menu

地方の旅館がSNSを利用して海外展開サービスを成功

 

2015年大分県の家族旅館”山城屋”に香港の雑誌社が取材にやって来た。

”見開きで大きく紹介された当館の写真がうちの台所の写真なんですね”。台所で家族が料理を作っているというところを映した写真だったんです。 このページの切り抜きを持って香港の方がいっぱい見られたんですね

しかもそこが撮影スポットになっちゃって、外国の方からすると珍しいというか 日本の生活をのぞいて見たいようなそうゆう気持ちがあったんじゃないですかね。

-そして2017年山城屋はトリップアドバイザー旅館ランキングで全国3位になった-

ここまで来て何を楽しんで頂くかって思ったら(私たちが)外の国に行った時って 地元のものを食べたかったりあの人が食べてるものを食べたいなって思ったりするじゃないですか。 だから田舎でおばあちゃんが作る料理っていうのは大事かなと思ってます。

1番レビューが高いのはお料理に関してなんですね。2番目に女将の人柄というか接客ですね やっぱり予約は土日に集中しますよね。どうしても平日はガラガラになっちゃう。

この平日の稼働率を上げるためにはどうしたらいいのかなって考えた時に 海外に目を向けなくちゃいけないんじゃないかなって思ったんです。

-転機が訪れたのは12年前韓国の雑誌社2社が大分の温泉地を取材した時-

両方ともトップページが湯平温泉の石畳の写真だったんです。 これを見た時に”湯平温泉の風情外国人に受けるんだなぁ”と思いましたね。 その後お客様がブログに載せるようになってそれがどんどん拡散されて行って 韓国のブログでは”山城屋”がすごく有名になったみたいですね。- 旅館山城屋代表 二宮謙児-

 

 

SNSを利用した広報はその重要さを増して来ています。記事にあるように小さな旅館でもうまくSNSを活用することで今までの販路開拓(今回は海外)につなげることができます。逆に大手でもSNSをうまく使わないと売り上げの減少につながるケースもあります。フード業界ではSNSをうまく利用したマックと活用できていないモスバーガーがいい例でしょうか。マックは非衛生に食材を扱っていたことが暴露されてから経営が悪化しましたが、アンケートに答えたらポテトが一つ無料になるなど顧客の意見を吸い上げつつ来店に赴くようSNSをうまく活用したことで、最高益を出すまでに回復しました。

“ママ目線”で復活した日本マクドナルド

客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境

もちろんSNSを使うだけでうまくいくはずもなく、日頃の経営姿勢やコツコツと積み重ねる企業努力は不可欠ですが、国の枠を超えて自社のサービスを宣伝でいる手段としてSNSをうまく使っていければ売り上げを増やすことは決して難しいことではなくなりました。

battery東京工業大学が世界最小電力で動作するBLE無線機を開発、大幅な低消費電力化でIoT加速

vrVRで視力治療の米企業がEU進出、2018年はアジア進出目指す

関連記事

  1. 2019年発行予定のデジタルノマドビザとは

    エストニア政府がエストニアでの365日有効な労働及び旅行…

  2. startbusiness_smallstart

    今年こそ起業すべき? 事業立ち上げを迷っている人…

    新年を迎え、今年の抱負を決める時期がやってきた。変化の予感にワクワクする時…

  3. 埼玉で起業目指す女性を応援 参加募集

    県は、起業を目指す女性のビジネスプランを募るコンテスト「SAITAMA Sm…

  4. 深センでは自販機もカラオケボックスもIoT化して…

    中国では、社会全体の大転換を目指した文化大革命が1976年まで行われていて、…

  5. 医療輸送ドローン

    日々新聞などやメディアで放送されるアフリカ医療問題が、ドローンを使った配送ビ…

  6. 手入れの必要がない水槽

  7. 10人に1人が、買った洋服をSNSに投稿してすぐ…

    イギリスのクレジットカード「バークレイカード」の調査で、消費者の約10人に1…

  8. southasia

    人口9千万人、爆発間近のベトナム「Eコマース」の…

    アジアのEコマース市場は今後、急激な拡大が見込まれている。米国のデジタル決済…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP