menu

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

[ロンドン 19日 ロイター] – ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)支払って休息がとれる「ポップ・アンド・レスト」が人気を呼んでいる。

このサービスは今年6月、日本のカプセルホテルに着想してオープンした。ラベンダーのアロマが香る薄暗い個室「スリープ・ポッズ」の中で、利用者がリラックスする仕組み。耳栓とアイマスクが提供されるという。

共同創始者とともにこのサービスを立ち上げたのはマウリツィオ・ビラミザールさん(28)。ロンドン市民の多忙なライフスタイルと長時間労働を見て発想した。

現在、ポップ・アンド・レストの利用者は週に平均30─35人程度。フリーランスや、ネットで仕事を受注するギグエコノミー界で働く人が多いという。

これまでに数回利用している58歳のファッション会社ディレクターは、「ロンドン中心部で15ポンド支払うと、昼食が取れる。(同じ金額で)しっかり休んで午後に備えられるなら完璧だ」と話した。30歳の男性デザイナーは、サービスを瞑想に利用していると話し、料金は「妥当」と述べた。

ビラミザールさんは、ロンドン中にスリープ・ポッズを広げることを目指しており、最終的には英国の他の都市や欧州全域に事業を拡大したいとしている。(REUTERS)

 

特に長時間デスクワークで働くとどうしても生産性が落ちるので昼寝は取った方がいいのですが、スペースと寝具・時間とお金の問題で机にうつぶして寝るケースが今まで一般的でした。今では1時間1,000円でカプセルホテルを使えるなど都心では割と普及してきました。

30分ワンコインも需要がありそうですが、運営がちょっと大変なのかも知れません。

イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

関連記事

  1. estcoin

    エストニアの電子通貨「エストコイン」構想について

    以前記事で紹介されたエストコインの構想についてエストニア政府から発表がありました。バルト三国…

  2. BuyLocal

    日本の地方活性化にも役立つ?米国でBuy Local運動を成功さ…

    私たちの業界は、複雑な時代に生きて活動している。たとえば、悪いニュースとして、George…

  3. 失敗すら歓迎されるシリコンバレー

    「世の中のスタートアップの90%は失敗に終わる」と言われている。一時的に注目を浴びる…

  4. イスラエルがブロックチェーン領域で先端を行く3つの理由と、201…

    グローバルで存在感を放つイスラエルイスラエルスタートアップエコシステムの日本での認知度は年々高ま…

  5. 国別いい国ランキング

    国の指標としてはGDPやGNPといった経済力で指標を図っていましが、最近では幸福…

  6. IoTと3Dプリンタの行方

    IoTという言葉が浸透して久しく、CESなどの家電ショーでも各家電メーカーだけではなく自動車メーカー…

  7. 急浮上「エッジコンピューティング関連」注目8銘柄

    ―市場膨張の予感に走り始めたマーケット、決算シーズン後「テーマ買い」回帰を先取る―2日の東京…

  8. 1-9月のトルコ・チャイの輸出

    リゼ地方が、この時期に425万8000ドル分(4億8365万円)の輸出によりトルコで最高となった。…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. Game-Builder
  2. apple
  3. rebuild
  4. investmenttrust
  5. facetoface

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP