menu

2018年に過去最高記録のイスラエル、スタートアップ投資の今後

2018年はイスラエルのハイテク系スタートアップが、記録的な資金調達額を達成した年だった。IVC Research Centerのレポートでは、累計の調達額は64億7000万ドル(約7000億円)に及び、2017年から17%の増加、2013年との比較では2倍に達した。

メガディールと呼ばれる5000万ドル以上の調達件数も24件に達し、全体の31%を占めていた。

イスラエルを代表する、エクイティ・クラウドファンディング・プラットフォームである「OurCrowd」の創設者でCEOのJon Medvedは次のように述べる。「テック領域のスタートアップへの資金流入額は5年連続で伸び、2018年はあらゆる領域での調達額が過去最高に達した」

「創業間もない企業への2000万ドル以上の出資件数は、5年前の4倍に伸びた。スタートアップ立国であるイスラエルの企業は、スケールアップのフェーズに入っている」と別のベンチャーキャピタル83Northのパートナーも述べている。

ただし、IVCは過度に楽観的な見方には疑問を投げかけている。「資金流入が止まったら何が起きるだろう? 世界経済の動向を注視した場合、今後の12カ月で情勢が変化する可能性もある」

Medvedもこの見方に同意し、「市場の混乱や不確定要素が様々な形でテック領域への出資に影響を与える可能性はある」と話す。しかし、優秀なベンチャーキャピタリストたちは、不利な状況下でも有利な投資先を見つけ出すと彼は話す。

「市況が低下した場合、優れた投資家はアーリーステージの企業へのシード投資を倍増させる。2019年は長期的視野に立った、アーリーステージの企業への投資が伸びるだろう。イスラエルには膨大な数の有望なスタートアップがあり、OurCrowdは彼ら向けの投資を活発化させていく」

別の投資家もこの意見に同意する。「世界的にアーリーステージの企業が資金調達に苦しみ始めるなかでも、イスラエルのスタートアップは成長に向けた資金にアクセス可能だ。彼らはエグジットに向けて焦ることなく、時間をかけてテクノロジーを磨いていける」

2019年も活況は続くのか?

2018年にイスラエルのフィンテック関連のスタートアップは、累計9億4100万ドルの資金を調達し、2013以降で最大を記録した。また、AI関連の企業は累計18億9000万ドル、ライフサイエンス分野の企業は12億ドル、サイバーセキュリティ関連企業も史上最多の10億800万ドルを調達した。

2018年にイスラエルのスタートアップ企業が調達した資金の30%がイスラエルの投資家からであり、70%が海外からだった。そのうち35%が米国で、中国とドイツ、英国が各3%を占めていた。

「2019年はラテンアメリカ諸国や中東、東南アジアなどからの新たな資金流入が期待できる。さらに、米国や欧州、アジア地域の伝統的金融機関からの出資も期待できる」とMedvedは述べた。

2018年は世界的に見ても、ベンチャーキャピタルの投資が過去最高レベルに達した年だった。CB Insightsのデータでは、2018年の1億ドル以上の資金調達件数は世界で382件に達していた。しかし、Crunchbaseのデータでは、2018年第4四半期にテック業界のIPO件数が大きく落ち込んだことも判明している。

2019年もこの状況は続くのかという疑問に、Medvedはこう答えた。「ウーバーやBeyond Meat、ピンタレストといった著名企業の大型IPOが呼び水となり、資金の流動性が再び高まることを期待している。ただし、これらのIPOが失敗に終わった場合、VC業界だけでなく、広範囲に影響を及ぼすことになる」

Crunchbaseは2019年の見通しについて、こう述べている。「スタートアップへの巨額出資が相次いだ2018年を終えて、投資家たちは2019年が巨額のエグジットが頻発する年になることを望んでいる。しかし、さしあたっては、事態の成り行きを見守るしかない」

イスラエルの技術力の高さには驚かされますが、先日お会いした医師の話では緊急医療技術が非常に優れているようです。これも過酷な地政学上の立地条件の影響なのでしょうか。

wordpress_smallstartWordPressのAutomatticがニュース企業のためのWebサイトプラットホームNewspackをローンチ

kizzania_smallstart「働くってすごい!」と初心に帰った気分 憧れの仕事を体験する「大人のキッザニア」が楽しすぎた

関連記事

  1. 音声感情解析AIのEmpath、総額3億2,000万円の資金調達…

    感情解析を駆使したコールセンターAIの開発ならびに感情解析領域のAI人材補強を促進音声感情解…

  2. NEC、クラウド型「働き方見える化サービス」を開始–…

    日本電気(NEC)は7月5日、企業における働き方改革の支援を目的とした、クラウドを活用し1IDあたり…

  3. フランスの給与サービスPayFitが1590万ドルを調達

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(1400万ユーロ)を調達…

  4. シリコンバレーとは違う、フレンチ起業

    サッカーワールドカップロシア大会で優勝したフランスが、「起業大国」という新たな称号を得つつある。20…

  5. 経営陣「AIで業務改革をしろ!」→現場「そう言われても」 JAL…

    「ハワイ島で気になることがあったら質問してね!」――日本航空(JAL)が、AI(人工知能)を使ったチ…

  6. 同時通訳が可能に

    日本人は外国語習得が苦手と言われており、また国民性も海外の人のように分からなくて…

  7. ハンドメイド制作から始めるスモールビジネス

    最近ハンドメイド市場が活況を呈しています。本職の職人でなくとも、趣味や興味からのハンドメイド…

  8. 避難所生活を快適にする「段ボール」の舞台裏

    いかに苦難を乗り越えて事業を進めるか、を考えなければいけません。でももう一つ大事なのは、その事業に大…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP