menu

東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEAN企業地図 第2版』発売

東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEAN企業地図 第2版』発売

ASEAN企業地図 第2版』は、世界経済に大きな影響を与えるようになった東南アジアの有力企業グループの近年の動向を相関図でまとめたASEANビジネスの入門書です。

 東南アジアに事業進出するうえで欠かせないのは、タイクーンの存在です。やみくもにアタックするのではなく、どの企業がどの資本に属するのかを把握し、適した相手と提携を結ぶ必要があります。本書では有力企業グループの動向を押さえ、ビジネスを行うために知っておきたい情報をまとめています。

 旧版ではインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、番外編として香港を紹介しましたが、今回の第2版ではミャンマーとベトナムを追加。いずれも昨今の著しい経済成長、また将来的な発展のポテンシャルは見逃せません。

 中国向けのビジネスに関心を持つ企業は多いかもしれませんが、ASEAN諸国も意識してみるだけで実はより適した市場が見つかるかもしれません。経営層だけでなく、各国の事情を知っておきたいマーケターにもおすすめの1冊です。ぜひ参考にしてみてください。

目次

巻頭特集
第1章 インドネシア
第2章 タイ
第3章 フィリピン
第4章 マレーシア
第5章 シンガポール
第6章 ミャンマー
第7章 ベトナム
第8章 香港(番外)
巻末特集

ASEAN諸国地図 第2版

Amazon SEshop その他

ASEAN企業地図 第2版

著者:桂木麻也
発売日:2019年1月30日(水)
価格:2,808円(税込)

本書について

ASEANの有力企業グループの近年の動向を解説。これからASEANに進出したいと考えている企業の方はもちろん、ASEANに最近進出した企業の方、投資家にも役立つ(MarkeZine)

ai_smallstart【AI活用サービス6選】音声・画像認識から文章生成・校正までを網羅

freec_smallstart東南アジアでビジネス版Facebook目指す「freeC」が正式公開、仕事情報やニュースを一箇所に集約

関連記事

  1. 急成長中のシリコンバレー・スタートアップ企業、バンティック、日本…

    あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」に対応したイベント・ドリブン型アプリケーション開発プ…

  2. イギリスEU離脱 円高に備えたスモールビジネス

    BBCによると2016/06/24時点でイギリスのEU離脱が確実となったようです。離脱が52%の支持…

  3. 中小企業向け金融スタートアップAspire、Y Combinat…

    中小企業向けに銀行ソリューションサービスを提供しているスタートアップAspire&nb…

  4. 福岡市が「成長可能性都市」で1位に

    野村総合研究所は7月5日、国内100都市を対象とした「成長可能性都市ランキング」を発表した。同調査で…

  5. 中東向けスモールビジネス

    中東と聞くと、乾燥した大地とイスラム教徒の人々、石油といった漠然としたイメージをする人も多いのではな…

  6. テック系、アクセラレーター、女性進出…トルコのスタートアップ事情…

    ナイジェリアのラゴス、パレスチナ自治区のガザ、インドネシアのジャカルタ。あるスタートアップイベントで…

  7. IoTで世界に羽ばたく大阪の家具屋

    ニューヨークのタイムズスクエアから5分ほどの場所にショールームを構え、この度デンマーク外務省の国家プ…

  8. ソーシャルメディアを活用して成功した零細企業例

    Coconut Bliss:アイスクリーム会社Coconut Blissはア…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP