menu

異彩を放つ世界のアントレプレナー8人

ミハエル・ワイズ / IBL Software Engineering / スロバキア



IBL Software Engineering は1997年設立。同社が提供する気象予測システムは、開発から20年たった現在、世界80カ国以上で利用されており、NATOや米国空軍にも採用された実績を持つ。

ミハエルは、自らを「ソフトウェアギーク」と称し、9歳の時からプログラミングを始める。当初は、寝食を忘れ、18時間以上プログラミングに没頭。大学入学時には、スロバキアの大手ITセキュリティー企業のESETでプログラマーとしてセキュリティーソフト開発に従事。大学卒業後、スロバキア空軍基地で、気象学者として働いていたミハエルは、次第にテクノロジーの力で、実際に人を助けることができるプロダクトの開発に興味を持ち始め、起業を決意。現在のサービスを開発する。

今現在、気象を予測することで、災害を予測し、被害を軽減すること等を通じ、社会貢献している。

マーティン・ヴィリグ / TAXIFY / エストニア




TAXIFYは、マーティンと、兄弟であるマーカスによって、2013年にエストニアで設立される。同社が開発した配車アプリは、現在、欧・中東・アフリカ・南米など30都市以上で利用されている。UBER等の競合企業が攻めあぐねる市場でいち早くプロダクトを展開、成功を収めてきた。

事業設立当初は多くの困難を経験。ドライバー確保のため、直接道でタクシーを止め、運転手をリクルートするも「10人中8人には、『今すぐ、俺の車から出ていけ!』と怒鳴られたものさ」と当時を回顧する。その経験もあり、同社はドライバーサポートには並々ならぬ力を入れている。

利益還元を重視し、手数料は競合企業の半分にあたる15%に設定。「シリコンバレーにいなくても、世界に影響を与えるテック企業をつくりたい。エストニア初のスタートアップの成功例を示したい」と語るマーティンの夢は、今まだ道の途中だ。

ホセ・ローゼンバーグ / Colchones Rosen / チリ



Colchones Rosenは、ホセとその家族によって、1958 年にチリで設立される。現在、8カ国でマットレスを製造・販売、ラテンアメリカの同産業において最も成功している企業の一つにまで成長。

ホセは2歳のときに父を亡くし困難な幼少時代を送る。転機は、空軍勤務時代の同僚がホセの安い値段で買った高品質なマットレスを欲しがったこと。マットレスは事業になると確信し、ホセの母と親戚とともに起業した。事業は順調に軌道にのるが、73年に起きたチリの政治危機をきっかけにすべてを失う。そこから再度事業を開始。

ひときわ苦労し、人に助けられた経験を持つホセは、同社において人材を最重要視するように。彼は自らの成功の秘訣を「家族主義的な経営」だと指摘する。ドライな米国的経営手法が主流なチリにおいて、従業員は家族と考え、時に従業員の子供の学費を支援する。そうして、形作った力強い組織は彼の誇りである。

ウンベルト・エンリケ・ロドリゲス / Grupo Sala / コロンビア



Grupo Salaは、1996年コロンビアで設立。現在、24の企業を傘下に持ち、コロンビアとパナマで環境ソリューション事業を展開している。

ウンベルトは幼少時、エメラルドに輝く故郷カルタヘナの海が産業廃棄物で濁っていくのを目にする。米国でMBAを取得後、故郷の綺麗な海を取り戻したいという思いは心のどこかで燻り続けていた。90年代にコロンビア政府が公共事業を民営化することに着目、環境ソリューション事業の立ち上げを決意。しかし当時、環境ソリューション事業への風当たりは厳しく、親しい友人にも「頭がおかしくなったのか?」と非難される。

それでも、ウンベルトは諦めず、米国の投資家から資金を調達、なんとか事業を立ち上げる。20年の時を経て、事業が成長した今でも、思いは変わらない。どれだけ多くの環境を改善したか?どれだけ多くの人の生活を豊かにしたか?それが彼の成功指標であり続ける。

ジョゼフ・ヴァラディ / Wizz Air Hungary / ハンガリー





Wizz Air Hungaryは、2003 年ハンガリーで設立。現在、3000 人以上の従業員を抱え、年間260万人以上の渡航を支える東ヨーロッパで最も成功した低価格の航空会社。ジョゼフは幼少期をソ連の共産主義政権下で過ごし、18歳までは航空機に乗ったことも、海外に行ったこともなかった。だからこそ、航空事業は人を自由にし、視野を広げ、社会貢献性の高い事業と信じて疑わない。

だが、04年、事業が立ち上がった翌年、同社は財政的に破綻の危機に瀕する。運転資金は底をつき、多額の負債が資金繰りを逼迫させる。従業員には倒産を告げ、諦めかけようとしたそのとき、従業員が給与は要らないので共に事業を立ち上げたいとジョゼフに声をかける。「あんな素晴らしい経験をできる人間はそうはいない」と語る彼は、その経験を糧に、従業員を尊重、幼少期からの信念を胸に秘め事業を成長させてきた。

オクターブ・クラバ / OVH / フランス


(gettyimages)

1999年にフランスで設立。クラウドコンピューティング事業を展開しており、2017年には企業価値が10億ドルを突破。ユニコーン企業の1社になった。現在も急成長を続けており、18カ国で事業を展開

ナティヴィダッド・ワイ チェン / MULTIFLEX RNC PHILIPPINES, INC / フィリピン

1968年にフィリピンで設立され、現在、フィリピンで最も成功しているポリウレタン材料の製造業者。チェンは、社会貢献活動にも意欲的であり、「コミュニティーのゴッドマザー」と呼ばれ、尊敬を集める人物だ。

ロニー・モウルダー / TESARO,INC.  / アメリカ

2010年に米国で設立される。ガン分野に特化したバイオ医薬品の開発を手掛けて、8年で2つの医薬品の上市に成功している。患者中心主義を理念に掲げ、緩和ケアに重点をおく姿勢は他と一線を画している。

 

アントレプレナーとは事業や経済活動、起業で最も重要な人として位置づけられています。

1-9月のトルコ・チャイの輸出

給与そのままで週4日勤務制~ニュージーランド企業が世界に問う21世紀の労働問題~

関連記事

  1. テレビ局などにVR×AIサービスを提供するジョリーグッド、ディッ…

    テレビ局や制作会社向けのVRソリューション「GuruVR Media Pro(グル・ブイアール・メデ…

  2. androidP

    Google 音声AIが人間らしい会話を

    北米時間5月9日,毎年恒例となっているGoogle主催の開発者向けイベント「Google I/O 2…

  3. 1-9月のトルコ・チャイの輸出

    リゼ地方が、この時期に425万8000ドル分(4億8365万円)の輸出によりトルコで最高となった。…

  4. シリコンバレー投資家が語る「今からの起業」で成功する条件

    「”複雑な連立方程式”を解くような経営ができる人物こそ、現代の理想の起業家だ」そう話すのは、スクラム…

  5. スモールスタート

    起業の“小さなきっかけ”を教えてくれるユニークな1冊働き方改革の旗印のもと、多くの企業では長…

  6. なぜロケット・インターネットがドイツ ベルリンで生まれたのか

    ベルリンの壁が崩壊してから27年が経過した。旧共産主義圏に属していた当時の東ベルリンは経済が…

  7. スタートアップ、南米市場で活躍を

    日本人になじみが薄いスタートアップ大国がある。ブラジルだ。人口は世界5位の2億人で、インターネットユ…

  8. 資金がない状態から始まった35の大企業

    ベンチャーキャピタルは麻薬だ、そしてVCでクスリ漬けになる可能性もある。しかしほとんどの創業者たちに…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. freec_smallstart
  2. southeast_smallstart
  3. https://smallstart.biz/wp-
  4. ai_smallstart
  5. cultureexperience_smallstart

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP