menu

中国アリババ、日本企業に「いらっしゃい」 中小にも

中国のネット通販最大手「阿里巴巴(アリババ)グループ」が、日本企業のてがける食品や化粧品などを中国市場に売り込んでいる。出品を、大企業だけでなく中小企業にも呼びかけている。

「6億を超える人が毎月利用し、2017年4月からの1年間の流通総額は7680億ドル(約85兆円)になった」

アリババは22日、事業説明会を東京都で開催。ダニエル・チャン最高経営責任者(CEO)が、日本の食品メーカーや化粧品メーカーの担当者ら約300人を前にそう語った。

中国政府は22年までに自国の輸入総額を8兆ドルまで増やす方針だ、とチャン氏は強調。「日本で急増している中国人観光客の消費も加われば、中国人の消費はさらに拡大する」と述べた。中国市場に直接アプローチすることが難しい中小企業でもアリババを使えば販路を中国に広げられる、と訴えた。

アリババに出品しているサントリーホールディングス(HD)、コーセーアシックスの経営幹部らも登壇した。

サントリーHDの新浪剛史社長は、健康食品などを12年からアリババ内の通販サイト、天猫(Tモール)に出していることを紹介。「いまの中国事業は(年間で)数百億円規模だが、いずれ数千億円規模に成長させる」と話した。

コーセーの幹部は、主力化粧品「雪肌精(せっきせい)」などの人気ぶりに言及。「アリババを通じた(当社の)売り上げは11年からの6年間で10倍に伸びた」と述べた。

アリババは1999年、英語教師だった馬雲(ジャック・マー)氏らが創業。アジア最大級のIT企業に成長した。スマートフォンを使ったキャッシュレス決済「支付宝(アリペイ)」も展開しており、中国では数億人が使っている。(上地兼太郎)(朝日新聞Digital)

 

日本に来て日本製品を購入する中国人の巨大な需要を見込んでアマゾンジャパンも中国から購入できるようにしています。国内の中小企業もこのようなサービスを使って新しい売り上げ先を構築していけば、自前のプラットフォームやサイトを持たずとも売り上げを伸ばすことができます。

chineseit中国で「IT革命」が劇的に進んでいる3つの理由

いま注目すべき、イスラエル発スタートアップ6選

関連記事

  1. 副業・スモールビジネス 事業例一覧サイト

    JNEWS.comのサイトではスモールビジネスに特化した事業例のさわりを無料…

  2. イギリスで日本酒造り、大阪の酒造会社が初の試み

    大阪の酒造会社がイギリスに日本酒の酒蔵を作りました。日本の酒造会社としては初…

  3. 「格安スマホ」満足度ランキング!2年連続の1位は…

    スマホは、いまや生活必需品という人も少なくない。しかし、「使い過ぎで月々の支…

  4. 都市の成長力ランキング

    野村総合研究所がまとめた都市の成長力ランキングで、今後成長する潜在的な可能性…

  5. RaaS

    農業RaaSの衝撃 「何もない男」が日本中を歩い…

    人生の目標も、技術も、資金もない。できるのは、人に会って話をすることだけ。…

  6. 中国の医療系スタートアップ、Infervisio…

    ディープラーニングと画像認識をがんの診断などに利用するスタートアップ、中国の…

  7. スマホで映画のような撮影を

    アメリカのスタートアップでは、製造設備を持たず製品を作る製造メーカーの起業が…

  8. Samsungと中国ブランドがインド携帯市場を席…

    現在インドは中国製スマートフォン革命の真っ只中にいる。2016年Q4の販売台…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP