menu

中東向けスモールビジネス

中東と聞くと、乾燥した大地とイスラム教徒の人々、石油といった漠然としたイメージをする人も多いのではないかと思います。

中東と同様アフリカ大陸も同様ですが、日本企業の性質なのか不安定な地域市場にはあまり積極的でなく、この点韓国や中国に比べて出遅れ感が否めません。

ところでアラブ諸国はイスラム教の教えで基本アルコールは飲めない理由もあって、甘いお菓子に目がない人が多いようです。トルコにはバクラヴァという中東で人気の焼き菓子がありますが、これは薄いパイ生地のような生地を何層にも重ね、その間にナッツ類を挟み焼き上げ、その上から甘いシロップをかけています。これが一体何kカロリーあるんだと思われる程濃厚な甘さです。

2016062001

また東洋経済には日本の焼き菓子ヨックモックがバカ売れしている訳について記事にされていました。

ヨックモックは何故中東でバカ売れなのか

 

日本のお菓子はお土産品として各国から歓迎されており、和菓子やお菓子を贈って喜ばれないことはあまりありません。アジアや中東では日本語の文字そのままのバスや営業車がかえってブランドイメージを持たれることもあるので、スーパーで売っているお菓子をそのまま箱詰めしても人気は出そうです。

自身でサイトを立ち上げても言葉や送料、決済等で中東に売るのはハードルが高いので、海外ECサイトに登録して販路を拡大、もしくは最初はお小遣い稼ぐ感覚で初めてみても良いかもしれません。

海外に商品を売るECサイト SHOPIFY

自分にあった副業を

関連記事

  1. スモールビジネスの伸張

    毎日のように製品やパッケージといったモノに限定されず、人々も実社会でもネットワーク上でも国境を越えて…

  2. 人材マッチングYello創業者が語る「シカゴで起業するのが最高な…

    人材マッチング企業、Yelloの創業者のジェイソン・ヴァインガルテン(Jason Weingarte…

  3. フィンテック競争に巻き込まれるインドネシア市場

    インドネシアで中国系のフィンテック消費者金融企業がビジネスを拡大している。現段階で、インドネシア金融…

  4. 中国企業の「日本製」

    日中関係に改善が見られる中、その恩恵を受けているメーカーは中国には太刀打ちできない優位性が日本の工場…

  5. small start -コスメコミュニティサイト

    150万DL突破のコスメコミュニティ「LIPS」が10億円を調達…

    コスメの口コミアプリ「LIPS(リップス)」を運営するAppBrew(アップブリュー)は10月18日…

  6. unicorn

    (後)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市2

    2010年ごろからIT業界にはリスクマネーが供給されるようになり、自己資金や当初売り上げがなくても創…

  7. 1-9月のトルコ・チャイの輸出

    リゼ地方が、この時期に425万8000ドル分(4億8365万円)の輸出によりトルコで最高となった。…

  8. 海外で日本のスマホを使うには

    海外出張や旅行先でもスマホでWiFi接続できるので、慣れない異国での情報収集や写真撮影にも必須のアイ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. apple
  2. rebuild
  3. investmenttrust
  4. facetoface
  5. DispatchHealth

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP