menu

google 新機能でリアル店舗への来客数upへ

 

gmailやgoogle mapといったgoogleサービスを日常的に使っている人は実に多いのですが、google businessは無料で使えるのでgoogle mapに自社情報や店舗、サービス業ならレビュー機能を積極的に使っている中小企業も少なくありません。

特にgoogleマップ連動機能はgoogleで先ず何かを探す風潮では欠かす事ができないツールです。病院の検索や自転車がパンクしたので近くの修理屋を探す、記念日なのでケーキ屋を探すなど、人々は日々検索しているのでサービスを展開している地域に自社の情報をアピールできる機会とできます。また近くにあるので名前と場所は知っているが、連絡するにあたって電話番号を知らない、といった地元の潜在顧客にもgoogle mapに連動させる事で、来客upの効果を期待できます。

そんな使い易いgoogle サービスですが、更なる進化を遂げようとしています。以下Fobes Japanより

—–

フェイスブックによる広告動画の過大測定や、電通のネット広告の過大請求といった事件が取り沙汰される中、グーグルはより効果的なインターネット広告の運営システムを打ち出そうとしている。

ネットやスマホの普及が進んだ現在、消費者が利用するデバイスは多様化を極め、従来の方法ではネット広告の効果測定はますます困難になりつつある。特に現状の課題と言えるのが、ネットとテレビ広告の相関関係や、デジタル広告がリアル店舗に与える影響の測定が難しいことが挙げられる。

グーグルは9月26日、ニューヨークで開催のAdvertising Weekにおいて、複数の新ツールを公開する。「今回の新機能により、ネットのディスプレイ広告がもたらす効果をさらに詳細にトラッキング可能になります」とグーグルで広告マネジメントを担当するブラッド・ベンダー(Brad Bender)は述べた。

その新機能の一つ「Brand Lift」は、YouTubeの広告がテレビCMに比べ、いかにブランド認知の向上や購入動向に影響を与えるかを可視化する。グーグルのトライアルでは、YouTube広告はテレビCMに比べ、2倍近くも検索数を増やすことが分かった。

リアル店舗を絡めた効果測定が可能に

グーグルはまた、ウェブ広告が実店舗への来客数にどう影響するかを測定するサービスも増やしてきた。関連アプリやウェブサイトの情報をスマホで閲覧したユーザーの30%が、24時間以内に実店舗で何らかの買い物をしているという結果も出ている。

この動きをさらに進め、グーグルは新機能の「ロケーション・エクステンションズ(location extensions)を導入。アドネットワーク上の広告やグーグルマップ上で、店舗への道順や営業時間等の情報の表示を開始し、来店数のトラッキングを開始。200万社以上のパートナーが参加する広告ネットワークGoogle Display Network上で実際の来店客数が計測可能になる。

グーグルによると既にこの施策を導入したホーム・デポは、ロケーション・エクステンションズを利用した広告で、従来の8倍の対費用効果を生んだという。

さらに重要なのは、同社は新たに「リマーケティング機能」をGoogle Display Networkや自動広告入札システムDoubleClick Bid Managerに導入することだ。リマーケティング機能は、ユーザーのブラウジングやアプリの利用履歴に基づき、商品をリコメンドできる仕組み。リマーケティングを広範囲に拡大することにより、出稿主らはあらゆるデバイスをまたいで、効果的なブランド告知が可能になる。

一連の新機能は今年のクリスマスシーズンまでには導入される予定だ。


 

これらの新機能の実装は先ですが、先ずはgoogle mapで自社の住所を検索して掲載されているか確認してみると良いでしょう。

IoTの 国際基準作りの動き

同時通訳が可能に

関連記事

  1. ドイツの スタートアップ事情 スタートアップのハブ的存在

    ドイツのスタートアップ事情欧州の中心的な都市の中でも比較的物価が安く、さまざまな…

  2. イスラエルの砂漠から独立を決意 ~長谷川雅彬氏インタビュー~

    最近親族の甥の小学生が通う学校アンケートで将来なりたい職業にサラリーマンが一位になったりと、色々な場…

  3. 女性が始める新ビジネス

    最近は起業セミナーでも女性起業家の方が増えてきているようです。実際にセミナーに参加した人もそう言って…

  4. イギリスで日本酒造り、大阪の酒造会社が初の試み

    大阪の酒造会社がイギリスに日本酒の酒蔵を作りました。日本の酒造会社としては初めての試みです。…

  5. 救急箱セットの販売から始めるスモールビジネス

    アメリカの医療向けビジネスアイデアでFirst Aid kit(救急箱)販売のビジネスは在宅、少ない…

  6. クリスマス商戦について

    商売に携わっている人はクリスマス・年末年始にかけてはいつもに増して販売に気をつか…

  7. 日本人がシリコンバレーで起業したFlyDataが400万ドルを調…

    2011年に米国シリコンバレーで創業したスタートアップ企業「FlyData」が、未来創生ファンド、ア…

  8. イタリアのスタートアップは、カプセルホテルでヨーロッパ制覇の夢を…

    実のところ、空港をよく利用する人の心を支配しているのは、空を飛ぶことの恐怖よりもむしろ、乗り換えのと…

暗号通貨相場


最近の記事

  1. smallai
  2. RaaS
  3. immigration
  4. startup
  5. ジュミア・テクノロジーズ

暗号通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

為替情報

為替コンバータ

ブログ更新をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。アドレスは管理人でも知られません。

PAGE TOP