menu

イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

F1の技術がふんだんに使われています。

たとえば配車サービスUber(ウーバー)や、中国のEHANG184など、ここ数年は人を運ぶ目的の自律飛行機の開発が目覚ましくなってきました。

Business Insiderによりますと、今度はイギリスのブリストルで立ち上がった、スタートアップ企業Vertical AerospaceeVTOL(電力式垂直離着陸機)タクシーに力を入れているとのことです。

運用はいつから?

重量は750kgで4人乗り。今年6月にはコッツウォールド空港を横断するテスト飛行を終え、2022年にはイギリス内で空飛ぶタクシーとしてサービスを開始したいと計画しています。

どんな技術で飛ぶの?

Vertical Aerospaceは、ブリストルにある電力とガス配給会社、OVO Energyの社長ステファン・フィッツパトリック氏が2016年に設立した企業。メンバーは28人の技師や専門家たちが大集結し、中にはF1の技術者が本機にそのノウハウを活かそうと腕を奮っているそうです。

フィッツパトリック氏は、eVTOLの開発はF1から学ぶことが多く、エアロダイナミクスを計算した軽量な機体や、電気制御システム、それに開発手順などが非常に有用だと言います。


さすがにF1並に爆速で飛行するわけではないと思いますが、言われてみればF1カーのノーズみたいなボディーをしているかも? 巨大プロペラ4枚だけで4人を運ぶだなんて、かなりパワフルな飛行機ですよね。2022年のイギリスの空は、どんな感じになっているのでしょうか? 実現が楽しみです。

 

空飛ぶタクシーは目新しい話題ではないのですが、少人数での開発が特徴でしょうか。昨今はOEMを用いて個人でも製造業を立ち上げられる様になったりと個人でできることが非常に幅広くなっているので、自分のやりたいことを生業とできる環境を構築することが大事になっていくのかもしれません。

東南アジアのソーシャルインパクト系スタートアップ6社

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

関連記事

  1. 目指すはホームクリーニング界のウーバー、「ニーツォ」の仕組みと課…

    ローテクから始めるスモールビジネスでも清掃ビジネスを紹介しましたが、清掃を専門にしていない人でも、登…

  2. 1分で分かる「ブロックチェーン」の概念と仕組み

    最近、ニュースで「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」という言葉を聞かない日はない。なかで…

  3. ドイツ 難民向けビジネスマッチング

    紛争や貧困を逃れるため、中東やアフリカから欧州へ難民の流入は今に始まった事では有りませんが、シリア内…

  4. ベトナム産蜂蜜の輸出、量多くも価格は世界最低

    ベトナム養蜂協会や養蜂研究所などは17日、蜂蜜の品質向上と輸出促進をテーマとしたセミナーを開催した。…

  5. wordpress_smallstart

    WordPressのAutomatticがニュース企業のためのW…

    WordPress.comの母胎企業Automatticが、新製品Newspackを発表した。詳し…

  6. ジュミア・テクノロジーズ

    アフリカ大陸でeコマースを展開する「ジュミア・ テクノロジーズ」…

    ジュミア・テクノロジーズは、eコマースから少額決済までアフリカ大陸14カ国で幅広いビジネスを展開!…

  7. NTT西がIoTクラウド第一弾、ドローン活用の太陽光パネル点検技…

    NTT西日本とNTTネオメイトは2017年3月24日、ドローンを活用した太陽光パネル点検ソリューショ…

  8. 全米スモールビジネスアワードを受賞した「OTTOLOCK」

    全米スモールビジネスアワードを受賞した自転車や様々なものをセキュアにロックできる製品がクラウドファイ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. apple
  2. rebuild
  3. investmenttrust
  4. facetoface
  5. DispatchHealth

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP