menu

越境ECビジネスは中東顧客獲得がカギ ペイパルの調査で明らかに

ペイパル(PAYPAL)は、世界31カ国の3万4000人を対象に買い物をする動機を調査した「世界越境コマースレポート(Global Cross-border Commerce Report)」の2018年度版を発表した。

同レポートによれば、調査回答者の50%が国を超えてオンラインショッピングをしており、中東の回答者のうち、70%が越境ECサイトで買い物したことがあるという。越境ECサイトで買い物したことがある回答者のうち、68%がアパレルまたはシューズを、53%が家電を、53%がおもちゃを購入していた。

また、購入に使われた端末について、モバイルまたはタブレットを使った購入の割合は中国で53%、インドで48%、アメリカで45%。中東を除いた世界各国で行われた購入のうち、30%以上がモバイルまたはタブレットを使用していた。

消費者が越境ECサイトで購入をする理由についてペイパルのスポークスパーソンは「1番目の理由は、国を超えて買い物した方が安く手に入るからで、72%の回答者がそう答えている。多くの消費者は国に関係なく価格比較をするが、25%が外国のECサイトで何かを購入するとき、送料が高いことがネックになると答え、24%が関税や購入に際してかかる租税を気にしている。2番目の理由はユニークなアイテムを探すためで、49%が自国で手に入らない目新しい商品を探すためと答え、34%が新しく面白い商品を探すためと回答している」と話す。その他、為替レートの関係で安く購入できること、安全な支払いができることが越境ECサイトを利用する理由に挙がった。

支払い方法については、回答者の4分の3が自国の通貨での支払いを選べるとよいとし、5分の3が購入前に為替レートをチェックすると答えた。また、44%が安全な支払いが可能かどうかを購入の際に気にするとし、24%が確実に荷物が届くという安心感が必要と答えた。(WWD)

 

個人や企業でもECサイトを用いた越境ビジネスを行なっている企業は少なくありません。為替や送料がネックになりますが、Made in Japanは海外でも高い評価を受けているので、国内マーケットが縮小していく中今から海外に活路を見出すべく手をつけても良いかと思います。

年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡

イスラエルのモビリティスタートアップ11社

関連記事

  1. ukiyoe1m3

    -日本人女性起業家- 「平成の浮世絵」を世界へ

    三井悠加が浮世絵と出合ったのは9年前。アーティストのコンサートグッズの企画をしていた三井は、ある版元…

  2. 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行関係企業も

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし、化粧品関連のMemeb…

  3. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフ…

    ■freeCの概要就職やクラウドソーシングのSNS型プラットフォーム「freeC」(https:…

  4. 全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTOLOCK」

    全米スモールビジネスアワードを受賞した自転車や様々なものをセキュアにロックできる製品がクラウドファイ…

  5. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2億人で、インターネットユ…

  6. 起業したい人へ伝授する「スモール・スタート」の極意

    ビジネス書『スモール・スタート あえて小さく始めよう』は、「スモール・スタート」をテーマに、いくつも…

  7. 異彩を放つ世界のアントレプレナー8人

    ミハエル・ワイズ / IBL Software Engineering / スロバキアIBL…

  8. 撮影した写真と同じイメージを簡単に探せるサービス

    Webサイトを開発するにしても、コミュニケーションメンバーでコンテンツを制作するにせよ オンライン上…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP