menu

新興企業アクセラレーター集う深圳-製造業

ピンポン練習用のロボット開発で支援を求めたアレックス・チャンさんが向かったのは米西海岸のシリコンバレーではなかった。香港に近いかつての漁村、深圳だ。

中国版シリコンバレーとも言える深圳では現在、約1000ものアクセラレーターが活動している。新興企業を初期段階で投資し支援するアクセラレーターは、極めて多くの工場が近くにある深圳に引き付けられている。そうした工場で、あらゆる種類の機器や装置を大量生産することが可能だ。

深圳のテンセント・ホールディングス(騰訊)ビル
深圳のテンセント・ホールディングス(騰訊)ビル
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  アクセラレーターの1社、ハックスのマネジングディレクター、ダンカン・ターナー氏は、「ここはハードウエアの首都だ。あらゆる供給業者がある。製造業者と極めて重要なエンジニアリングの専門知識の双方がそろった生態系ができている」と述べた。

1100万人余りの人口を抱える深圳には、華為技術やテンセント・ホールディングス(騰訊)、それにドローンメーカーのDJIといったよく知られた中国のテクノロジー企業が本社を置いている。(Bloomberg)

世界最小クラスの「紛失防止」IoTデバイス

弁当のIoT

関連記事

  1. IoTで「がんばらない介護」を支援、Z-WorksがシリーズAで…

    IoT介護支援システムを開発するZ-WorksがシリーズAラウンドで総額4億円の資金調達をしたことを…

  2. AWS Managed Blockchain_smallstart

    ブロックチェーンが患者の情報を守る切り札に

    <完全な電子社会に移行したエストニアで医療記録の漏洩を防止するには......>毎年、多くの…

  3. lonely

    「孤独担当大臣」とは?

    イギリスのテリーザ・メイ首相は1月18日、「孤独担当大臣」のポストを新設し、トレイシー・クラウチ氏を…

  4. 完璧なサラダを作るロボット、シリコンバレーに登場

    米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専…

  5. 世界で加速する「キャッシュレス革命」

    キャッシュレス経済が加速する北欧諸国日常生活に現金を必要としないキャッシュレス社会が世界的に進展…

  6. 昆虫を食料にして食料危機回避に

    増え続ける人口問題に対して現在昆虫を食料源とする動きが各地で広がっています。国連…

  7. シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

    シリコンバレーは長きにわたって、現状を打ち破ろうとするテック企業のホームグラウンドとして知られてきた…

  8. ドイツ 難民向けビジネスマッチング

    紛争や貧困を逃れるため、中東やアフリカから欧州へ難民の流入は今に始まった事では有りませんが、シリア内…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. blockchain
  2. venture_smallstart
  3. AWS Managed Blockchain_smallstart
  4. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP