menu

東南アジアのゲーム市場を制覇する、ミャンマー企業の野望

マイクロソフトや任天堂のような大手がやってくる前に、新興国のゲーム市場を制覇してやろう──。東南アジアのミャンマーを本拠に「ネットフリックスのゲ―ム版」的ビジネスを行なうスタートアップ企業がある。

モバイルゲームのプラットフォーム「Go|Games」は東南アジアの6カ国で急成長を遂げ、会員数は60万人に達している。運営元はミャンマー本拠の「Goama」で、同社CEOのTaro Arayaは今後、年内にフィリピンやインド、ベトナムやロシアへの進出を計画中だ。

Go|Gamesのサービスはインドネシアやミャンマー、バングラデシュを含む東南アジアの6カ国で利用可能で、ユーザーは携帯の電話番号をSMSで送信するだけで、定期的に入れ替わる約400のゲームにアクセス可能になる。

「このビジネスを立ち上げるにあたり、通信キャリアとの提携は必須のことだった」と運営元のArayaは話す。現地の通信企業「Telenor Group」や「Axiata Group」とのパートナーシップにより、Go|Gamesで配信されるアプリのオンライン決済やアプリ内決済が可能になった。利用者は一日あたり0.05ドル程度の少額決済も、キャリア経由で行える。

東南アジアのゲーム市場で勢力を増すのが中国企業だ。「王者栄耀(Honor of Kings)」を世界的なヒットに育てたテンセントは、モバイルゲーム市場でトップに立った。Goamaは「カートゥーン ネットワーク」や「Kiloo」「スクエアエニックス」などの大手と契約を結んだが、中国のテンセントや「NetEase」とは提携を結べていない。

今後のGoamaにとって強力なライバルになり得るのが日本の任天堂だ。同社はニンテンドースイッチ向けのサブスクリプションサービス「Nintendo Switch Online」を今年9月に開始し、年額19.99ドルでプレイし放題になるサービスを提供しようとしている。(Fobes)

 

 

北海道経済、ロシアとの交流で活性化できる

GO-JEKオートバイ版配車アプリの「Go-Jek」、東南アジア各国への国際展開に向け5億米ドルを投資へ

関連記事

  1. IoT市場、今後6年で2兆4000億円へ ソリュ…

    ミック経済研究所によれば、IoTソリューション市場は2017年度より成長期に…

  2. GO-JEK

    オートバイ版配車アプリの「Go-Jek」、東南ア…

    設立以来、ローカル市場にフォーカスしてきたインドネシアの配車サービス大手 G…

  3. RaaS

    農業RaaSの衝撃 「何もない男」が日本中を歩い…

    人生の目標も、技術も、資金もない。できるのは、人に会って話をすることだけ。…

  4. “サラリーマンが副業”稼…

    飲食店でのアルバイトから、自宅を使ったシェアハウスまで。本業以外で稼ぐにはい…

  5. 災害時のAI活用

    災害ラジオにAI活用

    盛岡市のラジオコンソーシアム岩手(野田尚紀代表理事)は12日、災害時のラジオ…

  6. 海上旅館

    船舶は人が移動したり、モノを運ぶためのものですが、料金的にも利用する全く新し…

  7. エストニアで無人運転バス導入。信号無視するワイル…

    ロボットに変身することはありませんが、運転手なしで走行できます。運転…

  8. インテルがAI活用で600億円以上の価値を創出

    インテル内でのAI活用から見えたモノ定型業務の自動化やビッグデータの…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP