menu

ヨーロッパ各国における仮想通貨普及率調査・一位はトルコ

ドイツのリサーチ会社であるスタティスタ(Statista)が世界15カ国を対象にした仮想通貨の普及率の調査結果を発表しました。このレポートによると、普及率が最も高いのはトルコだとされています。

同調査は各国の市民約1000人(ルクセンブルグのみ500人)を対象に「仮想通貨を保有しているか」というアンケートを取ったものとなっています。

調査結果ではヨーロッパを中心とした15カ国での仮想通貨の普及率がまとめられており、仮想通貨を持っていると答えた人の割合が最も高い国はトルコ(18%)であるとされています。

トルコに次いでルーマニアが12%、ポーランドが11%となっています。

トルコでは政治の不安定さから政府への信頼が落ちている影響を受け、自国通貨・リラの価値が下落しており、仮想通貨を購入する国民が増えているとされています。

Coindeskは今月初頭にトルコの仮想通貨取引所での取引高が24時間で100%以上増加したと伝えています。(Crypto Times)

中国企業の「日本製」

アジアのブロックチェーン・仮想通貨業界における求人数、約1年で50%増

関連記事

  1. エヌビディアの次を狙う新興企業「AI特化型チップ」で激戦開始

    近年、人工知能(AI)分野ではディープラーニングが最もホットなトピックとなった。グーグルフォトに導入…

  2. 執筆から配信までわずか2分 脅威のスピードを誇るAI記者

    第3次AIブームのなか、生み出された“AI記者”日本経済新聞社は、2017年1月25日に人工知能…

  3. 服を脱がずに試着、中国の最先端サービス

    最先端の試着はタッチパネルで行われるスマートな試着。タッチパネルの前に立つとスキャンが開始し、その場…

  4. 投資はもう億万長者だけのものではない、米国で新たなクラウドファン…

    マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏(32歳)は米国の実業家で、ハーバード大学…

  5. remotowork

    組織を腐らせる「ダメリモートワーク」

    働き方改革の一環としてリモートワークを採用する会社が増えている。社員はパソコンで会社につながればいつ…

  6. blockchain

    医療に変革もたらすブロックチェーン 5つの理由

    仮想通貨を支える技術として近年、注目を集めるブロックチェーン(分散型台帳)。データをネット上に分散さ…

  7. 弁当のIoT

    パナソニックは1日、AIVICK(京都市南区)と共同で、IoT(モノのインターネット)技術を活用した…

  8. dobai2

    ドバイに学ぶ観光戦略

    普通であれば忙しいはずの年度末、わざわざ休暇を取ってドバイに行ってきました。お目当ては3月31日の競…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. kizzania_smallstart
  2. israel-startup-map_smallstart
  3. wordpress_smallstart
  4. startupfailed_smallstart
  5. startbusiness_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP