menu

女性たちが「1人出版社」を起業した理由

出版業界の縮小に悲鳴を上げる業界関係者が多い中、一部で話題なのが「独立系版元」。10万部、100万部のベストセラーを狙うのではなく、数千部から1万部ほどの部数を確実に売っていく、リトルビジネスとしての出版業態だ。8月には、自分で版元を起ち上げた4人の女性たちが登壇するトークイベントも開催された。なぜ今、「独立系版元」なのか。イベントの様子を取材した。(取材・文/むらたえりか、編集協力/プレスラボ)

回復しない出版不況
なぜ今「独立系版元」なのか

イベント登壇者の皆さんが自社から出版した書籍

出版不況と言われて久しい。出版取次大手の日本出版販売(日販)が2017年5月に発表したところによると、同年3月期の売上高は前年比2.4%減の6244億円。4年連続で減少したことになる。読者離れ、配送効率の悪化と、出版業界の課題は尽きない。

その一方、近年「独立系出版版元」が出版業界内外から注目されている。独立系出版版元は「インディーズ出版社」などとも呼ばれる小規模な出版社のこと。知名度の高い独立系出版版元としては夏葉社やミシマ社などがよく挙げられる。大手出版社とは一線を画し、トレンドに流されず、版元や編集者が心から面白いと思える本、世の中に必要だと思える本を出版できることが魅力の1つだ。

独立系出版版元の中には、女性が立ち上げた版元も少なくない。2017年8月23日、東京都台東区の書店「Readin’Writin’(リーディンライティン)」で、独立系女性版元の代表だけを集めたトークイベント「独立系女性版元のはたらきかた」が行われた。主催は、出版関連プロジェクト運営会社「よはく舎」代表の小林えみさん。

小林さんは、堀之内出版という版元で思想雑誌『nyx(ニュクス)』や労働問題を扱う雑誌『POSSE』の他、一般書籍を刊行している。今回イベントを開催したのは、自身が編集者として働く中で疑問を感じることがあったからだという。

疑問の1つは、20年前に勤務していた出版社で「女性はクリスマスケーキだから、24歳までしか働けない」と言われたこと。もう1つは、2017年に「読モ(どくも)ライター」(ファッション誌の読者モデルのようにタレント性の高いライター)という言葉がインターネットでにわかに話題になったことだ。

小林さんは、女性の「読モライター」について「プライベートや自身の可愛らしさみたいなものを打ち出しながら記事を売る側面がある」と指摘する。それを自身で選択し、自覚的に運用できる状況であれば異論はないとしながらも、出版社の新卒募集が減る中で、メディアや出版の仕事を目指す若い女性の間が独自に仕事へ取り組もうとしたときに、読モ化競争のような“女性”を売りにしてしのぎを削っていかなければいけないのであれば、「女性のクリスマスケーキ扱い」から出版・メディア業界が進歩していないのではないか、またその状況が疑問であると話す。

そんな疑問を発端として、次世代の女性に対し参考になることを願い、今回は「独立」と「出版」をテーマに、女性の生き方、働き方について語り合った。

独立系版元立ち上げ
初期費用はどう工面したのか

タバブックス代表の宮川さん

今回のイベントに登壇したのは、タバブックス代表の宮川真紀さん、瀬谷出版代表の瀬谷直子さん、里山社主宰の清田麻衣子さん、センジュ出版代表取締役の吉満明子さんの4名と、司会を務める小林さん。各々違った経緯で独立系版元を立ち上げ、主に自分の作りたい本、読んでほしいと心から思える本を作ることに注力している。

版元を立ち上げるためには、初期費用として最初の本を出す印刷費・制作費と印税が必要になる。個人事業ではなく会社を創設する場合には、資本金も必要だ。

清田さんは、立ち上げの際、自身の貯金に加えて「創業支援あっせん融資制度」を利用したという。自治体によって呼び名や条件は異なるが、法人でも個人事業主でも、新たに事業を始める場合や事業開始後税務申告を2期終えていない場合に融資を受けることができる制度だ。創業時にすでに3冊の本を出版することを決めていたため、それを事業計画書に記載して提出した。

「創業支援あっせん融資制度の何が良いかというと、無利子ということ。利子を自治体が肩代わりしてくれる借金なんですね」(清田さん)

版元立ち上げ経験のある登壇者たちはこの制度を知っていたが、会場の客には知らなかった人も多かったようで「へえ」と驚きの声が上がった。また、吉満さんは1冊目の刊行時と、2冊目の増刷の際には製作費が足らず、区の創業支援制度を利用。信用金庫に利子を持ってもらった。3冊目からは、1円も借金を作らずに本が刊行できたそうだ。

また、本の場合、売り上げた分の本の利益が翌日すぐに手元に入るわけではない。書店などから売り上げが入ってくるまで、約半年はかかる。その間に自分の生活を営む分のお金、いわば「日銭」を作らなければいけない。最初のうちは、4人とも日銭をどうやって稼ぐか、毎月の定期的な収入をどうやって得るか頭を悩ませていたそうだ。

「川を渡った」女たち
経歴と必要なスキル

独立系女性版元を立ち上げることを、小林さんは「川を渡った」と表現した。バリバリと働いて川を渡ろうとし、確実に泳ぎ切るスキルを身につけたからこそ、5人は自分らしく働けている。その川を渡っていた期間の、彼女たちの経歴を紹介したい。

宮川真紀さんは、2012年にタバブックスを立ち上げ、2013年に法人化した。バブル期に大学を卒業し、外資系のコンピュータ会社に入社、2年ほどで自動車系出版社に2年、その後株式会社パルコに転職し、マーケティング関係の月刊誌『アクロス』の編集、PARCO出版での書籍編集として15年ほど勤めて、2006年に退職。タバブックス立ち上げまでは、フリーの編集者として活動していた。

瀬谷直子さんは、独立14年目。5人の中で、最も独立してからの期間が長い。最初は半官半民の会社に勤めていたが、日がな一日役員室の受付に座っている仕事に辟易して転職を決意。出版社に勤めている人との出会いで、編集の道に進んだ。アパレルメーカー・メセナの文化事業として編集職をしていたが、事業の撤退とともに退社。その後、NHK出版で3年半ほどアルバイトとして新書を制作する手伝いをしていた。実用書の出版社に入るなどしたのち「40歳前に独立しよう」と考え瀬谷出版を立ち上げた。

清田麻衣子さんは、5人の中で一番若く、2000年に明治学院大学の芸術学科を卒業。“超就職氷河期”と言われる時代で、学校で就職できない人が80%もいるという状況だったという。就職活動時に本を作りたいと考え、出版社を星の数ほど受けたが、最終的には編集プロダクションに入社。その後、出版社や編プロを6社ほど渡り歩き、吉本興業の出版部・ヨシモトブックスに入った。又吉直樹『東京百景』などに携わる。東日本大震災をきっかけに思うところがあり、2012年に退職し2013年に里山社を立ち上げ最初の本を出版した。

センジュ出版代表取締役の吉満さん

吉満明子さんは、2015年9月にセンジュ出版を立ち上げたばかり。1年に2冊ずつのペースで本を刊行している。その年の春まではスターツ出版のケータイ小説の編集部に勤務。出産前は編集長職も経験、一時は外部に編集委託もせずに1人で年間27冊の本を作り、血尿が出て腎盂炎の一歩手前になったこともあるほど忙しく働いていたという。清田さんと同じく、震災で思うところがあり「自分は本を作って何を届けているのか?」と自分に問い直した。出産を経て、会社員を辞め独立した。

5人の得意なスキルはさまざまで、一概に「版元立ち上げに必要なスキルはこれだ」と断言はできない。しかし、この経歴の中でそれぞれが自分らしい働き方や、自分らしい仕事を模索してきた。来年から出版社で働くという女子学生に「身につけた方がいいスキルは何ですか?」と聞かれ、吉満さんは答えた。

「編集の基本的なスキルは、ちゃんと働いていれば身に付く。その他に、あなたがやりたいことがあるならば何をやっても正解。興味があることを全部やことが、経験として活きてくるときが来ると思います」(吉満さん)

 

独立系版元の
日銭の稼ぎ方とは

独立系出版版元が注目されているとはいえ、出版不況の影響を受けないわけではもちろんない。女性が1人で運営していくということで、特有の苦労もある。そういったマイナス面に関して、版元の他にブックカフェやイベント運営なども手掛けている吉満さんには考えがあった。

吉満さんは、センジュ出版の設立で法人の登記をする際、事業内容として出版事業の他に「ブックカフェ」「著者のマネジメント」「雑貨販売」「商店街、地域のプロデュース」など、さまざまな事業予定を記載したという(1つだけ「古本屋」を入れるべきだったと後悔しているそう)。一見、すべてバラバラの事業に思えるが、吉満さんにとってはこの全ての事業が「編集業」に繋がっていた。例えば、カフェの運営にも編集者の視点が活かされる。

現在、センジュ出版では、本の売り上げとカフェの売り上げが半々程度の割合なのだそうだ。紙の本を売ることを考えたとき、現在の日本の人口と書店の数、さらに紙の本を読んでいる人口を考慮し、出版事業のみで会社を立ち上げるのは危険だと判断した。自身の運営するカフェのスペースで、文章講座や読み聞かせ会を開いたり、近所のお寺でイベントを開催したり。そういった日々の活動が「日銭」となってセンジュ出版を支えている。

先述の通り、本は1冊売れたからといってすぐにその売り上げが版元に入ってくるわけではない。一般的には、取次、書店からお金がまとまって入金されるまでに、半年ほどはかかるのだ。その対策の1つとして、宮川さんはAmazonの直取引を利用している。Amazonを利用すると、月末締めの翌月払いでお金の動きがスピーディーな上に、返品がないことがありがたいそうだ。

「紙で売れる本は、電子書籍でも売れるんです」(宮川さん)

電子化を手間に感じる版元もあるようだが、タバブックスでは刊行書籍の約80%は電子書籍でも制作。元手は、業者に電子化作業をしてもらう約2万円程度だ。可能な限り、紙と電子同時発売としている。電子版の売り上げは、現在、全体の5%ほどを占めているという。

カフェ事業、イベント運営、電子書籍の同時発売など、日銭を稼ぐため、やろうと思ったことに手を伸ばしやすいのも独立系出版版元の強みだ。上手くいかなくても、次に何をすればいいかを考えてどんどん行動していける。その切り替えとフットワークの軽やかさには、会社勤めの頃に仕事をこなしていた経験が活きているのかもしれない。

多様化するライフイベント
独立系は女性を救うのか

清田さんは「マスコミの中でも、出版業界は女性が比較的働きやすい仕事」だと言う。体力的に、男性のように長期間バリバリとは働けない女性も多い。しかし、自宅でもできる書籍編集の仕事は、ライフイベントで生活を変えざるを得ない女性にとって働きやすさがある。

母親の介護をしながら書籍編集の仕事を続けている瀬谷さん。デイサービスのある日は、朝11時頃に迎えが来て17時頃までは預かってもらうことができる。その間に食事の用意や洗濯、その他の雑務などをこなし、自分の時間が取れるのは20時頃からだ。ピアノの練習を1時間ほど行って、21時から書籍編集の仕事に入る。

歳の子どもの育児をしながら働いている吉満さんは、以前は保育園に入ることができず「保育ママ」というサービスを利用していた。過去に保育士として働いていた人が、自宅の一部を開放して3人ほどの子どもを預かってくれる。育児や仕事と生活の両立の悩みを、いつもその先生に話していた。現在は、子どもを保育園に預けている9時から17時半までが仕事の時間だそうだ。

こうした働き方は、会社勤めでは難しい部分もある。会社勤めだった頃、吉満さんは家庭崩壊寸前まで追い詰められていたそうだ。しかし、版元を立ち上げて自分らしい働き方を実現したことで、5人とも穏やかな生活と仕事を手に入れることができた。

「女性が独立系出版版元を立ち上げる際、お金と時間のやりくりが、編集業務と同じくらい大切な仕事になってくる」と、小林さんがまとめた。独立する前に、介護・育児の情報収集や、簿記の勉強など、それぞれ必要なインプットをしておいたことが良かったという。

「私たちは、若い人に憧れてもらえる働き方、かつ持続できる働き方を目指したい」(吉満さん)

女性のライフイベントの多様化とともに、今後、版元に限らず独立系○○と呼ばれる仕事は増えていくかもしれない。女性である筆者も、子育て・介護・配偶者の転職や死去などのライフイベントによって、独立系を志す可能性がある。

ただしそのとき、ただ闇雲に自分の自由を求めるのではなく「誰かに憧れてもらう」ということを意識することが大切だ。登壇者の5人のように、自分のしたいことと、社会に求められること・憧れてもらうことの交わる点を探していくことが、独立系で“仕事”を続けていく秘訣なのだと思う。(Diamond Online)

イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 2017」が開幕

シリコンバレーの外で成長中、大衆市場を狙うスタートアップたち

関連記事

  1. IoT市場、今後6年で2兆4000億円へ ソリュ…

    ミック経済研究所によれば、IoTソリューション市場は2017年度より成長期に…

  2. 急浮上「エッジコンピューティング関連」注目8銘柄…

    ―市場膨張の予感に走り始めたマーケット、決算シーズン後「テーマ買い」回帰を先…

  3. 資金繰りが劇的に変わる!? 中小企業の新しい資金…

    フィンテックという金融業界の大きな潮流が、さまざまな変化を引き起こしています…

  4. 大阪府、スタートアップ支援拡充 IT・IoT部門…

    大阪府はスタートアップ企業などを対象にしたビジネスプランコンテストを拡充する…

  5. unicorn

    (後)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアッ…

    2010年ごろからIT業界にはリスクマネーが供給されるようになり、自己資金や…

  6. AITAKEOVERJOB

    人工知能やロボットには奪われない「8つの職

    人工知能やロボットが人間の仕事を奪う、という言説がよく聞かれるが、果たして本…

  7. 中東向けスモールビジネス

    中東と聞くと、乾燥した大地とイスラム教徒の人々、石油といった漠然としたイメー…

  8. ai_smallstart

    【AI活用サービス6選】音声・画像認識から文章生…

    昨今、ニュースなどで「AI」というワードを聞かない日はほとんどありません。…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP