menu

東南アジアのゲーム市場を制覇する、ミャンマー企業の野望

マイクロソフトや任天堂のような大手がやってくる前に、新興国のゲーム市場を制覇してやろう──。東南アジアのミャンマーを本拠に「ネットフリックスのゲ―ム版」的ビジネスを行なうスタートアップ企業がある。

モバイルゲームのプラットフォーム「Go|Games」は東南アジアの6カ国で急成長を遂げ、会員数は60万人に達している。運営元はミャンマー本拠の「Goama」で、同社CEOのTaro Arayaは今後、年内にフィリピンやインド、ベトナムやロシアへの進出を計画中だ。

Go|Gamesのサービスはインドネシアやミャンマー、バングラデシュを含む東南アジアの6カ国で利用可能で、ユーザーは携帯の電話番号をSMSで送信するだけで、定期的に入れ替わる約400のゲームにアクセス可能になる。

「このビジネスを立ち上げるにあたり、通信キャリアとの提携は必須のことだった」と運営元のArayaは話す。現地の通信企業「Telenor Group」や「Axiata Group」とのパートナーシップにより、Go|Gamesで配信されるアプリのオンライン決済やアプリ内決済が可能になった。利用者は一日あたり0.05ドル程度の少額決済も、キャリア経由で行える。

東南アジアのゲーム市場で勢力を増すのが中国企業だ。「王者栄耀(Honor of Kings)」を世界的なヒットに育てたテンセントは、モバイルゲーム市場でトップに立った。Goamaは「カートゥーン ネットワーク」や「Kiloo」「スクエアエニックス」などの大手と契約を結んだが、中国のテンセントや「NetEase」とは提携を結べていない。

今後のGoamaにとって強力なライバルになり得るのが日本の任天堂だ。同社はニンテンドースイッチ向けのサブスクリプションサービス「Nintendo Switch Online」を今年9月に開始し、年額19.99ドルでプレイし放題になるサービスを提供しようとしている。(Fobes)

 

 

北海道経済、ロシアとの交流で活性化できる

GO-JEKオートバイ版配車アプリの「Go-Jek」、東南アジア各国への国際展開に向け5億米ドルを投資へ

関連記事

  1. dobai

    300万人のドバイが観光収入3兆円を稼ぐワケ

    成田からの直行便で、ドバイ国際空港に到着したのは3月29日の午前3時台であった。この連載は競…

  2. 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行関係企業も

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし、化粧品関連のMemeb…

  3. 2016年のアプリ市場

    2016年版の要点2016年、iOS App StoreとGoogle Play合計の年間ダウン…

  4. ビジョン実現のためには、個人事業にとどまるわけにいかない。小田原…

    「ローカル起業」が注目されている昨今。その多くは、「スモールビジネス」や「小商い」と呼ばれ、暮らしを…

  5. smallbusiness

    スモールビジネスから、世界に通用するグローバルビジネスを

    北九州市が運営するシェアオフィス「北九州テレワークセンター」(北九州市小倉北区浅野3)のリニューアル…

  6. AIと英会話ができるアプリ

    人工知能と英語の勉強

    そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達…

  7. AIスタイリスト

    アリババは11月11日の土曜日、驚くべきことに、250億ドル分もの商品を売り上げ、「独身の日」の売上…

  8. seniorwoman_smallstart

    大人気「便利屋おばあちゃん」サービス

    昔ながらの天ぷらを作る母親代わりに家族会議へ参加 モノにあふれた現代社会。豊かさの裏側で…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. apple
  2. rebuild
  3. investmenttrust
  4. facetoface
  5. DispatchHealth

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP