menu

ベトナムで商機つかめ

長野のメーカーから受託

 三谷産業(金沢市)のベトナム子会社が現地で粉わさび製造を始めた。世界的な和食ブームを背景に粉わさびの需要は高まっており、東南アジアや欧州、中近東、オセアニアに販売先を広げていく。

 ホーチミン近くのドンナイ省にある子会社「AFCP社」が、日本のわさび加工大手のマル井(長野県安曇野市)から製造を受託した。AFCP社は油脂や鉱物といった天然素材を原料に、機能性素材や健康食品の原料を製造している。

 マル井の粉わさびは中国産などと比べて高品質が評価されている。マル井は米国でシェアトップで、日本食レストランを中心に卸している。ベトナムへの進出は海外展開の二拠点目。

 AFCP社は原料を現地や東南アジアで調達する。生産能力は年間数百トン規模。ベトナム国内で年間二十トンの販売を見込む。

 セレモニーが現地で開かれた。三谷産業の担当者は「マル井の海外展開をお手伝いしたい」と話している。 (嶋村光希子)

北陸銀行の取引先が参加した商談会=ベトナム・ハノイ市で(同行提供)

写真

北陸銀などが商談会

取引先のものづくり支援

 北陸銀行(富山市)は8日、取引先のものづくり企業の海外展開を支援するため、他の地銀や自治体などと一緒にベトナム・ハノイ市で商談会を開いた。

 商談会は日本、中国、タイの3カ国を拠点にマッチング事業を手掛ける「ファクトリーネットワークアジアグループ」などが主催し、2回目。初参加の北陸銀のほか、福井銀行や福井県など国内14団体が共催した。

 北陸銀の取引先3社を含め、日本から140社が出展。会場では販路拡大や部品調達などにつなげようと、ベトナムの企業や現地に進出している日系企業に自社技術などを売り込んだ。商談会は9日まで。

 北陸銀は2012年にタイ・バンコク市に開設した駐在員事務所がベトナムなどを担当。09年に業務提携したベトナムの大手商業銀行に、17年7月から初の研修生として行員を派遣している。 (平野誠也)( 中日Web)

AIアナウンサー「荒木ゆい」が正式サービスイン

japanese-country外国人観光客にも人気の日本の農村旅行

関連記事

  1. 中国を制したテンセント、旅路は終わらず-次の目標は世界制覇

    中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)の最高幹部らで構成するリーダーシップ委員…

  2. ベトナム産蜂蜜の輸出、量多くも価格は世界最低

    ベトナム養蜂協会や養蜂研究所などは17日、蜂蜜の品質向上と輸出促進をテーマとしたセミナーを開催した。…

  3. investmenttrust

    月3万円投資で「3000万円」作れる投信がある

    大手投資運用会社であるGCIアセット・マネジメント執行役員の太田創氏は、実は個人で投資信託を883…

  4. AIが融資の審査、融資を受けられなかった人も融資を受けられるよう…

    みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社がAIを使った個人向け融資に乗り出しました。従来のような画一的な審…

  5. fail

    情報商材セミナーで「低コスト起業」も借金1000万円

    ひとくちに「起業」といっても、その実態は様々。人生をかけた大博打となるケースももちろんあるが、副…

  6. 米国20代女性起業家たち

    フォーブスが今年はじめに発表した2017年版「30アンダー30」の小売・Eコマース部門には、自身の問…

  7. 韓国発IoT スマホで植物を“遠隔育成”できる植木鉢

    最近はIoT家電も徐々に発売されつつありますが、今回紹介する『planty』は、…

  8. IoTでビジネス価値を生み出す–企業における10の活…

    提供:iStockphoto/Jirsak IoT市場が爆発的な成長と発展を続けるなか、ます…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. dellsmallbusiness
  2. smallstart_oogle
  3. Game-Builder
  4. apple
  5. rebuild

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP