menu

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

[ロンドン 19日 ロイター] – ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)支払って休息がとれる「ポップ・アンド・レスト」が人気を呼んでいる。

このサービスは今年6月、日本のカプセルホテルに着想してオープンした。ラベンダーのアロマが香る薄暗い個室「スリープ・ポッズ」の中で、利用者がリラックスする仕組み。耳栓とアイマスクが提供されるという。

共同創始者とともにこのサービスを立ち上げたのはマウリツィオ・ビラミザールさん(28)。ロンドン市民の多忙なライフスタイルと長時間労働を見て発想した。

現在、ポップ・アンド・レストの利用者は週に平均30─35人程度。フリーランスや、ネットで仕事を受注するギグエコノミー界で働く人が多いという。

これまでに数回利用している58歳のファッション会社ディレクターは、「ロンドン中心部で15ポンド支払うと、昼食が取れる。(同じ金額で)しっかり休んで午後に備えられるなら完璧だ」と話した。30歳の男性デザイナーは、サービスを瞑想に利用していると話し、料金は「妥当」と述べた。

ビラミザールさんは、ロンドン中にスリープ・ポッズを広げることを目指しており、最終的には英国の他の都市や欧州全域に事業を拡大したいとしている。(REUTERS)

 

特に長時間デスクワークで働くとどうしても生産性が落ちるので昼寝は取った方がいいのですが、スペースと寝具・時間とお金の問題で机にうつぶして寝るケースが今まで一般的でした。今では1時間1,000円でカプセルホテルを使えるなど都心では割と普及してきました。

30分ワンコインも需要がありそうですが、運営がちょっと大変なのかも知れません。

イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

関連記事

  1. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフ…

    ■freeCの概要就職やクラウドソーシングのSNS型プラットフォーム「freeC」(https:…

  2. ハイテク産業に人材集中

    日本の四国ほどの面積しかない中東のイスラエルが短期間でなぜ起業大国になったのか。エリ・コーヘン経済相…

  3. 急浮上「エッジコンピューティング関連」注目8銘柄

    ―市場膨張の予感に走り始めたマーケット、決算シーズン後「テーマ買い」回帰を先取る―2日の東京…

  4. AIと英会話ができるアプリ

    人工知能と英語の勉強

    そろそろ今年も残り僅かです。社会人の多くは今年の目標に英会話をあげるのですが、時間に追われなかなか達…

  5. 中国で大人気、「シェア自転車」がはやるワケ

    今、北京や上海といった中国の大都市に行くと、オレンジや黄色の自転車に乗った人を多く見かけるだろう。中…

  6. フィンテック都市のロンドン

    ヨーロッパ随一のテクノロジー都市、ロンドン「テクノロジー」をテーマに、あるいは「スタート…

  7. Twitch

    ゲーム配信サイトのユーザーを激増させた「非伝統的な戦略」

    君らがバカを見るところは面白そう。だから投資するよ」エメット・シア(34)は、米人気アクセラレー…

  8. 撮影した写真と同じイメージを簡単に探せるサービス

    Webサイトを開発するにしても、コミュニケーションメンバーでコンテンツを制作するにせよ オンライン上…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. blockchain
  2. venture_smallstart
  3. AWS Managed Blockchain_smallstart
  4. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP