menu

越境ECビジネスは中東顧客獲得がカギ ペイパルの調査で明らかに

ペイパル(PAYPAL)は、世界31カ国の3万4000人を対象に買い物をする動機を調査した「世界越境コマースレポート(Global Cross-border Commerce Report)」の2018年度版を発表した。

同レポートによれば、調査回答者の50%が国を超えてオンラインショッピングをしており、中東の回答者のうち、70%が越境ECサイトで買い物したことがあるという。越境ECサイトで買い物したことがある回答者のうち、68%がアパレルまたはシューズを、53%が家電を、53%がおもちゃを購入していた。

また、購入に使われた端末について、モバイルまたはタブレットを使った購入の割合は中国で53%、インドで48%、アメリカで45%。中東を除いた世界各国で行われた購入のうち、30%以上がモバイルまたはタブレットを使用していた。

消費者が越境ECサイトで購入をする理由についてペイパルのスポークスパーソンは「1番目の理由は、国を超えて買い物した方が安く手に入るからで、72%の回答者がそう答えている。多くの消費者は国に関係なく価格比較をするが、25%が外国のECサイトで何かを購入するとき、送料が高いことがネックになると答え、24%が関税や購入に際してかかる租税を気にしている。2番目の理由はユニークなアイテムを探すためで、49%が自国で手に入らない目新しい商品を探すためと答え、34%が新しく面白い商品を探すためと回答している」と話す。その他、為替レートの関係で安く購入できること、安全な支払いができることが越境ECサイトを利用する理由に挙がった。

支払い方法については、回答者の4分の3が自国の通貨での支払いを選べるとよいとし、5分の3が購入前に為替レートをチェックすると答えた。また、44%が安全な支払いが可能かどうかを購入の際に気にするとし、24%が確実に荷物が届くという安心感が必要と答えた。(WWD)

 

個人や企業でもECサイトを用いた越境ビジネスを行なっている企業は少なくありません。為替や送料がネックになりますが、Made in Japanは海外でも高い評価を受けているので、国内マーケットが縮小していく中今から海外に活路を見出すべく手をつけても良いかと思います。

年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡

イスラエルのモビリティスタートアップ11社

関連記事

  1. asean-aec

    成長するASEAN

    東南アジア諸国連合(ASEAN)の誕生から半世紀が過ぎた。中間層の急拡大で人…

  2. 韓国、ベトナムで投資件数・認可額が首位 中国シフ…

    ベトナム外国投資庁の発表を基に日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた資料によ…

  3. upq_smallstart

    ほぼ1人で家電ブランドを立ち上げた若き経営者・中…

    2015年の8月、“ほぼ1人家電メーカー”株式会社「UPQ(アップ・キュー…

  4. 日本を舞台に選んだイスラエル起業家の決意

    地中海に面する、中東の小国・イスラエル。人口は約860万人、ユダヤ教、キリス…

  5. 中国企業の「日本製」

    日中関係に改善が見られる中、その恩恵を受けているメーカーは中国には太刀打ちで…

  6. 30u30europegroup

    フォーブスが選ぶ30歳未満、欧州版で唯一リスト入…

    毎年、世界で活躍する30歳以下の起業家、イノベーター、アーティストたちが選出…

  7. londonstartup

    海外起業 順風満帆だったイギリスでのビジネスに一…

    人工知能ベンチャーを2度目の起業に据えた僕は、主戦場のアメリカからイギリス…

  8. 取締役がたった1人で挑んだRPAプロジェクト

    「RPA導入で○○時間分の作業を削減」という記事を多く目にするようになった…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP