menu

東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEAN企業地図 第2版』発売

東南アジア進出に欠かせない情報を網羅 『ASEAN企業地図 第2版』発売

ASEAN企業地図 第2版』は、世界経済に大きな影響を与えるようになった東南アジアの有力企業グループの近年の動向を相関図でまとめたASEANビジネスの入門書です。

 東南アジアに事業進出するうえで欠かせないのは、タイクーンの存在です。やみくもにアタックするのではなく、どの企業がどの資本に属するのかを把握し、適した相手と提携を結ぶ必要があります。本書では有力企業グループの動向を押さえ、ビジネスを行うために知っておきたい情報をまとめています。

 旧版ではインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、番外編として香港を紹介しましたが、今回の第2版ではミャンマーとベトナムを追加。いずれも昨今の著しい経済成長、また将来的な発展のポテンシャルは見逃せません。

 中国向けのビジネスに関心を持つ企業は多いかもしれませんが、ASEAN諸国も意識してみるだけで実はより適した市場が見つかるかもしれません。経営層だけでなく、各国の事情を知っておきたいマーケターにもおすすめの1冊です。ぜひ参考にしてみてください。

目次

巻頭特集
第1章 インドネシア
第2章 タイ
第3章 フィリピン
第4章 マレーシア
第5章 シンガポール
第6章 ミャンマー
第7章 ベトナム
第8章 香港(番外)
巻末特集

ASEAN諸国地図 第2版

Amazon SEshop その他

ASEAN企業地図 第2版

著者:桂木麻也
発売日:2019年1月30日(水)
価格:2,808円(税込)

本書について

ASEANの有力企業グループの近年の動向を解説。これからASEANに進出したいと考えている企業の方はもちろん、ASEANに最近進出した企業の方、投資家にも役立つ(MarkeZine)

ai_smallstart【AI活用サービス6選】音声・画像認識から文章生成・校正までを網羅

freec_smallstart東南アジアでビジネス版Facebook目指す「freeC」が正式公開、仕事情報やニュースを一箇所に集約

関連記事

  1. ビットコイン大国を目指すスイスの挑戦

    <法整備と安全性の確保に手間取る他国に先駆け、金融立国スイスは仮想通貨ビジネスを全力で後押しする>…

  2. blockchain

    ブロックチェーン技術の仕組みが大きな影響を与える15の業界

    日本でも注目を集めている「仮想通貨」は、代表的なものに「ビットコイン」がある。これらは「ブロックチェ…

  3. モバイル・インターネット時代の中国の投げ銭システム

    モバイル・インターネット時代の投げ銭・おひねりFacebookの「いいね」と言えば日本人にも…

  4. はとバスを窮地から救った本当の「現場重視」とは?

    倒産寸前のはとバス社長に就任し、“古巣”の東京都からV字回復の厳命を受けた宮端清次氏。リスト…

  5. 電力を作るエコビジネス

    これまでは地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気が今年 2016年の4月の「電力自由…

  6. 米国のベンチャーキャピタルが狙う日本に潜む「第2のグーグル」

    世界に通用する日本の3分野AI(人工知能)やロボットなど、いま世界が注目する最新技術の多くはアメ…

  7. startup_smallstart

    2019年注目のスタートアップ57社、ベンチャーキャピタルが選出…

    スナップチャットやフェイスブックといった人気サービスを提供しているテック企業のことは、業界に精通し…

  8. 給与そのままで週4日勤務制~ニュージーランド企業が世界に問う21…

    ニュージーランドのパーペチュアル・ガーディアン(Perpetual Guardian)社が、今年の1…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP