menu

ドバイでも進む「女性の社会進出」

イスラムの女性は働いてはいけない。車や自転車にのってはいけない。かつて、アフガニスタンがタリバン政権下にあった時、女性は学校にいけなかった。女性が賢くなる事を恐れたため、賢くなればそのうち権力をもち、男性に歯向かってくる。女性の社会的な地位が低い時代があった。しかし近年、イスラム圏内でも女性の社会進出は増加しており、ドバイでも進んでいるという。

 そもそも、イスラム教の聖典コーランには女性と男性の間の完全な平等を説く文言が数多くあり、女性が働くこと、学ぶことを禁じてはいないという。

今から約1,400年前のイスラム教の預言者ムハンマドの妻は貿易商だったという説もある。彼らが信仰している宗教では昔から女性は社会に出て仕事をしていたにも関わらず、いつから、なぜ、このように考え方が変わってしまったのでしょうか。

それは女性が自立すること、働くことが、出産など女性しかできないことを放棄することにつながるかもしれないという危機感や、それに対する過剰な批判が理由の一つと推測されている。

◆イスラム教と働く女性

しかし、現在ではイスラム教の国々でも、以前に比べて少しずつ考え方が変わってきているという。UAEでは女性の接客業が規制緩和されたことで、女性の社会進出が進んだ。
ドバイでも多くのムスリムの女性が就業し始めている。

スーパーマーケットの責任者はマレーシア人のムスリムの女性であったり、空港内で働いているローカルのアラビア人、免税店で働いているイラン人やアフガン人など、様々な国籍の女性が活躍している。イスラム圏に進出する日本企業は、このような時代の変化にも対応していかなければいけない。(DEGIMA NEWS)

日本の介護 ベトナムに

エストニア、電子居住者向けの「国境なきデジタルバンキング」開設

関連記事

  1. ベトナムの超富裕層、年平均+12.7%増加で世界3位

    米調査会社のウェルス-X(Wealth-X)が発表した世界の超富裕層に関する年次報告書によると、投資…

  2. GO-JEK

    オートバイ版配車アプリの「Go-Jek」、東南アジア各国への国際…

    設立以来、ローカル市場にフォーカスしてきたインドネシアの配車サービス大手 Go-Jek。同社はかなり…

  3. 【中国EC】1年足らずで急成長「生放送アプリ」のパワーがすごい!…

    中国では有名人や人気ブロガーが発信する情報が、商品の売り上げを左右しますが、いま熱いのは生放…

  4. uber創業前夜

    ウーバー誕生前夜 

    2017年の年の暮、ソフトバンクグループがシェアリングエコノミー大手のウーバーに大型出資…

  5. 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」、宿泊施設への…

    アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウ…

  6. 豪州不動産事情

    2017年の後半ごろから不動産価格が低迷を始め、シドニーでもわずかながら1.3パーセントの価格の下落…

  7. 「ベトナムは外国企業にとって魅力的」、ユーロチャム白書

    在ベトナムヨーロッパ商工会議所(ユーロチャム=EuroCham)はこのほど、欧州連合(EU)・ベトナ…

  8. 「D2C」というリテールの新潮流

    先日、「急成長の「子供服の定期購入」サービス 創業半年で23億円を調達」という記事がNewspick…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. AI_chat_smallstart
  2. bar_smallstart
  3. workplace-smallbusiness
  4. proofofconcept

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP