menu

海外に商品を売るECサイト SHOPIFY

現在円高で輸出するのは為替相場的には良くはないのですが、日本製品は長年の商品開発・制作に携わってきた先人達の積み重ねと、認知度向上から世界的にも高い評価を受けています。
そこで言葉の壁もありますが、国内市場ではなかなか売れない、もしくは海外のほうが人気がある商品をECサービスを使って販売してみるというのも販路拡大の多くな選択肢の一つです
海外向けのECサービスとしては様々なサービスがあり、
<MAGENTOWOOCOMMERCE, SHOPIFY, BIGCOMMERCE等良く知られています。

なかでもSHOPIFY世界は150カ国以上に展開しており、ネットショップもドラッグ&ドロップ形式で、商品登録、好きなデザインを選んでいけるとあって簡単にショップを作成できます。
SHOPIFY
試しに作ってみました。

2016061901

利用にあたっては、販売規模に応じた各プランの料金があります。また取引が発生した際に手数料がそれぞれ発生します(2%,1%,0.5%)

Basic $29/月

Shopify $79/月

Advanced $299/月

 

国ごとに設定する郵送料金等は大変ですが、最初はメインターゲットと国をいくつか設定しておけばよいでしょう。

またもし実際の店舗があればPOSアプリも利用でき、カード決済機能も用意されているので支払い機能等に頭を悩ませる必要はありません。

ECサイトで良く売られている日本製品としてはアニメ、ゲーム関連グッズなど。またの他販売数はそれほど多いわけではありませんが、伝統工芸品も注目度は高いです。

株の世界では一つの籠に卵を入れるな、というリスクヘッジの言葉があるようですが、円高の時は海外製品を輸入販売、円安の時は日本製品を販売できるシステム構築しておけば為替の影響をプラスに捕らえた商売もできるかもしれません。

ドイツ 難民向けビジネスマッチング

中東向けスモールビジネス

関連記事

  1. Amazon イギリスで生鮮食品販売へ

    Amazonは既にアメリカでローンチされている生鮮食品の提供を、この度イギリスでAmazon Fre…

  2. 撮影した写真と同じイメージを簡単に探せるサービス

    Webサイトを開発するにしても、コミュニケーションメンバーでコンテンツを制作するにせよ オンライン上…

  3. スタートアップ時見逃しがちなこと

    多くの会社が起業に失敗しており、その成功率は5-6%と言われるほど少ないのですがメディアで多く目にす…

  4. IoT市場、今後6年で2兆4000億円へ ソリューション事業分野…

    ミック経済研究所によれば、IoTソリューション市場は2017年度より成長期に入る。同研究所の予測では…

  5. 越境ECビジネスは中東顧客獲得がカギ ペイパルの調査で明らかに

    ペイパル(PAYPAL)は、世界31カ国の3万4000人を対象に買い物をする動機を調査した「世界越境…

  6. pinterest

    アンチSNS?月間2.5億ユーザーに達した「Pinterest」…

    医者志望だったがイェール大学で政治学を専攻 彼女(後の奥さん)に後押しされて独立するも、金…

  7. 中国でカーシェアリングが急速に拡大中

    中国にはレンタルやシェアリングを中心とした新時代が到来している。そしてこれは、環境配慮型“緑色経済”…

  8. 目指すはホームクリーニング界のウーバー、「ニーツォ」の仕組みと課…

    ローテクから始めるスモールビジネスでも清掃ビジネスを紹介しましたが、清掃を専門にしていない人でも、登…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. Game-Builder
  2. apple
  3. rebuild
  4. investmenttrust
  5. facetoface

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP