menu

2019年発行予定のデジタルノマドビザとは

 

エストニア政府がエストニアでの365日有効な労働及び旅行ビザの発行を検討している発表がありました。 これには90日間のEU圏内の旅行ビザも付与される可能性もあります。

対象は働く場所に依存せず働いているいわゆるノマドワーカー。

ノマドワーカーの割合は圧倒的に白人のシングルの男性が多いのですが 現在はweworkといったシェアオフィスを各国でレンタルできるサービスも 世界中で広がっており、Digital Nomad Visaが取得できれば欧米を中心とした企業活動を活発に行えそうです。 この新しいタイプのビザは記事でも紹介した、場所を選ばず働ける jobbaaticalと共同で開発しているとのことです。

英語がある程度できれば、日本でスタートせずエストニアを拠点に jobbaaticalで人材を集めて企業活動を行うことも可能となりました。

エストニア発 IT国家の次世代型人材サービス

 

エストニアでは電子政府の取り組みの一環で非エストニア居住者でも 会社を作れたり、銀行口座を開設できる e-residencyといった電子国民がありますが、デジタルノマドビザ取得にあたってe-residency の登録は必要になるかと思われるので、興味ある方は今のうちに取得しておいた方が良いかもしれません。(estonian.world)

 

 

全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTOLOCK」

ベトナムの路地裏ビジネス

関連記事

  1. Airbnb 国際一休版?ワンランク上の“民家”を貸し出す「On…

    ちょっとおしゃれで立地のいい“民家”に泊まりながら、ホテル並みのサービスを―。旅行客に個人の部屋を貸…

  2. アイテムやiPhoneを迷子にさせないシステム『Bikn』

    前回の記事で、スマホを簡単に探す方法について記しましたが、そもそも電源が入ってい…

  3. 画期的なゴミ除去システム

    環境ビジネス、といっても再利用したり、使わなくなったモノをネットオークションで販売したりなど様々な方…

  4. ローテクから始めるスモールビジネス

    ネットを使うことはビジネスする上でほぼ必須条件になりつつありますが、かといって仕事そのものまでネット…

  5. 異彩を放つ世界のアントレプレナー8人

    ミハエル・ワイズ / IBL Software Engineering / スロバキアIBL…

  6. 日本の「紙芝居」が海外で人気 国境なき医師団から多言語政策まで

    <ヨーロッパから南米まで、世界各国で今、紙芝居の上演やワークショップが人気を博している。テクノロジー…

  7. シェアリングエコノミー

    1 シェアリング・エコノミー―ソーシャルメディアを活用した新たな経済(1)シェアリング・エコノミ…

  8. ベトナム産蜂蜜の輸出、量多くも価格は世界最低

    ベトナム養蜂協会や養蜂研究所などは17日、蜂蜜の品質向上と輸出促進をテーマとしたセミナーを開催した。…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP