menu

おとぎ話を天井に演出 Moonlite

お母さんならでは発想と言えるiPhoneを使ったベッドタイムのおとぎ話を楽しく演出するアイテムがKICSTARTERから出ています。

Moonlite – A Bedtime Story Projector

 

“If you want your children to be intelligent, read them fairy tales.
If you want them to be more intelligent, read them more fairy tales.”
「もし子供に賢くなってほしければ、おとぎ話を読んであげなさい。
もっと賢くなって欲しければ、もっとおとぎ話を読んであげなさい。」

プロダクト動画の冒頭に過去の賢い人の名言を持ってくるあたり、宣伝も上手です。

使い方は付属のおとぎ話のストーリーリールをプロジェクターに付けたらiPhoneに取り付け、アプリを起動して天井に写すだけと至ってシンプルです。

そして画面に表示されるストーリーを読みながら、リールを回していくだけで素敵なおとぎ話を天井に映し出していけるわけです。音響効果もあり子供達にとっても寝る前の楽しみが増えるでしょう。

おとぎ話は赤ずきんちゃんや醜いアヒルの子、ジャックと豆の木など世界中の人気のタイトルの他にMoonliteオリジナルストーリーも用意されています。また楽しくアルファベットを覚えられる教育タイトルなど、様々な ジャンルを揃えているようです。

 

難点としてタイトルごとにリールが必要になってくるため、数が多くなると荷物になってしまうことでしょうか。

プロジェクターは必要としてもアプリだけでおとぎ話を演出できれば最高なのですが、その時にはぜひ日本の昔話などのコンテンツもアメリカの子供に読んでもらいものです。

なまはげとか出たら寝るどころじゃなくなるかも知れませんが。。

傾向に合わせた販売方法

世界が注目! 期待のスタートアップ日本の50社

関連記事

  1. 韓国発IoT スマホで植物を“遠隔育成”できる植木鉢

    最近はIoT家電も徐々に発売されつつありますが、今回紹介する『planty』は、…

  2. 目指すはホームクリーニング界のウーバー、「ニーツォ」の仕組みと課…

    ローテクから始めるスモールビジネスでも清掃ビジネスを紹介しましたが、清掃を専門にしていない人でも、登…

  3. スタートアップに毎年5000億円集まる、技術立国イスラエル

    本連載では、イスラエルのビジネス慣習についていろいろお伝えしてきたが、今日は、技術立国イスラエルとい…

  4. regional revitalization

    スモールビジネスで大逆転! 地方経済が復活するただ1つの方法

    「2040年には全国1800市区町村の半分の存続が難しくなる」―― これは今から5年前の2014年…

  5. 海外に商品を売るECサイト SHOPIFY

    現在円高で輸出するのは為替相場的には良くはないのですが、日本製品は長年の商品開発・制作に携わってきた…

  6. 全国鉱工業公設試験研究機関保有機器・研究者情報検索システム

    アメリカのシリコンバレーでは少数人数でのメーカースタートアップが盛況ですが、プロトタイプを動画で紹介…

  7. IoTのゆくえ

    以前紹介した記事ではIoT分野が大きなインパクトを与え、且つ世界企業のスピード感…

  8. 世界のスマート・カンパニー10

    エヌビディアNvidia 本社所在地米国カリフォルニア…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP