menu

10人に1人が、買った洋服をSNSに投稿してすぐ返品

イギリスのクレジットカード「バークレイカード」の調査で、消費者の約10人に1人が、SNSで投稿するために洋服を買って返品するという行動をとっていることが明らかになった

調査は、18歳以上のイギリス人男女2002人を対象に5月25日から6月1日にかけて実施されたもの。

もっとも数値の高かった35〜44歳男女では、約5人に1人がSNSでコーディネートを投稿するために洋服を「一度だけ」着た経験があると答えた。

確かに、Instagramには日々、世界中からコーディネートを自撮りした写真が毎日大量に投稿されており、「#outfitoftheday(今日の洋服)」というハッシュタグや、それを短縮した「#ootd」というハッシュタグがついた写真は、合計2億3000万以上にものぼる。

こうしたトレンドに乗っかるため、一部の消費者は”返品前提”でSNSに写真を投稿するための洋服を買うようになっているようだ。

返品できるようにタグをつけたまま洋服を着ると答えたのは男性で15%、女性で11%もいた。

女性より、男性が”見栄っ張り”!?

調査では、意外にも男性の方が、他人に洋服を見せたい欲求があると浮かび上がった。

SNSにコーディネート写真を投稿したあと返品したことがあると答えたのは、女性が7%だったのに対し、男性は12%。

また、同じ洋服を着ているのを見られると恥ずかしいと答えたのは、女性が7%に対し、男性は10%程度だった。

バークレイカード・決済ソリューション部門の戦略責任者の、ジョージ・アラダイス氏は「SNSの存在が、こんなに返品文化を加速させているのは興味深い。返品は小売側にとっては大変大きなインパクトで、ある調査ではその規模は70億ポンドにものぼると見られている」とコメントした。

SNSで写真を投稿するためだけに商品を買うという購買行動はイギリスだけではない。日本でもカラフルで”インスタ映え”するアイスクリームなどのスイーツが、写真に投稿されたのちに大量に捨てられる現象など、SNS投稿を前提にした購買行動がしばしば話題になっている。

 

日本では返品率が3%とかなり低いのですが、欧米では20%とかなり高い水準になっています。メーカーや販売業者にとって返品は避けたい現象ですが、この返品をビジネスにしているサービスもあります。

小売業を後押しする「返品コンビニ」とは? 26兆円の返品コマース市場を狙うスタートアップ

ビットコイン初心者向けの資産運用方法

シリコンバレーとは違う、フレンチ起業

関連記事

  1. Twitch

    ゲーム配信サイトのユーザーを激増させた「非伝統的な戦略」

    君らがバカを見るところは面白そう。だから投資するよ」エメット・シア(34)は、米人気アクセラレー…

  2. Bankruptcy

    ベンチャー失敗物語

    立ち上がるスタートアップもあれば、失速するスタートアップもある。2017年にはいくつもの著名なスター…

  3. 中国を制したテンセント、旅路は終わらず-次の目標は世界制覇

    中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)の最高幹部らで構成するリーダーシップ委員…

  4. イスラエル発、”動画を観ながらそのまま購買できる”動画通販機能を…

    動画のインタラクティブ化技術を開発するイスラエル企業Retube.incが、イスラエルスタートアップ…

  5. nursing_smallstart

    米国で急成長を遂げる介護ビジネス

    スコベルは現在、他の人々がより落ち着いた形で家族の死や施設への入居に対処できるよう手助けす…

  6. “サラリーマンが副業”稼げるバイトの実態…

    飲食店でのアルバイトから、自宅を使ったシェアハウスまで。本業以外で稼ぐにはいろいろな道がある。副業の…

  7. 画期的なゴミ除去システム

    環境ビジネス、といっても再利用したり、使わなくなったモノをネットオークションで販売したりなど様々な方…

  8. ドイツから万能まな板

    お金や時間をかけることなく、世の中にはちょっとしたアイデアでヒット商品を生み出す…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP