menu

越境ECビジネスは中東顧客獲得がカギ ペイパルの調査で明らかに

ペイパル(PAYPAL)は、世界31カ国の3万4000人を対象に買い物をする動機を調査した「世界越境コマースレポート(Global Cross-border Commerce Report)」の2018年度版を発表した。

同レポートによれば、調査回答者の50%が国を超えてオンラインショッピングをしており、中東の回答者のうち、70%が越境ECサイトで買い物したことがあるという。越境ECサイトで買い物したことがある回答者のうち、68%がアパレルまたはシューズを、53%が家電を、53%がおもちゃを購入していた。

また、購入に使われた端末について、モバイルまたはタブレットを使った購入の割合は中国で53%、インドで48%、アメリカで45%。中東を除いた世界各国で行われた購入のうち、30%以上がモバイルまたはタブレットを使用していた。

消費者が越境ECサイトで購入をする理由についてペイパルのスポークスパーソンは「1番目の理由は、国を超えて買い物した方が安く手に入るからで、72%の回答者がそう答えている。多くの消費者は国に関係なく価格比較をするが、25%が外国のECサイトで何かを購入するとき、送料が高いことがネックになると答え、24%が関税や購入に際してかかる租税を気にしている。2番目の理由はユニークなアイテムを探すためで、49%が自国で手に入らない目新しい商品を探すためと答え、34%が新しく面白い商品を探すためと回答している」と話す。その他、為替レートの関係で安く購入できること、安全な支払いができることが越境ECサイトを利用する理由に挙がった。

支払い方法については、回答者の4分の3が自国の通貨での支払いを選べるとよいとし、5分の3が購入前に為替レートをチェックすると答えた。また、44%が安全な支払いが可能かどうかを購入の際に気にするとし、24%が確実に荷物が届くという安心感が必要と答えた。(WWD)

 

個人や企業でもECサイトを用いた越境ビジネスを行なっている企業は少なくありません。為替や送料がネックになりますが、Made in Japanは海外でも高い評価を受けているので、国内マーケットが縮小していく中今から海外に活路を見出すべく手をつけても良いかと思います。

年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡

イスラエルのモビリティスタートアップ11社

関連記事

  1. インドの配達ビジネス

    スモールビジネスを始めるにあたって、おすすめなのは地元の商工会議所とコンタクトをつけることです。融資…

  2. BuyLocal

    日本の地方活性化にも役立つ?米国でBuy Local運動を成功さ…

    私たちの業界は、複雑な時代に生きて活動している。たとえば、悪いニュースとして、George…

  3. 地震発生時に身を守る為に 緊急避難ベッド

    地震時にシェルターになる緊急避難用のベッドの開発が進められています。地震…

  4. 目指すはホームクリーニング界のウーバー、「ニーツォ」の仕組みと課…

    ローテクから始めるスモールビジネスでも清掃ビジネスを紹介しましたが、清掃を専門にしていない人でも、登…

  5. スマホで映画のような撮影を

    アメリカのスタートアップでは、製造設備を持たず製品を作る製造メーカーの起業が最近とても多いのですが、…

  6. alexa

    (後)Alexa開発者インタビュー

    Ravi Jain氏によると、Amazonは、Alexaを秘書型から親友型に進化させるべく、今年も世…

  7. ukiyoe1m3

    -日本人女性起業家- 「平成の浮世絵」を世界へ

    三井悠加が浮世絵と出合ったのは9年前。アーティストのコンサートグッズの企画をしていた三井は、ある版元…

  8. 観葉植物でスマホを充電。環境にも優しいエコ充電

    観葉植物でスマホを充電? 環境にもお財布にも優しいエコ植木鉢ができました。植物の光合成を利用し、スマ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP