menu

(後)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市2

2010年ごろからIT業界にはリスクマネーが供給されるようになり、自己資金や当初売り上げがなくても創業できる、スタートアップという事業形態を頻繁に目にするようになった。

5年ほど前からは、世界各国の政府が自国にスタートアップハブを作ることにしのぎを削り始めた。スタートアップハブとは、スタートアップが集積した地域であると同時に、そこに集まる起業家や投資家などで構成される人的なコミュニティーを指す。シリコンバレーというスタートアップハブが、スタンフォード大学やフェアチャイルドセミコンダクターの存在によって言わば自然発生的に生まれたのとは対照的に、各国政府は恣意的に、スタートアップハブを作り出すとしている。

イギリス政府は税制面での優遇策などでロンドン東部に「テックシティー」を形成、チリ政府は世界の有望スタートアップを呼び寄せ、現地の起業家と半年間協働すれば4万ドルを無償提供する「スタートアップチリ」を展開、ポルトガルのリスボン市は世界最大のスタートアップイベント「ウェブサミット」に数億円を支払い、同イベントの開催地をアイルランドのダブリンからリスボンへと変更させた。アジアの国々においても、「スタートアップをするなら、わが国・街へ」を合言葉に、起業家へのビザ支給プログラムや助成金拠出プログラムなど、スタートアップ誘致の動きには枚挙にいとまがない。

上場をしていない段階で会社の時価総額が10億ドル(約1130億円)に達しているスタートアップのことを「ユニコーン」と呼ぶ。日本では、メルカリなど、ユニコーンはまだ片手で数えられる程度しか存在しないが、世界には、すでに200以上のユニコーンがいて、消費欲旺盛な市場を味方につけた中国のスタートアップが、リスト全体の半数ほどを占める。

iNTERNET magazine Reboot「世界のスタートアップ都市」

ユニコーンの数ではシリコンバレーも負けていないが、シリコンバレーのスタートアップがすべてアメリカのスタートアップとも言い切れない。世界中で生まれた多くのスタートアップが潤沢な資金と優秀な人材へのアクセスを求めて、シリコンバレーにやってきているからだ。すなわち、潤沢な資金と優秀な人材さえ提供されれば、彼らはどこでだってやっていける。スタートアップにとって極端に条件の良い国や都市が現れれば、次の日に本社を移すスタートアップだって出てくるだろう。

スタートアップの中には特定の国や地域を対象としているものも存在するが(日本ではその比率は大きいが)、そうでなければ、そのスタートアップがグローバルになればなるほど(世界のユーザーにサービスが受け入れられれば受け入れられるほど)、拠点をどの国や都市に構えるかの自由度は高くなる。グローバルなサービスで成功するには、多種多様な価値観を受け入れやすい国民性が追い風になるだろう。シリコンバレーという域内での価値観が意外に画一的であることを考えると、世界にインパクトを与えるような大きなイノベーションの波は、多民族で小国がひしめき合うヨーロッパからもたらされるのではないかと、筆者は見ている。(INTERNET Watch)

unicorn(前)未来のユニコーンを育む 世界のスタートアップ都市

Bankruptcyベンチャー失敗物語

関連記事

  1. 中東向けスモールビジネス

    中東と聞くと、乾燥した大地とイスラム教徒の人々、石油といった漠然としたイメージをする人も多いのではな…

  2. candice

    -アメリカ人女性起業家- 水着写真の「大炎上」をビジネスチャンス…

    2016年3月、ビジネス特化型SNS・リンクトインへのある投稿が話題になった。大胆なビキニ姿のモデル…

  3. japanTraditionalcrafts

    中国人富裕層160人が人口17万人の職人の街、富山県高岡市を視察…

    「ものづくりの伝統と革新に挑む高岡に、中国から約160人のものづくり関係者が来訪!」10月初…

  4. レディーフォー代表取締役 米良はるかさんミラカナへの思い

    福井新聞社など3社連携によるクラウドファンディングサービス「ミラカナ」でサイト運営や資金調達支援を担…

  5. 100万円超の借入が5分で完了ーN26の新サービス

    N26はヨーロッパで1番の先進的な銀行になるべく、最近ものすごいペースでプロダクトの改良を行っており…

  6. 避難所生活を快適にする「段ボール」の舞台裏

    いかに苦難を乗り越えて事業を進めるか、を考えなければいけません。でももう一つ大事なのは、その事業に大…

  7. イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 20…

    人口あたり起業率で世界のトップを走る国、「Startup Nation」の異名を持つイスラエルで、年…

  8. 年々増加する訪日ベトナム人観光客 彼らの本音と情報源とは?

    前回に続き増加するベトナム人旅行者についてのニュースです。ベトナム担当の櫻井さんが、3月30…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. AI_chat_smallstart
  2. bar_smallstart
  3. workplace-smallbusiness
  4. proofofconcept

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP