるのか要注目!

 ジュミア・テクノロジーズは、「アフリカ大陸のアリババ」とでも言うべき事業を展開しています。アフリカ大陸は、今後成長が期待できる市場です。ジュミア・テクノロジーズはマッキンゼーなどのコンサルティング会社の出身者を中心に創業された関係で、良く練られたビジネス・プランを持っています。「持たない経営」を貫いており、資本効率は良いです。国際色豊かな社員構成となっており真のグローバル企業と言えます。

 そんなジュミア・テクノロジーズのIPOの行方には、注目したいところです。(ダイヤモンド ZAI

fail情報商材セミナーで「低コスト起業」も借金1000万円

startup起業の前にまずは副業から始めるべき理由

関連記事

  1. google 新機能でリアル店舗への来客数upへ…

    gmailやgoogle mapといったgoogleサー…

  2. 農山村の暮らし学ぶ「塾」開講へ 24日と4月7日…

    真庭市などは6月、同市中和地域で農山村の暮らしや里山資源を活用した起業などを…

  3. フィンテック競争に巻き込まれるインドネシア市場

    インドネシアで中国系のフィンテック消費者金融企業がビジネスを拡大している。現…

  4. 経済の体温”世界の物価上がらぬ「謎」 背景に新型…

    “経済の体温”と呼ばれる物価が世界的に上がらない。国際決済銀行(BIS)の調…

  5. 各国のビジネスモデル アメリカ・台湾・中国遍

    アメリカ・シリコンバレーアメリカのサンフランシスコ州の北…

  6. Shenzhen

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘

    広東省深圳市が今、脚光を浴びている。未来感あふれる新たなサービスが続々と導入…

  7. ベトナムで経済 栄養補助食品市場が急成長、偽物の…

    この10年間でベトナムにおける栄養補助食品の生産輸入業者数が急増し、偽物も氾…

  8. スタートアップに適した国 エストニア

    「IT先進国」「ブロックチェーン大国」エストニアの噂は、シリコンバレーから日…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP