menu

イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

F1の技術がふんだんに使われています。

たとえば配車サービスUber(ウーバー)や、中国のEHANG184など、ここ数年は人を運ぶ目的の自律飛行機の開発が目覚ましくなってきました。

Business Insiderによりますと、今度はイギリスのブリストルで立ち上がった、スタートアップ企業Vertical AerospaceeVTOL(電力式垂直離着陸機)タクシーに力を入れているとのことです。

運用はいつから?

重量は750kgで4人乗り。今年6月にはコッツウォールド空港を横断するテスト飛行を終え、2022年にはイギリス内で空飛ぶタクシーとしてサービスを開始したいと計画しています。

どんな技術で飛ぶの?

Vertical Aerospaceは、ブリストルにある電力とガス配給会社、OVO Energyの社長ステファン・フィッツパトリック氏が2016年に設立した企業。メンバーは28人の技師や専門家たちが大集結し、中にはF1の技術者が本機にそのノウハウを活かそうと腕を奮っているそうです。

フィッツパトリック氏は、eVTOLの開発はF1から学ぶことが多く、エアロダイナミクスを計算した軽量な機体や、電気制御システム、それに開発手順などが非常に有用だと言います。


さすがにF1並に爆速で飛行するわけではないと思いますが、言われてみればF1カーのノーズみたいなボディーをしているかも? 巨大プロペラ4枚だけで4人を運ぶだなんて、かなりパワフルな飛行機ですよね。2022年のイギリスの空は、どんな感じになっているのでしょうか? 実現が楽しみです。

 

空飛ぶタクシーは目新しい話題ではないのですが、少人数での開発が特徴でしょうか。昨今はOEMを用いて個人でも製造業を立ち上げられる様になったりと個人でできることが非常に幅広くなっているので、自分のやりたいことを生業とできる環境を構築することが大事になっていくのかもしれません。

東南アジアのソーシャルインパクト系スタートアップ6社

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

関連記事

  1. AI・ロボット活用し先端医療機器大国となりつつあ…

    日本から遠く離れたイスラエルは、人口860万人、国土は日本の四国…

  2. immigration

    移民国家イギリスの現状から、日本の未来を読み解く…

    「やりがい」「安定」「賃金」全ての面で満足いかない仕事が存在し続けられる理…

  3. chineseit

    中国で「IT革命」が劇的に進んでいる3つの理由

    先月、中国グルメサイト大手「大衆点評(ダージョンディエンピン)」やネット宅配…

  4. 中小企業の後継者問題

    中小企業庁によると、今後10年の間に平均引退年齢である70歳を超える中小企…

  5. スタートアップに適した国 エストニア

    「IT先進国」「ブロックチェーン大国」エストニアの噂は、シリコンバレーから日…

  6. smallstart_iot

    儲かる農業はIoTで実現できるか?ヤンマーが検証…

    “農作業”はパソコンやスマートフォンで生育状況をチェックするだけ。将来、農業…

  7. alibaba

    中国アリババ、日本企業に「いらっしゃい」 中小に…

    中国のネット通販最大手「阿里巴巴(アリババ)グループ」が、日本企業のてがける…

  8. 置き忘れを防ぐ スマートウォレット

    靴や鞄、腕時計とともに質の良い財布は、できるビジネスマンにとって重要な小物の…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP