menu

Amazon イギリスで生鮮食品販売へ

Amazonは既にアメリカでローンチされている生鮮食品の提供を、この度イギリスでAmazon Freshとしてサービスを開始することになりました。

このサービスは初めにロンドン北部と東部中心とした地域のAmazon プライム会員向けに提供され、14.98£/月のプライム&フレッシュか6.99£/月の生鮮食品のみのサービスに加入する必要があります。また30日間の無料キャンペーンも利用できます。

サイン後は40£以上の買い物をすれば配送料は無料となり40£以下の買い物金額の場合、配送料は別途3.99£発生します。配送受け取り時間は毎日7時~23時と幅広いく、働いて帰宅が遅い人にも配慮が払われているようです。

商品は地元の農家や生産者からの生肉や鮮魚、手作りのチーズやチョコレート、ワインやコーヒーなどで総アイテム13万アイテムを超え、ラッピングサービスも対応。

日本でも数多くのスーパーがネットサービスや、買った商品を自宅まで届けるお届け便サービスを展開していますが、実際に使ってみると使い勝手はまだいまいちです。ある全国展開しているスーパーでお届け便を利用したところ、まず会員登録し(スタッフも慣れていないので登録に時間がかかる)、12時過ぎてしまうと届けてもらうのが翌日になってしまいます。冷凍品があると、他の商品と一緒に保管できないので、冷凍品は持ち帰らなくてはいけません。配送料は別途かかる(3,000円以上だと100円)。また配達時間は遅くても21時まで等々。

日本で同サービスが始まったら、この分野でもAmazonに席巻されてしまう気がします。(thenextweb)

ニューヨークのクールなコワーキングスペース

女性が始める新ビジネス

関連記事

  1. アマゾンがクラウドベースの開発ツールを発表、アプリ業界に変革

    アマゾンは、ソフトウェアの開発方法を根本から変えるかもしれないものをさりげなく発表した。11…

  2. 中国クラウドファウンディグ

    不特定多数の人から資金を集める仕組みのクラウドファウンディグは中国でも伸びていま…

  3. 世界のホットなニュースをビジュアル化

    インターネットの進化と普及に伴って、世界各地のニュースが瞬時に世界中に発信される時代となった。…

  4. 海外に商品を売るECサイト SHOPIFY

    現在円高で輸出するのは為替相場的には良くはないのですが、日本製品は長年の商品開発・制作に携わってきた…

  5. 豪州不動産事情

    2017年の後半ごろから不動産価格が低迷を始め、シドニーでもわずかながら1.3パーセントの価格の下落…

  6. 驚きの「中国ユニコーン企業」は164社、62社が“新顔”

    中国科学技術部が3月下旬にまとめた「2017年中国ユニコーン企業発展報告」によると、中国の2017年…

  7. southasiamarket2

    東南アジア開拓 「8つのヒント」

    台頭する現地企業、攻勢強める中韓・欧米勢……。難攻不落の東南アジア市場で勝つには、一体何が必要なのか…

  8. シェアリングエコノミー

    1 シェアリング・エコノミー―ソーシャルメディアを活用した新たな経済(1)シェアリング・エコノミ…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. fukugyou

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP