menu

ベトナムの路地裏ビジネス

ホーチミンは地方都市でありながら、経済的には首都ハノイより大きく発展している。日本外務省の統計では、2011年の在留邦人数は全体で9313人。そのうちホーチミンの日本大使館領事部へ在留届を提出した人数は5164人だった。そして、最も新しい数字である2016年10月1日時点で南部には8827人の日本人がいる(全体は16145人)。

日本で言えば、大阪や福岡の方が東京よりもビジネスチャンスが大きく、外資もそちらに集まるようなものだ。

在住日本人に聞くと「ベトナム戦争時の南部は別の国だったこともあって商習慣が違い、企業や自営業者がベトナムを目指す場合、ホーチミンを真っ先に考える」のだという。実際に、日系に限らず外資の有名企業のほとんどはまずホーチミンから進出している。

様変わりするベトナムの「路地裏」

筆者が初めて訪れた2011年、そんなホーチミンで小売店や飲食店を展開する場合、基本的に表通りで営業することが鉄則だろうことは見て取れた。

ベトナムは大通りと、大通りで囲まれたブロック型の地区で構成されるのが基本的な街の造りだ。そして、そのブロック内は路地が網の目に張り巡らされている。ハノイではこの路地をンゴー(NGO)、ホーチミンはヘム(HEM)と呼ぶ。

 

大通りはビジネスの場で、路地の中は生活の場になる。生鮮食品を売る商人や洗濯や生活用品の修理を生業にする人は路地内でも働くが、観光で来た外国人に関係するものは裏路地にはなにもなかった。

こういった昔ながらの商売しかなかったのがベトナムの路地裏だった

例えばホーチミンの日本人居住区とも言われるレタントン通りも、日本語の看板が散見され、輸入雑貨店などで日本の食材が入手できるのは表通りだった。日本料理店もあり、夜は男性向けのカラオケ・クラブやスナックも見かけた。

これが、2017年に再訪したときは明らかに変わっていたのだ。

表通りに新たに店を出すケースのほうがむしろ少なく、家賃の安い路地内部で営業することが当たり前になっていた。ハノイのンゴーは相変わらずだが、ホーチミンのヘムだけが特に内部が賑やかになっている。

レタントン通りのヘムは入り口に看板があり、主要な店がわかるようにもなっている。これはベトナム人向けのヘムではあまり見られないサービス

日本人の自営業者も、特に新規の経営者たちはヘムの中へ中へと入っていく。レタントン通りもヘムの奥にある飲食店が増えた。ヘムは狭いところでは幅が1メートルもあるかないかというほど。その狭い路地に赤提灯などが掲げられていると昭和のような雰囲気があり、意外にも居心地のよさを感じる。スナックやカラオケクラブも奥に入ることで、特に男性駐在員にとっては近所の人の目に留まることなく遊べるというメリットも生まれる。

これには「とある理由があるんです」とホーチミン在住の若手実業家が言った。

ネットで変わる東南アジアのライフスタイル

今までは地元民の生活の場だった「ヘム」と呼ばれるホーチミンの路地裏。なぜかそこに新規出店する店が増え、外国人向けの業種も増えているという。

その背景に何があるのかという筆者の疑問に、「ネットやスマートフォンの発達でビジネス手法が変化したからなのです」とホーチミン在住の若手実業家は言った。

東南アジアにおけるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及率は異様なまでに高い。中国のSNSアプリもあるし、なにより浸透しているのがフェイスブック(以下FB)だ。スマートフォンも日本では見かけない中国メーカーが多数あり、低所得者でも購入できる。そのため、スマホを持つほとんどの人がFBのアカウントをひとつ以上は保有する。

レタントンから数キロ離れた住宅街にも数軒、日本人向けの飲食店があった

イメージで東南アジアはIT関係が発展していないように思われるが、独自開発のシステムは確かに少ないものの、法整備がきっちりしていない分、自由度が高い。無料Wi-Fiの電波もそこら中にあるので、一般市民の受け入れ方も柔軟だ。今やタクシーも手を挙げて停めるものではなく、ベトナムではアプリで呼びつけるのが一般的になりつつある。社会主義国家が厳しく取り締まる売春も、今やSNSを介して行うのがベトナム流だ。

飲食店なども表通りに店を構える必要がなくなった。検索や予約はネット経由が当たり前になり、SNSにマップを載せておけば辺鄙な場所でも客が入る。外国語が苦手でもサイトやファンページを作っておけば、あとは自動翻訳で多国籍の客を捕まえることができる。FBも投稿を活用するどころか、多くの飲食店がホームページをFBのページで代用する。あとは友人知人に「いいね」を押してもらい、広まっていくだけだ。

一方でデメリットもあって、評判が少しでも悪くなれば、あとは話に尾ひれがついて膨らんでいってしまう。IT先進国なら根も葉もない噂に法的手段で立ち向かうこともできるだろうが、ベトナムで果たしてどこまでそれができるのか。

とはいっても、そもそも、東南アジアの社会主義国にまで来て店を開こうという人たちだ。SNSでなにを言われようとへこたれない強者も少なくない。ちょっとの不評が大きくなっても、裏路地の魅力の方がまだ大きい。ホーチミンのビジネスで大切なのは場所ではなく、検索順位なのだ。(HARBOR BUSINESS)

 

 

日本では今中小企業向けのホームページが結構盛んです。しかし記事にもあるようにfacebookで十分企業宣伝はできますし、Wixといった無料で個人でも制作できるサービスも世に出回っているので、日本の現状のコーポレートサイトはちょっと時代遅れの感がしてなりません。

2019年発行予定のデジタルノマドビザとは

企業向けサイバーセキュリティー完全ガイド – 2018

関連記事

  1. イスラエルがブロックチェーン領域で先端を行く3つの理由と、201…

    グローバルで存在感を放つイスラエルイスラエルスタートアップエコシステムの日本での認知度は年々高ま…

  2. リトアニアで密かに発展する仮想通貨・ブロックチェーン業界——Bl…

    本稿は、仮想通貨に特化したシンクタンク Baroque Street による寄稿です。本稿を…

  3. ベトナムで商機つかめ

    長野のメーカーから受託 三谷産業(金沢市)のベトナム子会社が現地で粉わさび製造を始めた。…

  4. 1-9月のトルコ・チャイの輸出

    リゼ地方が、この時期に425万8000ドル分(4億8365万円)の輸出によりトルコで最高となった。…

  5. ハイテク産業に人材集中

    日本の四国ほどの面積しかない中東のイスラエルが短期間でなぜ起業大国になったのか。エリ・コーヘン経済相…

  6. キャリーバックで楽々移動 Modobag

    関東地方では梅雨も明け、夏本番の季節となってきました。青空に広がる入道雲が旅情を…

  7. IoTのゆくえ

    以前紹介した記事ではIoT分野が大きなインパクトを与え、且つ世界企業のスピード感…

  8. 業界別クラウドファウンディング調達金額

    Start up企業の定義として会社を始めたばかりという意味ではなく、イノベーションもって社会に影響…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. kizzania_smallstart
  2. israel-startup-map_smallstart
  3. wordpress_smallstart
  4. startupfailed_smallstart
  5. startbusiness_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP