menu

越境ECビジネスは中東顧客獲得がカギ ペイパルの調査で明らかに

ペイパル(PAYPAL)は、世界31カ国の3万4000人を対象に買い物をする動機を調査した「世界越境コマースレポート(Global Cross-border Commerce Report)」の2018年度版を発表した。

同レポートによれば、調査回答者の50%が国を超えてオンラインショッピングをしており、中東の回答者のうち、70%が越境ECサイトで買い物したことがあるという。越境ECサイトで買い物したことがある回答者のうち、68%がアパレルまたはシューズを、53%が家電を、53%がおもちゃを購入していた。

また、購入に使われた端末について、モバイルまたはタブレットを使った購入の割合は中国で53%、インドで48%、アメリカで45%。中東を除いた世界各国で行われた購入のうち、30%以上がモバイルまたはタブレットを使用していた。

消費者が越境ECサイトで購入をする理由についてペイパルのスポークスパーソンは「1番目の理由は、国を超えて買い物した方が安く手に入るからで、72%の回答者がそう答えている。多くの消費者は国に関係なく価格比較をするが、25%が外国のECサイトで何かを購入するとき、送料が高いことがネックになると答え、24%が関税や購入に際してかかる租税を気にしている。2番目の理由はユニークなアイテムを探すためで、49%が自国で手に入らない目新しい商品を探すためと答え、34%が新しく面白い商品を探すためと回答している」と話す。その他、為替レートの関係で安く購入できること、安全な支払いができることが越境ECサイトを利用する理由に挙がった。

支払い方法については、回答者の4分の3が自国の通貨での支払いを選べるとよいとし、5分の3が購入前に為替レートをチェックすると答えた。また、44%が安全な支払いが可能かどうかを購入の際に気にするとし、24%が確実に荷物が届くという安心感が必要と答えた。(WWD)

 

個人や企業でもECサイトを用いた越境ビジネスを行なっている企業は少なくありません。為替や送料がネックになりますが、Made in Japanは海外でも高い評価を受けているので、国内マーケットが縮小していく中今から海外に活路を見出すべく手をつけても良いかと思います。

年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡

イスラエルのモビリティスタートアップ11社

関連記事

  1. 中国で大人気、「シェア自転車」がはやるワケ

    今、北京や上海といった中国の大都市に行くと、オレンジや黄色の自転車に乗った人を多く見かけるだろう。中…

  2. workplace-smallbusiness

    ビジネス環境改善に向けた改革が 世界全体で過去最高に

    世界銀行グループは、2日発表した報告書「ビジネス環境の現状2019:改革を支える研修(Doing B…

  3. 失敗すら歓迎されるシリコンバレー

    「世の中のスタートアップの90%は失敗に終わる」と言われている。一時的に注目を浴びる…

  4. 東南アジアのソーシャルインパクト系スタートアップ6社

    DBS Foundation からの助成金を獲得したアジアのスタートアップ12社のうち、東南アジアの…

  5. イスラエルがブロックチェーン領域で先端を行く3つの理由と、201…

    グローバルで存在感を放つイスラエルイスラエルスタートアップエコシステムの日本での認知度は年々高ま…

  6. フィンテック競争に巻き込まれるインドネシア市場

    インドネシアで中国系のフィンテック消費者金融企業がビジネスを拡大している。現段階で、インドネシア金融…

  7. デンマークの老舗メーカーから新テレビの登場

    デンマークの老舗オーディオ・ビジュアルブランド企業のBang & Olufsenから新しいT…

  8. 医療輸送ドローン

    日々新聞などやメディアで放送されるアフリカ医療問題が、ドローンを使った配送ビジネスで劇的に変わるかも…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. AI_chat_smallstart
  2. bar_smallstart
  3. workplace-smallbusiness
  4. proofofconcept

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP