menu

ダンボールビジネス

 

江戸時代の制度では士農工商と商人が一番身分が低く位置付けられていましたが、これは古代中国の思想を取り入れた考えです。

その卑しいとされた古代の職業ではありますが、史記の貨殖列伝ではその財力によって諸侯と対等に渡り合い、天下に名を成した列伝を記しています。牧畜業など稼ぎが悪いと言われていた稼業でさえ工夫によって富み栄えた人物がおりました。

要はどんな業界、職業でも工夫次第ということを言いたいのですが、今回は斬新な発想でヒット商品を作っている事例の紹介です。

ダンボール業界は単価も安く厳しい時代が続いていたのですが、最近では動画配信やゲーム実況用の防音機能を備えた一人個室用ダンボールなどのヒット商品が出てきています。また部屋に置く防音装置は今まで10数万と高額だったのですが、数千円〜購入できるなど素材を活かした独自の工夫を積み重ねた商品が出てきています。

 

動画で紹介する台湾のデザイナーはダンボールを用いた伸縮自在のダンボール家具を発案しました。これも部屋が狭く、居住空間が限られている日本でもヒットしそうな商品です。

 

なんでも工夫次第である良い例ではないでしょうか。同業種での交流はどの企業経営者や事業主も普段の付き合いがあると思いますが、異業種交流や様々な立場の人と話すことで新しい着想やアイデアが生まれるかも知れません。

世界の一人当たりのGDP 日本の順位は..

スマホで映画のような撮影を

関連記事

  1. southasiamarket2

    東南アジア開拓 「8つのヒント」

    台頭する現地企業、攻勢強める中韓・欧米勢……。難攻不落の東南アジア市場で勝つには、一体何が必要なのか…

  2. いま注目すべき、イスラエル発スタートアップ6選

    人工的に「鶏肉」を作り出すラボ、仮想通貨を搭載した170万円の携帯、病変の見逃しを防ぐAI、危険を事…

  3. 中国のデーティングアプリ「Momo」が最高益を記録 ― ライブス…

    位置情報を利用した中国のネットワーキング・アプリ「Momo」が発表した最新の決算によれば、同社のユー…

  4. イスラエルの砂漠から独立を決意 ~長谷川雅彬氏インタビュー~

    最近親族の甥の小学生が通う学校アンケートで将来なりたい職業にサラリーマンが一位になったりと、色々な場…

  5. ベトナムで商機つかめ

    長野のメーカーから受託 三谷産業(金沢市)のベトナム子会社が現地で粉わさび製造を始めた。…

  6. インドの配達ビジネス

    スモールビジネスを始めるにあたって、おすすめなのは地元の商工会議所とコンタクトをつけることです。融資…

  7. Google コネクト 人との出会い

    ネットが発達し、メールやSkype,LINEで簡単にコミュニケーションがとれるよ…

  8. テック系、アクセラレーター、女性進出…トルコのスタートアップ事情…

    ナイジェリアのラゴス、パレスチナ自治区のガザ、インドネシアのジャカルタ。あるスタートアップイベントで…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. budapest
  2. Startup-Israel
  3. Small-Company
  4. worldclass_smallstart
  5. pinterest

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP