menu

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

[ロンドン 19日 ロイター] – ロンドン東部のショーディッチで、1時間15ポンド(約2200円)支払って休息がとれる「ポップ・アンド・レスト」が人気を呼んでいる。

このサービスは今年6月、日本のカプセルホテルに着想してオープンした。ラベンダーのアロマが香る薄暗い個室「スリープ・ポッズ」の中で、利用者がリラックスする仕組み。耳栓とアイマスクが提供されるという。

共同創始者とともにこのサービスを立ち上げたのはマウリツィオ・ビラミザールさん(28)。ロンドン市民の多忙なライフスタイルと長時間労働を見て発想した。

現在、ポップ・アンド・レストの利用者は週に平均30─35人程度。フリーランスや、ネットで仕事を受注するギグエコノミー界で働く人が多いという。

これまでに数回利用している58歳のファッション会社ディレクターは、「ロンドン中心部で15ポンド支払うと、昼食が取れる。(同じ金額で)しっかり休んで午後に備えられるなら完璧だ」と話した。30歳の男性デザイナーは、サービスを瞑想に利用していると話し、料金は「妥当」と述べた。

ビラミザールさんは、ロンドン中にスリープ・ポッズを広げることを目指しており、最終的には英国の他の都市や欧州全域に事業を拡大したいとしている。(REUTERS)

 

特に長時間デスクワークで働くとどうしても生産性が落ちるので昼寝は取った方がいいのですが、スペースと寝具・時間とお金の問題で机にうつぶして寝るケースが今まで一般的でした。今では1時間1,000円でカプセルホテルを使えるなど都心では割と普及してきました。

30分ワンコインも需要がありそうですが、運営がちょっと大変なのかも知れません。

イギリス発:28人のスタートアップによる飛行タクシーのプロジェクト

ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

関連記事

  1. 中国コスト高で利するイタリア、繊維需要が欧州回帰

    [香港/ビエッラ(イタリア) 14日 ロイター] - 世界の繊維製品取引で、買い手側が仕入れ先を中国…

  2. イスラエルのスタートアップが見せてくれる近未来

    もはや私たちの日常生活に欠かせなくなった携帯電話。デジタル化がさらに進む世界で近未来には、サイバー攻…

  3. 女性たちが「1人出版社」を起業した理由

    出版業界の縮小に悲鳴を上げる業界関係者が多い中、一部で話題なのが「独立系版元」。10万部、100万部…

  4. リーン・スタートアップ手法が全米標準に

    米国議会の2016年最終日、民主党と共和党は米国のイノベーションと研究開発を強化する法令に合意しまし…

  5. 世界を変え続ける イスラエル発のテクノロジー

    イスラエルがイノベーション創出で世界をリードしていることは周知の事実ではないだろうか。軍事技術とアカ…

  6. yamashiroya

    地方の旅館がSNSを利用して海外展開サービスを成功

    2015年大分県の家族旅館"山城屋"に香港の雑誌社が取材にやって来た。”…

  7. oyo_smallstart

    インド発のホテルベンチャー「OYO」が日本の不動産業界に参入 敷…

    ソフトバンクビジョンファンドが投資するインド発のホテルベンチャー「OYO(オヨ)」が日本の不動産…

  8. Airbnb新シェアリングエコノミー

    シェアリングエコノミー自体旬が過ぎた、という説もありますが、日本ではまだまだ活用できるシーンが多いよ…

暗号通貨相場


最近の記事

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP