menu

新興企業アクセラレーター集う深圳-製造業

ピンポン練習用のロボット開発で支援を求めたアレックス・チャンさんが向かったのは米西海岸のシリコンバレーではなかった。香港に近いかつての漁村、深圳だ。

中国版シリコンバレーとも言える深圳では現在、約1000ものアクセラレーターが活動している。新興企業を初期段階で投資し支援するアクセラレーターは、極めて多くの工場が近くにある深圳に引き付けられている。そうした工場で、あらゆる種類の機器や装置を大量生産することが可能だ。

深圳のテンセント・ホールディングス(騰訊)ビル
深圳のテンセント・ホールディングス(騰訊)ビル
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  アクセラレーターの1社、ハックスのマネジングディレクター、ダンカン・ターナー氏は、「ここはハードウエアの首都だ。あらゆる供給業者がある。製造業者と極めて重要なエンジニアリングの専門知識の双方がそろった生態系ができている」と述べた。

1100万人余りの人口を抱える深圳には、華為技術やテンセント・ホールディングス(騰訊)、それにドローンメーカーのDJIといったよく知られた中国のテクノロジー企業が本社を置いている。(Bloomberg)

世界最小クラスの「紛失防止」IoTデバイス

弁当のIoT

関連記事

  1. 1-9月のトルコ・チャイの輸出

    リゼ地方が、この時期に425万8000ドル分(4億8365万円)の輸出によりトルコで最高となった。…

  2. mining

    中国から世界初のブロックチェーン歯ブラシが登場、歯を磨くだけで仮…

    ブロックチェーンは、今年最大のバズワードだ。しかしながら、この技術が愚かなクリエイティブの形で適用さ…

  3. 日本の介護 ベトナムに

    日本の介護技術を学んで母国の医療現場で役立てようと、ベトナムの看護師たちが高松市の特別養護老人ホーム…

  4. トルコの植毛ビジネス 手術を受けた英男性の体験を追う

    毎年数千人の男性が、生え際の後退を止めるためにトルコに手術を受けに行く。BBCのティファニー…

  5. サッカーW杯 ポーランド戦に見る日本組織の危うさ

    本日サッカーW杯日本代表が決勝Tに進出しました。喜ぶべきことですが、海外メディア…

  6. 越境ECビジネスは中東顧客獲得がカギ ペイパルの調査で明らかに

    ペイパル(PAYPAL)は、世界31カ国の3万4000人を対象に買い物をする動機を調査した「世界越境…

  7. AI「ワトソン」手軽に 日本IBM、安く短期間で導入

    日本IBMは10月から、これまで1社ごとの作り込みだった人工知能(AI)「ワトソン」を活用したサービ…

  8. ドイツの スタートアップ事情 スタートアップのハブ的存在

    ドイツのスタートアップ事情欧州の中心的な都市の中でも比較的物価が安く、さまざまな…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. Game-Builder
  2. apple
  3. rebuild
  4. investmenttrust
  5. facetoface

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP