menu

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

[ロンドン 19日 ロイター] – ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)支払って休息がとれる「ポップ・アンド・レスト」が人気を呼んでいる。

このサービスは今年6月、日本のカプセルホテルに着想してオープンした。ラベンダーのアロマが香る薄暗い個室「スリープ・ポッズ」の中で、利用者がリラックスする仕組み。耳栓とアイマスクが提供されるという。

共同創始者とともにこのサービスを立ち上げたのはマウリツィオ・ビラミザールさん(28)。ロンドン市民の多忙なライフスタイルと長時間労働を見て発想した。

現在、ポップ・アンド・レストの利用者は週に平均30─35人程度。フリーランスや、ネットで仕事を受注するギグエコノミー界で働く人が多いという。

これまでに数回利用している58歳のファッション会社ディレクターは、「ロンドン中心部で15ポンド支払うと、昼食が取れる。(同じ金額で)しっかり休んで午後に備えられるなら完璧だ」と話した。30歳の男性デザイナーは、サービスを瞑想に利用していると話し、料金は「妥当」と述べた。

ビラミザールさんは、ロンドン中にスリープ・ポッズを広げることを目指しており、最終的には英国の他の都市や欧州全域に事業を拡大したいとしている。(REUTERS)

 

特に長時間デスクワークで働くとどうしても生産性が落ちるので昼寝は取った方がいいのですが、スペースと寝具・時間とお金の問題で机にうつぶして寝るケースが今まで一般的でした。今では1時間1,000円でカプセルホテルを使えるなど都心では割と普及してきました。

30分ワンコインも需要がありそうですが、運営がちょっと大変なのかも知れません。

イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

関連記事

  1. 医療機関で発揮される「音声AI」の真価ーー声で病…

    日本でもGoogle HomeやAmazon Echoの販売が解禁され、AI…

  2. AITAKEOVERJOB

    人工知能やロボットには奪われない「8つの職

    人工知能やロボットが人間の仕事を奪う、という言説がよく聞かれるが、果たして本…

  3. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで…

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた…

  4. はとバスを窮地から救った本当の「現場重視」とは?…

    倒産寸前のはとバス社長に就任し、“古巣”の東京都からV字回復の厳命を…

  5. ビジョン実現のためには、個人事業にとどまるわけに…

    「ローカル起業」が注目されている昨今。その多くは、「スモールビジネス」や「小…

  6. apple

    Apple Storeの「スモールビジネス」

    Appleが、Apple Storeのビジネス向けページ「スモールビジネス…

  7. フランスの給与サービスPayFitが1590万ド…

    フランスのスタートアップ、PayFitがシリーズBラウンドで1590万ドル(…

  8. black_friday

    【ブラックフライデー】、1億6,400万人が買い…

    ■全米小売業協会(NRF)が16日に発表した調査結果によると、ブラックフライ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP