menu

テルアビブでもっとも注目すべきスタートアップ10選

Wired英国版がテルアビブ発の注目すべきスタートアップ10社をピックアップ。自宅やオフィスに美容関連の各種専門家を呼べるサービスを提供するミスビーズ(Missbees)、iPhoneのカメラと専用キットによる尿検査を可能にするヘルシーio(Healthy.io)、小規模のフルフィルメントセンターを実現するコモンセンス・ロボティクス(CommonSense Robotics)、AIソフトウェアによる契約書のチェック技術を開発するロウ・ギークス(Law Geex)、コネクテッドカーのデータ売買プラットフォームを提供するオトノモ(Otonomo)など10社を紹介している。

原文:The hottest startups in Tel Aviv

大学別ベンチャー企業家育成数、イスラエルの3大学がトップ50に【The Times of Israel】
米調査会社ピッチブック(Pitchbook)が、2006年〜2018年6月までの期間でもっとも多くのベンチャー起業家を育成した世界の大学を格付け。米大学が上位を占めるなかで、イスラエルのテルアビブ大学が8位(起業した卒業生数640人、設立企業数531社、総資金調達額79億1000万ドル)、テクニオン・イスラエル工科大学が14位(起業した卒業生数468人、設立企業数395社、総資金調達額72億ドル)、ヘブライ大学が35位(起業した卒業生数304人、設立企業数268社、総資金調達額43億ドル)にランクインしている。

原文:Tel Aviv University produces most entrepreneurs in Israel, PitchBook says

多国籍企業によるR&Dセンター設立が加速するイスラエル【Haaretz】
スタートアップネーション・ファインダーの新たなデータによれば、現在イスラエル国内では344社の多国籍企業がR&Dセンターを運営している。こういった多国籍企業によるR&Dセンターの設立ペースは、1989年〜2004年は年平均3.6社のペースであったが、2014年〜2018年第1四半期は年平均23.4社と大きく加速している。

原文:Multinationals Open More Than 20 R&D Centers a Year in Israel on Average

イスラエルベンチャーのFiverr、評価額10億ドルでのIPOを視野に【Haaretz】
フリーランスサービスのオンラインマーケットプレイスを提供するイスラエルベンチャーのファイバー(Fiverr)が、米国でのIPOに向けて準備を進めている。2010年に創業されたファイバーは、2019年上旬のIPOを目指しており、評価額は10億ドルほどになると予想されている。

原文:Israeli Startup Fiverr Eyeing IPO at $1 Billion Valuation

サイバーセキュリティ企業のIndegy、新たに1800万ドルを調達【The Times of Israel】
テルアビブ発の産業用サイバーセキュリティ関連ベンチャーであるインデギー(Indegy)は現地時間8月30日、シリーズBラウンドで1800万ドルを調達したことを発表。インデギーは、電力や水道、製造などの様々な重要施設のコントロールシステムをリアルタイムでモニタリングするセキュリティソフトウェアを開発しており、これまでに3600万ドルを調達している。

原文:Cybersecurity firm Indegy raises $18 million from investors including Centrica

JETRO、イスラエルでスタートアップ・アクセラレータ・プログラムを開始【The Jerusalem Post】
日本貿易振興機構(JETRO)が、イスラエル国内にビジネスセンターを立ち上げるほか、イスラエルベンチャー向けのスタートアップアクセラレータプログラムを開始するという。同センターは、イスラエルベンチャーのサポートを行うほか、日本とイスラエルの企業間のビジネス協力を仲介することになる。

原文:JAPANESE GOV’T OPENS ISRAELI STARTUP ACCELERATOR

英スカイ、イスラエルのVCファンドに投資【Reuters】
英有料テレビ大手のスカイが、欧州や中東のテックベンチャーへの投資拡大を計画。同社はドイツのベルリンに新たなオフィスを開設して有望なベンチャー企業のスカウティングを進めるほか、イスラエルのVCファンドであるリマジン・ベンチャーズ(Remagine Ventures)に400万ドルを投資するという。(WirelessWire News)

「インダストリー4.0」で注目のイスラエル企業6社の取り組み

補助金頼りの起業支援」が失敗しまくるワケ

関連記事

  1. AI「ワトソン」手軽に 日本IBM、安く短期間で導入

    日本IBMは10月から、これまで1社ごとの作り込みだった人工知能(AI)「ワトソン」を活用したサービ…

  2. 4月の訪日外国人数が、過去最高の250万人を突破した理由とは?

    2017年4月の訪日外国人数は、単月として過去最高人数を記録した(日本政府観光局統計)。前年同月比2…

  3. AIが医師の代わりになるイギリス

    AIの導入により効率化を勧めた、リストラした、という取り組みは、今のところ民間セクターの事例が目立ち…

  4. “塗り絵付き”牛乳パックでブランド選好4.5%UP!イスラエル乳…

    1962年創業のイスラエル最大手の乳製品メーカー「Tnuva」。1日に200万本もの牛乳を出荷する同…

  5. “サラリーマンが副業”稼げるバイトの実態…

    飲食店でのアルバイトから、自宅を使ったシェアハウスまで。本業以外で稼ぐにはいろいろな道がある。副業の…

  6. 米国20代女性起業家たち

    フォーブスが今年はじめに発表した2017年版「30アンダー30」の小売・Eコマース部門には、自身の問…

  7. 中国で生まれたサービスモデルがシリコンバレーにも飛び火、いま中国…

    コンテンツビジネスのマネタイズ、そして KOL(キーオピニオンリーダー、各業界に影響を与える著名人)…

  8. home-office-smallstart

    全社員がリモート勤務でも成功できたスタートアップの戦略とは?

    「GitLab」はソフトウェア開発環境を支援するサービスで、社内のクローズドな環境でソースコード…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. startup
  2. ジュミア・テクノロジーズ
  3. fail
  4. youtuber
  5. regional revitalization

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP