menu

旅行ビジネスでスモールビジネスを

最近日本でも豪華車両が次々登場したり、日本製の豪華客船による近海クルーズが身近になってきたり、新しい旅行タイプが増えてきているようです。目的地に行く為に利用していた交通機関そのものを旅行の一貫として捉える風潮、といえるかもしれません。

ヨーロッパ諸国では国境が陸続きなのもあり、昔から列車を使った旅行や移動は実に様々なサービスがあり、私も一度ドイツからチェコに行く際夜間寝台列車に乗ったことがあります。夜列車で眠ると、朝現地につくので飛行機を使うより身体の負担も少なく便利だったのですが、DBやフランス国鉄(SNCF)など主要国鉄道会社の全売り上げに占める国際列車からの収入は数パーセントに過ぎず、大都市圏の通勤客輸送や、国内の大都市間をつなぐ特急列車の方により注力したいのがこれら鉄道会社の本音とのことです。(東洋経済オンライン)

様々な旅行モデルが登場すれば、スモールビジネスでも色々なサービスも提供できるようになります。少し前の話になりますが、ある会社の社長はブラジルと取引があったので、カシューナッツを仕入れて加工することを思い立ち始めましたが、スーパーに陳列してもらうことも難しく、ネットでの売上も微々たるものでした。そこで販路を変えて航空会社の機内食として採用されるようできないか試してみたそうです。カシューナッツは、その歯ごたえと濃厚な食感が好まれる上、その約50〜70%を占める脂肪分に加え、炭水化物やタンパク質、ビタミンB1をはじめとす るビタミン類、カリウム・リン・亜鉛などのミネラルと、5大栄養素を豊富に含むこと(wikipedia)が理由なのか機内食に取り入れられることが多いようです。

最初はうまくいかなかったのですが、視点を海外に向けヨーロッパの航空会社に営業し見事成功。今でも機内食を納め安定した収入基盤を確立することができるようになったそうです。

旅と食事は切り離せませんが、新たに旅行向けの新サービスを始めなくても、既存のサービスがあればそれを組み込むよう工夫することで成功に繋がることも出来る一例でした。

ドイツから万能まな板

スマホで防犯カメラ機能を

関連記事

  1. Small-Company

    「小さな大企業」に選ばれた日本の3社 無名ゆえの戦略とは

    プロダクトだけが優れていても世界へは羽ばたけない。鍵となるのは「関係性の転換」だ。今回のスモール・…

  2. 昆虫を食料にして食料危機回避に

    増え続ける人口問題に対して現在昆虫を食料源とする動きが各地で広がっています。国連…

  3. エストニア独自のエコシステムから生まれたユニーク&革新的スタート…

    「世界最先端のデジタル国家」と呼ばれるエストニア。本連載第3回、第4回ではデータ連携、セキュリティ、…

  4. インドの配達ビジネス

    スモールビジネスを始めるにあたって、おすすめなのは地元の商工会議所とコンタクトをつけることです。融資…

  5. 撮影した写真と同じイメージを簡単に探せるサービス

    Webサイトを開発するにしても、コミュニケーションメンバーでコンテンツを制作するにせよ オンライン上…

  6. 様々な代行サービス

    バリバリビジネス系まずは、普通に仕事として成り立っちゃうようなバリバリなビジネス思考の代行から紹…

  7. ベンチャーキャピタル代表が語る「スタートアップが成功するためには…

    ベンチャー企業をコンサルタントして資金を集められるように育て上げるという異色の投資スタイルを持ちDr…

  8. ギグ・エコノミー、「新たな貧困の種」を生み出しつつあるその実態

    世界で広まっている「ギグ・エコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を請け負う非正規労働市場)が…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP