menu

ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

米調査会社のウェルス-X(Wealth-X)が発表した世界の超富裕層に関する年次報告書によると、投資可能資産3000万USD(約33億円)以上を保有するベトナムの超富裕層人口の2012~2017年の期間における年平均増加率は+12.7%で、バングラデシュの+17.3%、中国の+13.4%に次ぎ世界3位となっている。

超富裕層人口の年平均増加率トップ10には、◇ケニア(+11.7%)、◇インド(+10.7%)、◇香港(+9.3%)、◇アイルランド(+9.1%)、◇イスラエル(+8.6%)、◇パキスタン(+8.4%)、◇米国(+8.1%)が入っており、アジアから6か国がランクインしている。

ウェルス-Xの予想によると、2026年におけるベトナムの超富裕層人口の年平均増加率は2.7倍に達し、インドの2.5倍、中国の2.4倍を超えて世界最高値となる見通しだ。

なお、2017年における世界の超富裕層は前年比+12.9%増の25万5810人で、前年の増加率+3.5%を大きく上回り、その総資産は31兆5000億USD(約3500兆円)となった。このうち、超富裕層が最も多いのは米国で、続いて日本、中国、ドイツ、カナダなどの順だった。(VIETJO)

ロンドンで「有料昼寝個室」が人気、日本のカプセルホテルに着想

仮想通貨交換業者|仮想通貨流出事件まとめ

関連記事

  1. IOT-AI

    目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが…

    日本におけるスマートシティの先駆けである「柏の葉スマートシティ」(千葉県柏市)で2018年6…

  2. カジノ、アジアで相次ぎ開業 韓国やベトナムで大型計画

    アジアでカジノが相次ぎ開業する。域内の経済成長に伴い、国境をまたいだ往来が増える中、旅行者を狙ってベ…

  3. スマホで映画のような撮影を

    アメリカのスタートアップでは、製造設備を持たず製品を作る製造メーカーの起業が最近とても多いのですが、…

  4. エストニアで無人運転バス導入。信号無視するワイルドな一面も

    ロボットに変身することはありませんが、運転手なしで走行できます。運転手のいないバスが2台、エ…

  5. VCがイスラエルVBと日本企業を橋渡し

    ベンチャーキャピタル(VC)のグローバルIoTテクノロジーベンチャーズ(GiTV、東京・千代田)は、…

  6. 中東向けスモールビジネス

    中東と聞くと、乾燥した大地とイスラム教徒の人々、石油といった漠然としたイメージをする人も多いのではな…

  7. “AIスカウト“で変わる人事 ネットで人材発掘 企業に紹介

    インターネット上の交流サイトなどに個人が公開しているプロフィールをAI=人工知能が分析し、人材を求め…

  8. IoTビジネス共創ラボ 「ドローンワーキンググループ」を設立

    IoTプロジェクトの共同検証を通じてノウハウを共有するコミュニティ「IoT ビジネス共創ラボ」は、ド…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. venture_smallstart
  2. AWS Managed Blockchain_smallstart
  3. legalforce_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP