menu

新興ニュースサイト、老舗のニューヨーク・タイムズを訪問者数で上回る。

新興ニュースサイトのハフィントン・ポストが、伝統的な新聞社のニューヨーク・タイムズのニュースサイトを訪問者数で抜きました。ニューヨーク・タイムズは、紙ではUSAトゥデイ、ウォールストリート・ジャーナルに次いで第3位だが、ニュースサイトでは長らくトップに君臨してきました。

ニューヨーク・タイムズが、3月28日の有料化を機に訪問者数は減らすだろうと予想してましたが、それが現実となりました。市場調査会社のコムスコアがここ最近発表したデータを総合すると、ニュースサイトの訪問者数は、英大衆紙のMail Onlineが1位、AOL傘下になったハフィントン・ポストが2位、そしてニューヨーク・タイムズが3位。

 

2016060801

市場調査会社のコムスコアが発表した米ニュースサイトの訪問者数の推移

元々ニュース記事に必要なポイントとしてノウハウ等は当然あるでしょうが、良質な編集者を揃え、時宜にあった出来事を分かりやすく伝えていくことにあると思いますが、最近のニューヨーク・タイムズは少々商業よりになりすぎているのではないかと感じてはいました。ネットを使うことで大企業や既存の大手にも食い込めるものなのですね。

大事なものをなくさない為に スマート・タグ

観葉植物でスマホを充電。環境にも優しいエコ充電

関連記事

  1. 投資はもう億万長者だけのものではない、米国で新たなクラウドファン…

    マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏(32歳)は米国の実業家で、ハーバード大学…

  2. 2019年発行予定のデジタルノマドビザとは

    エストニア政府がエストニアでの365日有効な労働及び旅行ビザの発行を検討している…

  3. エストニア独自のエコシステムから生まれたユニーク&革新的スタート…

    「世界最先端のデジタル国家」と呼ばれるエストニア。本連載第3回、第4回ではデータ連携、セキュリティ、…

  4. ベトナムで経済 栄養補助食品市場が急成長、偽物の氾濫で取り締まり…

    この10年間でベトナムにおける栄養補助食品の生産輸入業者数が急増し、偽物も氾濫していることを受けて、…

  5. dobai2

    ドバイに学ぶ観光戦略

    普通であれば忙しいはずの年度末、わざわざ休暇を取ってドバイに行ってきました。お目当ては3月31日の競…

  6. シェアリングエコノミー

    1 シェアリング・エコノミー―ソーシャルメディアを活用した新たな経済(1)シェアリング・エコノミ…

  7. 観葉植物でスマホを充電。環境にも優しいエコ充電

    観葉植物でスマホを充電? 環境にもお財布にも優しいエコ植木鉢ができました。植物の光合成を利用し、スマ…

  8. 360度パノラマ撮影が可能な小型球体カメラ「Luna 360」

    VR、ヴァーチャルリアリティとは仮想現実世界のことを意味しています。本年はVR(…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP